016067 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ARTHEMIS

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

Headline News

Rakuten Ranking

2006年09月23日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

FELONY / FIRST WORKSFIRST WORKS / FELONY


スイスのメロディック・ロック・バンド(レーベル側はシンフォニック・パワー・メタルかシンフォニック・メロディックと呼んでる)、FELONYのデビュー・アルバム。なんとプロデューサーにはサシャ・ピートがぁ!!!セッション・ヴォーカル(その後正式メンバーになる)という女性ヴォーカルとのツイン・ヴォーカルで、リリシズム溢れるキーボードのメロディラインが印象的なアルバム。

バンドは1992年!?に結成されたが、2004年に現在のヴォーカルANDREAS WILDI加入まで紆余屈折があったらしい...



1曲目「AN INTRODUCTION」は、サシャらしくシンフォニックで劇的なインスト。2曲目「WHAT A FELONY」はツイン・ヴォーカルの妙と、サビメロの素晴らしさに皆が驚嘆するであろう名曲(笑)。3曲目「SAY GOODBYE」はキャッチーなメロディと、刹那さのサビのリフレインが強烈な佳曲。



4曲目「JUSTICE」はアカペラではじまり、ミドルテンポで心地よいメロディックなナンバーと替わる。6曲目「TONITE」は、ツイン・ヴォーカルでパワー・バラード風のドラマティックなナンバー。7曲目「FREEDOM」は陽気なアカペラから、メロディアスになってギターのリフだけはメロパワの疾走チューン風(笑)...



8曲目「PROMISING HEART」はキーボードが劇的に盛り上げる、これぞ悲哀に満ちた美しいバラード!!9曲目「AFTER THE RAIN」はイントロだけで悶絶!!、ツイン・ヴォーカルのドラマティックな展開のやや疾走チューン。12曲目「ON LIFE'S END」はイントロだけでは、プログレかシンフォニック・メタルだが...ミドルテンポでさほど盛り上がりには欠けるナンバー。



後半の楽曲が弱く長尺なアルバムだが、哀メロファンには必聴のアルバムです。音もいいしね...(笑)。

本国スイスでは2005年のリリースだが、ESCAPE MUSIと契約し2006年9月に再発され、初回版にはボーナス・トラックとして「NO RETURN」と「READY TO WIN」が追加される。



2005年作(日本未発売)






Last updated  2006年09月23日 15時30分53秒
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.