224332 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

素晴らしき地場ビルダーランドのナビゲーターのブログ

March 14, 2012
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
新たな発見シリーズ

八嶋智人ってまえからどう読むのかな~と思ってたら
ラジオで「こんにちは やしまのりとです」って言ってた♪

++++++++++++++++++++++
長い長い謎が解けました!

謎が解けたと言えば薪の正しい燃やし方。
これは以前ウチのストーブを設置してくれたワイヤーワールド永和の安東部長から
レクチャーをいただいてこれまで完全に間違いだったということが発見できました。

結論からいえば
2大極意があります

其の壱
「炎」をつくるべからず

其の弐
扉を開けるべからず

其の壱、薪ストーブと言えば“炎”をめでるイメージがありますが
本来は炎をなるべくみせず、高温の青色・無色の炎(ダンシングファイヤー)
をつくることが重要なのです。

炎が見えるということはそれだけ温度が低いので
薪ストーブのパワーが足りないし、それだけ不完全燃焼になり易く
煙が出やすく、ススが付き易くなってしまいます。

その為には点火前に炉に目一杯の薪をセットして
薪のセットの仕方はこんな感じで、上から焚きつけ用の針葉樹類
次に細い枝系、その下にだんだん太い薪がきます

piano 002.JPG

この使い方が正しいかどうかわかりませんが
ウチのバヤイ裏山の杉の枯れ葉を“着火剤”がわりに使います
これが超便利!!↓↓↓
piano 003.JPG


其の弐の扉を開けるべからずも、イメージでは炎を見ながら
薪を入れるシーンが思い浮かびますが、NGです(>_<)

其の壱同様の考え方で、一度ガッツリ薪をつくり燃やせば
扉を開けるとその分、炉の温度が下がるのでせっせと薪を入れれば入れる程
NGなんですね

で、ダンパー&エアー全開で着火↓↓↓
piano 005.JPG

薪のコンディションにも寄りますがだいたい10~15分くらいで
全体に炎がまわります↓↓↓
souma 002.JPG

そうするとダンパーを閉じます。
エアーはまだ全開

着火のシーンを動画にて


火が全体にまわってからダンパーを閉めるまで動画


ダンパー閉めてエアー閉めてダンシングファイヤーになるまで動画

あとはな~んもストーブに触れずダンシングファイヤーを愛でていて下さい
この状態だと温度は400度前後になっています↓↓↓
souma 001.JPG

ナノデ100~200℃だと低いですよね。
家の性能にもよりますがだいたい常に300℃前後ぐらいをキープしておくのが
ベストなんぢゃないかなと

点けると暑いし、消すと寒いという方は、点けておいて窓を開ける^^
ビミョーな温度調整を薪ストーブに求めてはいけましぇん(^_-)

まだまだ寒いので一度実践してみてくださ~い

【このお話しの登場人物は・・・】


どことどこが組めばおもしろいかな~








Last updated  March 15, 2012 05:24:28 AM
コメント(2) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


素晴らしき地場ビルダーランドのナビゲーター

Calendar

Favorite Blog

小中高生をお持ちの… New! くま塾長さん

30年~私の建築ノオ… にろすさん

プロのつぶやき1165… 丁寧な暮らしさかもとこーひーさん

BOXの家は「断熱・耐… 低燃費8272さん

栃木県・注文住宅・… ヨシダクラフトさん

Comments

にろす@ Re:アベノミクスの副作用を知ってるかぃ^^(02/06) 僕も吉田さんを見習って原点に戻って 決め…
にろす@ Re:リニューアル我が家完成~♪(01/07) 明けましておめでとうございます! 本年も…
にろす@ Re:掟破り?の外壁5度塗り完了\(^o^)/(12/28) いよいよですね、リニュウアル吉田邸! 楽…

Freepage List

Headline News


© Rakuten Group, Inc.