イーグルスブログTOP
いぬわし組 背番号10  楽天ブログ(日記・ブログ) 658342 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

いぬわし組 背番号10

プロフィール


じまぁ723

コメント新着

http://buycialisonla.com/@ Re:準備万端 いざ久米島へ(01/31) cialis soft online gt cheap cialis soft…
fvvtnhkuni@ cXIUmgZMhuZywS GLfWtG <a href="http://azyqnbs…
ragnylxn@ IBmoaSWPwVoLqZUAcW 2qbHgP <a href="http://ompwjst…
オメガ シーマスター@ dxfoibus@gmail.com Please let me know if you're looki…
mhivqheu@ yjSEqVeQoDf p12zUK <a href="http://talgrff…

バックナンバー

2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月

お気に入りブログ

カレンダー

2007年11月02日
XML
カテゴリ:日本プロ野球
中日ドラゴンズ 日本シリーズチャンピオンおめでとうございます。

53年ぶりですか~。ドラゴンズの球団関係者やファンのみなさんの喜びもひとしおだと思います。第4戦だったでしょうか、中継中に53年前のドラゴンズのスタメンを紹介していましたが、名前を存じ上げている方は数えるほどしかおらず、まさに伝説のメンバーなんだなあって思いました。イーグルスは現在3年目、チャンピオンになるまで53年かかるとなるとあと50年、私は生きているのでしょうか(^_^。それまでに2、3度でいいのでシリーズを制してほしいですね(^_^。

昨日の試合は何と言っても山井投手ですよね!あまりセントラルの試合は見ないのでシーズン中どのようなピッチングをしていたのか分かりませんが、今年はたった6勝なのだそうですね。私は昨日は山本昌投手が先発だと思っていたので、山井投手は信頼されているんだなあと思ったんですが、きっと首脳陣の期待以上の活躍を見せてくれたのではないでしょうか。私が見始めたのは4回表からで、その時点でパーフェクトというのもすごいと思ったのに、その記録が途切れる気配はありませんでした。普通こういう試合って大ファインプレーなどで投手をもり立てるんですが、そういう派手なプレーはなかったですよね。ただ、相変わらず鉄壁の守備を見せるアライバコンビによる部分もあったとは思います。

対するダルビッシュ投手もナイスピッチング。昨日の記事に書きましたが、中4日という部分と、第7戦も先発しなければならないという事から全力で、120%の力で投げることはないかと思ったんですが、いつもと変わらないピッチングでしたね。チームを支えるエースの姿がありました。2回だけ崩れたようですが、それでも1失点ですからね~。敗れて悔いなしの内容だったと思います。

9回は岩瀬投手がきっちり締めくくってドラゴンズが1敗のあと4連勝でシリーズを制したんですが、ファイターズはダルビッシュ投手以外、シーズン中のらしさを発揮できなかったのが残念でした。逆にいうとシーズンの形にこだわったところが流れを止められなかったのかなと思います。CSではグリン投手をリリーフに回しましたよね。そういう短期決戦用の打順や投手起用が見たかったです。さらにヒルマン監督がシリーズ直前にロイヤルズの監督就任記者会見に臨んだことはマイナスではないと思っているかもしれないですが、絶対にプラスにはならなかったと断言できます。監督はどちらを向いているんだろうって不安になりますよね。

さて、山井投手が完璧な投球をしながらマウンドを降りたことについて、賛否両論いろいろありますよね。皆さんのご意見を拝見しながらなるほどな~って思ったのですが、私は岩瀬投手に繋いだことは驚きはしましたが、交代したことに対して間違った采配だとはまったく思いません。

理由は成功したから、です(^_^。この試合の一番重要なことは勝ってシリーズを制することですよね。それを達成するために一番の策を監督が考えて行動し、結果を出したのですからこんなに素晴らしい事はありません。「この試合負けてもまだ余裕が・・・」という意見もありますが、短期決戦で隙を見せたら一気に流れを持っていかれる恐さがあり、それを落合監督が知っていたと思うんですよね。だからこそ石橋を叩いたのでしょう。

「ファンあってのプロ野球だから、ファンが見たい大記録を監督の手で無くしてしまってはいけない。勝利より大事なものがある」というようなことを語っていたドラゴンズOBの方がいらっしゃいましたが、名古屋のファンを大切にしたからこそ、名古屋で胴上げするために全力を尽くしたわけですよね。何も間違ってません。なにより今回の采配で賛否が出ていろんな意見が出ているだけでもプロ野球ファンは喜んでると思います(^_^。

山井投手にしても、シリーズ制覇のプレッシャーとパーフェクトのプレッシャー、どちらも超ど級のプレッシャーを2つも抱えては冷静な気持ちで投げるのは難しかったと思うんですよね。その辺を察しての交代でもあるでしょうし、自ら交代を願い出たというのも納得できます。

そういえば星野仙一さんも野村監督も今回の落合采配については否定的な意見でしたね。星野さんは落合監督との確執なんて話も聞きますからまぁ置いておいて(^_^、野村監督なら続投させるというのもよく分かりますよね。データ重視の心理戦が得意といわれながらも、情に流される采配を見せてくれるのが野村監督の野球だと思っていますので、当然野村監督なら続投だったでしょうね。

あと、2位のチームがシリーズを制したことについては、違和感があるというのが本音です。昨年までのパシフィックはシーズン2位であってもプレーオフを制すればチャンピオンでしたが、今回はリーグチャンピオンはあくまでもジャイアンツですものね。ですので今年はパシフィックがファイターズ、セントラルがジャイアンツ、シリーズチャンピオンがドラゴンズとチャンピオンチームが3チームある、と考えるべきだと私は思います。ですので今回の記事中もあえて「日本一」という言葉は使いませんでした。もちろん、クライマックスシリーズから日本シリーズでのドラゴンズの活躍は素晴らしいですし、チャンピオンに相応しいと思っています。






最終更新日  2007年11月02日 14時10分23秒
コメント(10) | コメントを書く
[日本プロ野球] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.