115184 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

野球のススメ。

PR

フリーページ

プロフィール


若林 千尋

お気に入りブログ

2018 秋季九州大会 … 鹿児島ベースボール倶楽部さん

日本修練空手道 巧… Y. Coyoteさん
BJおばさん・ななん… tomonananさん
元甲子園球児のアマ… 代表SHIMAさん
山本球の『球音日記』 山本球さん
きぃちゃんの日々是… きぃちゃん1976さん
草魂の子めら 小学… ラピュタ之介さん
高校野球写真館 ゆかりん10024930さん

コメント新着

剥けてない@ あー!!そこそこ!!!! オレ童.貞だし、どこを舐めたら感じるの…
ニット坊@ 約束がちげーだろww おフェ-ラだけの約束だったのに、せがま…
万個@ じょいはふぁああおだばあぁwwww あー雄太が言ってた通りハマるなコレ(・…

全4件 (4件中 1-4件目)

1

2006年09月04日
XML
 プロ野球からアマ野球までストップウォッチ片手に年間200試合以上観戦する野球狂。ドラフト会議研究の第一人者でもある。『2003年版プロ野球 問題だらけの12球団』(草思社)、『小関順二の「野球観戦」なしでは生きられない--Lovely』(長出版)、『だから野球観戦はやめられない!』(インターメディア出版)など著書多数

(Number Webの「プロ野球偏愛月報」より)


 1952年、神奈川県生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒。
単行本の編集。野球ライター。

 1988年に「ドラフト会議倶楽部」を創設。毎年ドラフト会議直前に模擬ドラフト会議を開催し注目を集める。

(インターネットより)


 2000年からインターネット界に進出した小関順二氏。msnスポーツチャンネル『野球小僧の独り言』、so-net『ベースボールジャンキー』(=2002年3月31日で終了)という2本の野球コラムの連載のうち、2002年度の1年間に書き綴ったコラムをまとめたのが、小関順二の「だから野球観戦はやめられない!」。高校野球の練習試合から、プロ野球界のあり方まで。今回も幅広い視点を持って飛び回りながら、感動したり憤ったり……。素のままの小関氏が表れた文章の、集大成ともいえる。なお、2000年4月から2001年3月に書かれた野球コラムは『快感と狂気の野球観戦』にまとめられている。

 「非電脳人間」を自称する小関順二氏が、マイクロソフトとso-netのホームページ上で野球コラム連載を開始したのは2000年のこと。それをまとめたのが「快感と狂気の野球観戦」。スポーツ新聞に名前が出たこともないようなアマチュア選手から、プロ野球のスター選手、そして、野球界の制度改革案…。幅広いトピックを「野球」に集約して一つの土俵で語ることができる。そんな小関氏の持ち味が生きた1冊となっている。あとがきの「僕は日記を書くような感覚でその1週間の中で見たことや感じたことを書いてきた。……読み返してみて手前味噌だが非常に面白かった」という言葉が、決して嫌味に思えなかった。なお、表紙カバーに使われているのは小関氏宅の飼い猫。小関氏は一部ではよく知られた愛猫家なのだ。

(野球小僧HPより)




 たくさんの単行本を短期間で出されている。今年に入ってからは8月までに4冊だ。アマチュア野球を中心に、一体年間何試合くらいご覧になっているのだろうか。ノムさんの次に売れる、という話もある。しかし、一冊も本を買ったことがないのは何故なのだろう。同氏を調べてみると賛否両論ある様子。魅力的な選手の姿を追い続け、その未来を予想して感じたことをそのまま書く、というとても勇気のある行為に凄みを感じてならないのだが、それがはずれたと言って悪く言う人もいるようだ。その文章から野球が好きで好きでたまらないことが伝わってくる。読まなければと思いながら、まだ買ったことがないのは、今年から買うのに抵抗があるのか、その手の評論文が自分にはまだ必要でないのか、はたまた、選手個人の評価うんぬんがあまり好きではないのか。ドラフト、といえば同氏なのはわかってはいるのだけれども。スカイAでのドラフト中継では白夜書房の「野球小僧」の代表者と共演される。


http://number.goo.ne.jp/baseball/npb/geppo/index.html(プロ野球偏愛月報)

地区予選の公平性について。


(参考)


・・・い・・・稲見純也(いなみ・じゅんや)

 1974年北海道生まれ。スポーツコラムニスト。北海道大学理学部卒。同大学院理学研究科修士課程修了。小学生のときから本格的に野球をはじめ、高校まで内野手(二、三、遊)。北北海道の公立高で高校球児として活躍。2年の冬に左膝靭帯を負傷するも(今でも登山はできますが下山ができません)最後の夏にはなんとか出場。甲子園出場経験はない。大学院修了後は、外資系企業などでエンジニアとしての勤務を経験。TOEICは920点。現在は、野球経験や理系的思考を活かして、ウェブサイトや雑誌にてスポーツコラムを執筆している。『週刊漫画サンデー』(実業之日本社)にてコラム連載中。

http://juninamiya.fc2web.com/(稲見純也オフィシャルウェブサイト)より


高校野球の予選は不公平じゃないという論理






最終更新日  2006年09月05日 02時00分54秒
2006年09月03日
 ★本名:保坂淑子(ほさかよしこ)。秋田県出身。★経歴:日刊スポーツ出版社在籍中は、「プロ野球ai」「輝け甲子園の星」のデスク担当。平成14年、退社しフリーに。現在は「プロ野球ai」デスク担当。「輝け甲子園の星」では“ヨシネー”として連載を持つ。甲子園には春5回、夏10回(記者として)出場!?プロ野球、アマチュア野球を中心に執筆中。メール

(日刊スポーツ出版社の「ヨシネーのひとりごと」より)



 「輝け甲子園の星」の06夏季号(179号)は今どこで手に入るのか?早稲田実・斎藤君がらみでエピソードをテレビで語る彼女がとても嬉しそうだったのが印象的。とてつもなく忙しい毎日を過ごしておられるだろう。文章、写真にイラスト、アンケート。「野球選手」ではなく「高校男子」の日常、素顔が切り取られる。女性ファンにはたまらない。いつまでも女性は女性なのか。高校時代のときめきを覚えるのかな。「心に残ったあの球児」ランキングは必見。


http://ai.nikkansports.com/archives/2006/08/post_56.html(日刊スポーツ出版社「輝け甲子園の星」)
http://blog.nikkansports.com/baseball/yoshi/(ヨシネーのひとりごと)



(参考)


・・・ゆ・・・ユキネー(樫本ゆき)

 1973年2月。東京産まれ・木更津そだち。A型。短大卒業後、日刊スポーツ出版社編集部をへて、西部日刊スポーツ勤務。現在はフリーライター兼50点主婦として東京都東部に生存中。家族は夫(カシサン)と犬(ホドリ)。カフェが好き、落書きが好き、犬が好き、深夜番組が好き、笑い飯が好き、サブカルモノが好き、大泉洋ちゃんが好き、野球はもーっと好き! 33歳。そんな2006年・春。メール



http://blog.livedoor.jp/yakyubaka/(NO BASEBALL NO LIFE)






最終更新日  2006年09月03日 13時02分24秒
2006年09月02日
 1975年神戸市生まれ。小学校6年から中学2年までを札幌で過ごす。学習院大学卒業後、ラジオ日本勤務を経て独立。スポーツライターとして高校野球、プロ野球、メジャーリーグなど幅広い取材、執筆活動を行っている。著書に木内幸男氏(前常総学院監督)との共著『木内語録』(二見書房)や『大旗は海峡を越えた』(日刊スポーツ出版社)がある。『スポルティーバ』(集英社)、『スポーツ・ヤア』(角川書店)、『ホームラン』(日本スポーツ出版社)、『輝け甲子園の星』(日刊スポーツ出版社)、『ベースボールクリニック』(ベースボール・マガジン社)、『スラッガー』(日本スポーツ企画出版社)などに寄稿している。

(スポーツナビの第88回全国高校野球選手権大会より。)



 03年常総学院、04、05年駒大苫小牧とここ最近の優勝校をそれぞれ1冊の本にまとめているのはさすが。取材を基に野球そのものやデータを分析して書く手法に好感が持てる。もっともオーソドックスな書き手の一人だろう。春夏連覇のかかった横浜に1年生レギュラーがいることを知ったのも彼の文章だった。できれば写真も撮ってもらいたいが、それはちょっと違うのかな。


http://diarynote.jp/d/32091/(男・岩鬼的スポーツ日記)→終了?
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/hs/06summer/column/index.html(高校野球ライターの甲子園観戦記)






最終更新日  2006年09月03日 01時25分52秒
2006年09月01日
 1963年、大阪生まれ、ノンフィクション・ライター。大会終了後に発売される完全保存版「2006甲子園Heroes(ヒーローズ)」(朝日新聞社刊)の取材のため、 期間中は甲子園通いの日々を過ごす。甲子園取材歴は10年を越える。送りバントよりヒットエンドラン派。守備はショートの動きを見るのが好き。著書に『横浜vsPL学園』(共著、朝日文庫)、『97敗、黒字。』(朝日新聞社刊)など。(2006.8)


 1963年、大阪生まれ、ノンフィクション・ライター。大会終了後に発売される完全保存版「2005甲子園Heroes(ヒーローズ)」(朝日新聞社刊)の取材のため、 期間中は甲子園通いの日々を過ごす。甲子園取材歴は10年を越え、「実際に見た中で最高の投手は別格が松坂、二番が朝倉(東邦)、三番が平井(宇和島東)」という。著書に『横浜vsPL学園』(共著、朝日文庫)など。(2005.8)


 ノンフィクション・ライター。1963年大阪生まれ。
 夏の甲子園は(取材で)10年連続出場と、けっこう“強豪”記者。大会終了後に発売される完全保存版「2004甲子園Heroes(ヒーローズ)」の取材のため、期間中は甲子園通いの日々を過ごす。著書に『ハノイの純情、サイゴンの夢』(講談社文庫)、伝説の延長17回を描いた『横浜vsPL学園』(共著、朝日文庫)がある。記録よりも記憶に残る選手が好き。10年の取材で一度だけ選手にもらい泣きしたことがあるが、理由は誰にも話したことはない。(2004.8)

(いずれも、夏の甲子園期間中に連載しているアサヒ・コムの高校野球コラム「甲子園便り」のプロフィールより。)



 夏がもう終わろうとしているが、夏を思い出したければ「甲子園便り」を読み返せばいい。文章と写真、タイトルと被写体が一致しないこともしばしば。それがいい。個人的には8月13日の「号泣する準備はできていた」のタイトル、11日の「スラッガー、去る」の写真が好き。もう少しこの人のことを知る由がある。


http://www2.asahi.com/koshien/88/special/tayori/TKY200608220163.html(甲子園便り)
http://www.hi-ho.ne.jp/deptrai/(Candid Photo)






最終更新日  2006年09月03日 01時24分00秒

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.