907209 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Are you Happy ?

PR

プロフィール


てんと88号

カレンダー

お気に入りブログ

換気できている家か… New! kamita53さん

明日に向かって走れ(… Kimukazuさん

「家づくりものさし… ★ニッチ★さん

記憶の記録 フライングシードさん
達人への道 ライフマスターさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

Actinync@ Best-seller Coronavirus (2019-nCoV) WHO recommends that the interim promine…
Actinync@ Different Coronavirus (2019-nCoV) On 31 December 2019, WHO was alerted t…

フリーページ

ニューストピックス

2013年02月16日
XML
カテゴリ:百年の家



人は毎日どれくらいの空気の量を吸っているのでしょうか。

おおざっぱな計算ですが、

成人で一回あたり500mlの空気を1分間に20回呼吸するとすれば、

0.5L/回 × 20回/分 ×60分/時 × 24時 = 14,400L

一日に14,400L ドラム缶72本の空気を吸っていることになります。


体内に直接吸収する大切な空気なのに、

西日本では中国からPM2.5による空気汚染が問題になっています。

東日本の放射性物質による汚染はそれ以上ですし、

全国的に黄砂や杉花粉、その他にも日本の空気汚染は深刻な問題です。

食べ物は気をつけて食べたとしても、

空気を選んで吸うことはなかなか出来ません。

しかし、高性能なマスクも多く発売されていますので、予防することは可能です。

そうです!

汚染された空気から身を守るには、空気を濾過すれば良いのです。


濾過する為に、汚染物質やその他の大きさを調べてみました。

スギの花粉             約20μm

黄砂               約5μm

PM2.5               約2.5μm

(長さの単位ミクロン:μmは1mmの1000分の1です。)

ひらつか建築の建てる百年仕様の家に取り付けられる、

24時間換気システムDSDDの吸気フィルターの大きさは10μmなので、

スギ花粉は除去されますが、黄砂・PM2.5はそれ以下なので、

子供たちの気管支炎が心配です。

さらに調べてみました。

放射性物質ウランのセシウム    約0.0006μm

水蒸気              約0.0004μm

インフルエンザウィルス      約0.0001μm

スギ花粉・黄砂・PM2.5と比べると、

放射性物質は大きさのレベルが全然違います。

「ああ。ダメか。」と諦める身はまだ早いですよ!


DSDD2.3


okatomi製の「DSDD2.3」は超高性能フィルターにより

放射性物質も除去され24時間換気されますので、家の中では思いっきり深呼吸できます。

家の中までマスクしなければならない生活って嫌ですよね。

その為には家が高気密であることが大前提になってきます。

ひらつか建築の建てた最近5棟の新築実績で

隙間相当面積C値の平均が、0.22 cm2/m2

平均40坪とすると29cm2(約5.4cm×5.4cm)なので

「DSDD2.3」を取り付けても施工技術は問題ありません。


477.gif


また、インフルエンザウィルスは、室温23℃湿度50%の環境では

かなり生存率が低下します。(表参照)

どんなに空気環境が悪化しても家の中は、深呼吸したくなるほどクリーンで、

ちゃんと加湿・暖房すれば、

冬の室温23℃湿度50%で過ごすことができる百年仕様の家は、

家族の健康をお守りすることを一番に考えております。











最終更新日  2013年02月17日 09時35分01秒
コメント(200) | コメントを書く
[百年の家] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.