1261691 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

続々 ゆったりロード・南浅川 散歩

2022年01月19日
XML
カテゴリ:映画
 朝6時 晴れ、気温-4℃。出がけ時-4℃。戻り時-1℃。

 5時の西の空には一番遠い満月と言われた丸い月。目をこらすと弱い星の光も。よく冷え込んだ。

 06:10発~07:50戻りで歩いてきました。
 無線QSOのために無線機とスピーカマイクを握る。その手の指が痛くなる。きのうがプラス気温だっただけに余計に寒さを感じる。
 
 07:06、ハクセキレイ。

 
 07:08、アオサギ。

 
 07:16、ダイサギ。

 
 07:27、モズ。

 
 07:42、北浅川の流れ。

 
 07:44、城山川のオオバン。

 
 今朝のGPSウォッチ。

 今年の早朝ウォーキングの距離は東京周辺大巡りということで武蔵野線→京葉線→りんかい線→京浜東北線→南武線の周回とします。
 武蔵野線の府中本町駅を出発点として外回りで2周目
 武蔵野線・新座駅、そして
  北朝霞駅を通過です。(写真はウィキペディアから借用)

 06:18の南浅川流量(横川橋から)水涸れ
 

 06:45の(6キロ先)高尾山頂(横山橋近くから)南浅川水涸れ
 

 07:26の(60キロ先)富士山頂(鶴巻橋=八王子市役所=から)
 

*朝の散歩(部屋から部屋)
 ウォーキングの歩数:11、000歩(端数切捨て)(シッカリ9,785)
           (今月25.4万歩、今年25万歩)
 歩行距離(GPSウォッチ) :6、950m(GPS感知の外から外)
           (今月161km、今年161km)
 対向者(散歩又は健康走): 22(横川橋~横山橋間往復4キロ間)
 今月の劇場映画鑑賞本数:  2
 今年の劇場映画鑑賞本数:  2
 アマチュア無線QSO :AQT,GPTさんと9.66八王子レピータで
             IERさんと神奈川愛川1200仏果山レピータで


 MOVIX昭島で宮沢りえ、窪田正孝の​「決戦は日曜日」​を観てきました。
​        
 作品紹介に「『東京ウィンドオーケストラ』や『ピンカートンに会いにいく』など、コメディ映画の新時代を担う坂下雄一郎監督。約5年の月日をかけて執筆したオリジナル脚本に惚れ込み出演を快諾した窪田正孝が主人公の議員秘書・谷村を、そして面倒くさい熱意で谷村を振り回す政界に無知な二世候補・川島有美役には本格コメディ映画初挑戦となる宮沢りえが務める。さらに有美を支える曲者揃いの秘書軍団には、今最も勢いのある若手俳優・赤楚衛二のほか、内田慈、小市慢太郎、音尾琢真など人気・実力を誇る役者陣が集結した。」とあります。​
 またストーリーは​「とある地方都市。谷村勉(窪田正孝)はこの地に強い地盤を持ち当選を続ける衆議院議員・川島昌平の私設秘書。秘書として経験も積み中堅となり、仕事に特別熱い思いはないが暮らしていくには満足な仕事と思っていた。ところがある日、川島が病に倒れてしまう。そんなタイミングで衆議院が解散。後継候補として白羽の矢が立ったのは、川島の娘・有美(宮沢りえ)。谷村有美の補佐役として業務にあたることになったが、自由奔放、世間知らず、だけど謎の熱意だけはある有美に振り回される日々。でもまあ、父・川島の地盤は盤石。よほどのことがない限り当選は確実だった。しかし政界に蔓延する古くからの慣習に納得できない有美はある行動を起こす。それは選挙に落ちること! 前代未聞の選挙戦の行方は・・・」​
 気になっていた作品ですがコロナ感染急拡大の折ですから躊躇しておりました。ところが評判イマイチらしく、来週には上映が終了しそう。それで出かけた次第です。宮沢りえ、いいです。それだけ。






最終更新日  2022年01月19日 16時39分26秒
コメント(0) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.