080483 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Dr.北西のひとりごと

PR

カレンダー

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

お気に入りブログ

まだ登録されていません
2021年11月02日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「医者はどこにいようが、相手が誰れであろうが、平等に正しい治療をするのみ。
その真心を、この地で見つけられた気がする。」
高松凌雲が「晴天を衝け」の劇中、フランス留学でいっしょになった栄一にむけたセ
リフです。
武士であり、医師であり、幕臣であった彼は函館戦争、西南戦争で敵味方なく医療救
護活動をし、のち民間救護団体の前身、同愛社を設立し、困窮者の医療につくしたそ
うです。
選挙が終わったいま、彼の生き方に憧れます。










最終更新日  2021年11月03日 05時50分29秒



© Rakuten Group, Inc.