1217004 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

DR. きぎ こういち のレトリート          (RETREAT)

全832件 (832件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 84 >

動向

May 17, 2022
XML
カテゴリ:動向
  「敷金」は担保として大家さんに預けるお金で、家賃滞納があった場合や、退去時の清算金に充当されます。清算後、余った敷金は全額返還されます。一方「礼金」は、大家さんに支払うお礼金となっており、一切返金はありません。

 敷金とは、賃料の不払いや、原状回復費用(通常の使用に伴い発生した損耗を除く)の未払い等に備えて、貸主が担保として無利息にて預かる費用のことをいいます。退去時、借主が支払うべき債務がある場合、その額を差し引いて残金を返還するケースが多いです。

 礼金とは、文字通り、入居に際して貸主に支払う謝礼的な費用です。敷金とは違い、退去時の返還対象になりません。退去時実費精算の場合は、故意・重過失による汚損、破損、毀損があれば原状回復費用として別途請求されます。

 敷金・礼金の相場は、家賃の1ヶ月~2ヵ月分が目安です。敷金・礼金あわせても2ヵ月分程で募集している物件がほとんどです。ペット可の物件でペットを飼われる場合、敷金や礼金がプラスになることがあります。賃貸借契約時の条件をしっかり確認しておきましょう。

 「敷金・礼金ゼロ」で初期費用が安く済む物件も多くあります。引越しにはまとまったお金がかかりますので、こういった物件は魅力的です。しかし、多くの場合、特約で短期解約の違約金や、退去時のクリーニング費用が設定されています。初期費用は安く済みますが、他の条件をよく確認してから契約するようにしましょう。  







Last updated  May 17, 2022 09:42:00 PM
コメント(0) | コメントを書く


May 6, 2022
カテゴリ:動向
   リフィル処方箋とは、1枚で反復して薬を出してもらえる処方箋です。リフィルは「補充」や「詰め替え」の意味です。医師が処方箋の「リフィル可」欄にレ点を付けて最大で「3回」といった使用回数も書きます。薬物依存の恐れがある向精神薬や、処方枚数に制限がある湿布薬などは対象外です。多くの薬は処方日数に限度はないが、医師は長期間の分を一度に出すことには慎重です。リフィルを使えば、薬剤師が調剤の際に服薬状況を確認し、体調悪化を見つければ薬は出さず医療機関に連絡するといった対応が可能です。制度導入により、医療費に充てる国の予算を年間100億円程度抑える効果が見込まれています。

 しかし「リフィル処方箋」の利用実績が低調です。制度導入当初の4月、全国で受け付けた処方箋のうち0・01%にとどまった大手調剤薬局もあるそうです。患者にとって薬をもらうだけの通院と医療費の負担を減らす利点がある一方、医師は定期的な診察は必要として発行に消極的とみられます。

 処方箋は診療所や病院の医師が発行します。患者は通常、処方箋1枚を薬局に持参し薬を1回受け取ります。4月に導入されたリフィル処方箋は発行された1枚を3回まで繰り返し使って薬をもらえます。高血圧や花粉症など症状が安定している疾患が対象で、利用の是非は医師が判断します。例えば30日分の処方箋を3回使い計90日分の薬が受け取れます。

 これからもリフィル処方箋の発行は、軽症患者を減らし高度医療に専念したい大病院の他は積極的に出さないと思います。







Last updated  May 6, 2022 09:25:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 4, 2022
カテゴリ:動向
  厳格な行動制限などで新型コロナウイルスの感染を封じ込める「ゼロコロナ」政策を掲げる中国が、正念場を迎えています。上海では1カ月以上にわたり都市封鎖(ロックダウン)が続くほか、北京でも感染が広がり始めています。北京の新規感染者数は上海ほど深刻ではないが、市当局の危機感は強く、市のほぼ全域の約2000万人を対象に大規模PCR検査を実施し、感染者が確認された居住区を次々と封鎖するなど対策を強化しています。

 中国各地で強引な隔離措置が取られ、市民の反発は強まっています。 北京と隣接する市が、感染者が1人だけにもかかわらず、市域全体の都市封鎖に踏み切りました。背景には、各地方政府の幹部が、感染拡大を招けば責任を問われると極度に恐れているためです。

 SNS上で、住宅入り口のフェンス写真や映像、住民の不満の声などの投稿は当局によって次々と削除されています。習近平指導部はゼロコロナ政策によるコロナ封じ込めを中国の「制度的優位性」の成果と誇ってきました。今年秋には5年に1度の中国共産党大会を控え、中国は政治の季節に入っています。この時期にゼロコロナ政策を転換すれば、習指導部が自ら誤りを認めることになりかねません。







Last updated  May 4, 2022 09:46:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 30, 2022
カテゴリ:動向
  新型コロナウイルス感染対策として政府が推奨するマスク着用を巡り、緩和を模索する動きが出始めています。感染拡大「第6波」がピークを越え、海外では着用を求めない国が増える中、専門家も「感染状況に応じて外せる」と指摘しています。

 しかし日本医師会長は「ウィズコロナでマスクを外す時期が日本に来るとは思っていない」と述べています。インターネット上では不満が噴出しています。「ほとんどの人は着けているのに感染が広がった」「絶望的な気分になる」など、3年目突入のマスク生活にしびれを切らす声も少なくありません。わたしは公園や土手などを散歩中、マスクを外しています。

 一方、山際経済再生担当相はテレビ番組で「外にいるときはもうマスクはいらないと思う」と話し、段階的に緩和するのが現実的だとの考えを示しました。感染予防態勢の見直しを促しています。

 尾身会長は分科会後の記者会見で、一律に着用を求める感染拡大期からは局面が変わったとの認識を示し、合理的な基準について今後議論する考えを明らかにしました。

 海外では、米国が全州で着用義務を廃止。英国やフランスでも着用不要となるなど緩和が進んでいます。日本でも4、5段階に分けて少しずつ緩和する道筋を、政府が明確に示すべき時が来ています。







Last updated  April 30, 2022 09:50:16 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 18, 2022
カテゴリ:動向
  韓国政府は15日、飲食店の営業時間や会合の人数制限など新型コロナウイルス対策の規制を18日からほぼ解除すると発表しました。オミクロン株の新規感染者数の減少傾向と軽症かなどから判断しました。医療体制も見直し、5月下旬にも感染者の隔離義務をなくし、インフルエンザなどと同様に一般医療で対応する計画も明らかにしました。マスク着用義務は当面維持されるものの、約2年ぶりにほぼコロナ流行前の日常生活に戻ることになります。

 韓国は段階的に規制を緩和し、現在は飲食店の営業時間を午前0時までとしていますが、18日からは24時間営業が可能になります。10人までの会合の人数制限もなくなります。

 韓国では現在、新型コロナは最も厳しく扱われる感染症等級に指定されています。感染者は7日間の隔離が義務付けられており、違反すると罰則があります。政府は今月25日に等級を下げ、約1カ月かけて医療体制の切り替えを準備、5月下旬にも隔離を義務から勧告に緩和する方針です。

 感染者も一般の医療機関で対応できるようになりますが、治療費は公費でなく自己負担になります。政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身会長も、社会経済活動とのバランスを重視した対策に軸足を移す新局面に入ったとの見解を示しています。 海外でも同様の動きは加速しており、ワクチンの接種率の上昇や、オミクロン株の重症化リスクの低さを背景に、インド・英国・米国などで規制緩和が進んでいます。







Last updated  April 18, 2022 10:03:03 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 10, 2022
カテゴリ:動向
  TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線」で、金曜日の5時45分頃から、東京大学名誉教授・月尾嘉男先生の話しを聴きました。「リテラシー」についての話でした。

 リテラシーとは「物事を正確に理解し、活用できること」を表す語です。リテラシーの語源は英語の「literacy」からきており、本来は「読み書きができる能力や知識」を指す言葉です。最近日本人のリテラシーは、シンガポール・中国・韓国などより低いそうです。

 リテラシーはビジネス用語としては仕事に対する遂行能力が高いか、低いかといった評価をする場合によく使われます。「メディアリテラシー」や「ネットリテラシー」といったように、何かとセットになることが多いです。例えば、メディアリテラシーはテレビやインターネットなどで発信された情報を把握し、正しく使用できる能力、ネットリテラシーはインターネットで情報収集した内容を的確に活用する能力を指します。他には、文化リテラシー、金融リテラシーといった語もあります。文化リテラシーは、芸術や文学などの分野で人の心を動かせる能力のことです。金融リテラシーは、金融のルールや商品を幅広く網羅し活用できる能力のことです。株式や生命保険、仮想通貨などの知識の豊富な人を指します。

 パソコンやスマートフォンを使ってメディアの情報を取得する機会の多い現代では、リテラシーが高い人ほど正確な情報を幅広く活用できるということです。







Last updated  April 10, 2022 08:15:22 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 9, 2022
カテゴリ:動向
 若年層で新型コロナウイルスワクチンの3回目接種率が伸び悩んでいます。流行の主流となったオミクロン株では重症化リスクが以前より小さいこともあり、専門家からは「過度な油断」の影響を懸念する声があります。これまで若者から高齢者へと感染が拡大する傾向があり、政府は流行「第7波」に危機感を募らしています。

 年明けから本格化した3回目接種は、全国で65歳以上の80%超が打ち終えましたが、全体の接種率は40%台です。特に若年層の低さを懸念する声が高まっています。東京都では4月6日時点で70~80代が80%を超えた一方、20代は26・0%、30代は30・7%。大阪府も3日時点で20代は16・1%、30代は17・9%にとどまっています。

 若いほど1、2回目の接種が遅かった人が多く、6カ月以降という3回目の条件にまだ届いていない人もいるとみられます。ただ1、2回目でも若年層の接種率向上に苦戦しており、政府は重点的な呼びかけをしています。

 若年層で感染が広がれば、流行「第7波」の拡大につながるとの懸念がでています。とにかくコロナを終息させるには、ワクチン接種しかありません。尾身茂会長も、後遺症を防ぐ効果に加え「家族や友人を守る意味もある」とし、接種の検討を呼びかけています。







Last updated  April 9, 2022 09:52:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 29, 2022
カテゴリ:動向
  マイナンバーカードと健康保険証の機能を併せ持つ「マイナ保険証」を4月から病院などで使った場合、患者が窓口で支払う医療費が増えます。対応病院が受け取る診療報酬を引き上げるためで、3割負担の人は初診時21円、再診時12円が上乗せされます。政府が昨秋に本格導入したマイナ保険証は医療機関の体制整備が進んでいません。報酬引き上げで取り組みを促す目的ですが、患者へのしわ寄せに反発の声も上がっています。

 対応病院では、従来の保険証で受診した人も限定的に負担が増えます。2024年3月までは初診時に30円の診療報酬が加算されます(患者の3割負担は9円)。当院のように導入していない医療機関では負担は今と変わらず、追加負担はありません。

 マイナ保険証は政府のカード普及策の一つで、患者の健康情報を治療に生かす「データヘルス」の基盤に位置付けられます。医療機関でマイナ保険証を機械に読み取らせれば本人確認ができ、医師らが患者の同意の下、薬の処方歴や特定健診の結果を見て治療に生かせます。今夏には手術歴なども見られるようになります。こうした仕組みの活用には、医療機関が読み取り機などを設置する必要があります。政府は23年3月までに全国の病院や診療所、薬局約23万施設に導入を目指していますが、今年3月20日時点で運用を始めたのは14%にすぎません。仕組みの導入補助や維持費に、税金などが投入されてきました。厚生労働省はさらなるてこ入れのため、22年4月の診療報酬改定により、マイナ保険証で受診した患者の情報を活用した医療機関は1人につき月1回、初診時70円、再診時40円、薬局の調剤時30円の診療報酬を受け取れるようにしたのです。







Last updated  March 29, 2022 09:03:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 17, 2022
カテゴリ:動向
 ジェネリック医薬品大手の日医工(富山市)は、胃潰瘍の治療薬など6品目を自主回収すると発表しました。回収対象は計72万1315箱で、出荷後の状態を確認する品質検査で、承認規格外になるなどしました。同社が昨年3月に約1カ月の業務停止命令を受けた後、製造を再開した品目も含まれています。

 日医工によると、回収対象のアレルギー性鼻炎などの治療薬「セチリジン塩酸塩ドライシロップ」は、十分な効果が得られない可能性や副作用の発生が危惧されるが、製品使用によって重篤な健康被害が生じる可能性はないそうです。

 *自主回収対象品目

 アンブロキソール塩酸塩錠15mg、オメプラゾール錠10mg、オメプラゾール錠20mg、オランザピン錠10mg「日医工」、オルメサルタンOD錠10mg「日医工」、セチリジン塩酸塩ドライシロップ1・25%「日医工」







Last updated  March 17, 2022 08:57:11 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 16, 2022
カテゴリ:動向
 昭和の中頃まで、卒業式で歌われる歌は『蛍の光』、または『仰げば尊し』でした。わたしは『蛍の光』より、『仰げば尊し』のほうが好きでした。

 その後、ドラマ『3年B組金八先生』の主題歌、海援隊の『贈る言葉』の大ヒットとともに、卒業ソングのスタイルが変わっていきました。 

 そして平成になって誕生したのが、今や“卒業式の定番ソング”となっている『旅立ちの日に』です。この曲、もともとは1991年3月、埼玉県秩父市の影森中学校の卒業生のために、先生方が作られた曲です。そこには“卒業式前に、学校が生まれ変わる原動力となった3年生のために世界に1つしかない贈り物をしたい・・・”そういった先生方の思いがあったそうです。こうして出来た曲を『3年生を送る会』の時、サプライズで、先生方全員で歌われたそうです。ところが翌年からは生徒達も歌うようになり、それがキッカケで周囲の中学校でも歌われ始め、“卒業式の定番ソング”になっていったそうです。

 このエピソードを聞いてYou tubeで曲を聴いてみました。温かいものがこみ上げてきます。泣けてきますね。







Last updated  March 16, 2022 09:57:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全832件 (832件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 84 >

PR


© Rakuten Group, Inc.