000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Way to Limit GUNPLA

MS-05B ザクI (タイガーバウム仕様)

MS-05B ザクI(タイガーバウム仕様)

zak1t

どうも、MALINKです。(2011年8月7日)
高校生活初めての夏休みです^^
もちろん、殆どが部活で埋め尽くされています(笑


さて、今回のキットはこちら『1/144 ザクI(タイガーバウム仕様)』です。
"HGUCザクI"のプロポーションを少し弄った後、色替えで作り上げました。


=作業工程=
1.頭部モノアイレールの幅詰め。その際、モノアイの可動がつぶれました;
2.各部合わせ目消し。接着剤方式。
3.筋彫り。接着剤で消えた部分のリカバリーのみ。
4.表面処理。600番~1200番の紙ヤスリを使用。
5.塗装。カラーレシピは後々掲載。
6.デカール。
7.墨入れ。『ガンダムマーカー:スミイレペン』黒・グレーの二色を使用。
8.トップコート。『ラッカー:つや消しクリアー』を4回吹き。
9.↑で大失敗。パーツが被る。武器等々再塗装。
10.デカール。貼り直し。
11.トップコート。『ラッカー:つや消しクリアー』を4回吹き。

=その他色々=
今回、最大にして最悪のミスは、トップコートでかぶってしまったこと。
理由として、水性感覚でラッカーを吹いてしまったことにあります;
殆どのパーツが真っ白になってしまい、薄め液や塗料を駆使して、ここまで復活させました。
が、あんまり出来はよくないです。すいません^^;







zak1t

斜め前から。
当サイト初の"ジオン製"でございます(笑



zak1t

斜め後ろから。

誰もが知っている、実にシンプルなシルエットです^^;
"旧ザク"の名は伊達じゃないですね(笑



zak1t

正面から。
所々に白っぽいのが残っていますが、それが"被り"の名残です。

全力でリカバリーに努めたのですが、ラッカーはプラに多少侵食するらしく、完全に直すのは難しいみたいです。
モデラーによっては、きっぱり諦める人までいるそうな・・・(苦笑

被らせないのが一番ってことですね^^;



zak1t

背面から。

突然ですが、皆さん『タイガーバウム』って何だかご存知でしょうか・・・?
正直に言いますと、これを作製している期間中、MALINKは何のことやらさっぱりでした(笑

とりあえず知っていたのは、"タイガーバウム仕様"と称された機体が"PSPガンダムアサルトサヴァイブ"に登場することのみです(苦笑
ちなみに、今回作製した『ザクI』もそのうちの一つです。

まぁこれがきっかけで作製を始めたわけですが・・・



zak1t

胸部アップ。

もちろん、作成者であるMALINKがこんな状況で良いはずありません^^;
というわけで仕方なく、調べてみました。



zak1t

登場作品は『機動戦士ガンダムZZ』(←MALINKが全く見たことない作品です;
タイガーバウムというのは、コロニーの名前みたいです。

サイド3の歓楽コロニー、タイガーバウム。
そこの所有者である成金の"スタンパ・ハロイ"は、高い税で金を儲けてはMSをコレクションしていた。
そのコレクションの数々は悪趣味な独特なカラーリングに塗り替えられており、これが『タイガーバウム仕様』の由来となる。
そして、そのコレクションの一つとして登場するのが、今回の『ザクI(タイガーバウム仕様)』なのです!


ようやく話が理解できました(笑



zak1t

せっかくなので、アニメの方も見てみました。
機動戦士ガンダムZZ 第40話「タイガーバウムの夢」』です^^

とは言っても、中身はあんまし覚えていません(コラw
ただ、きちんと"ザクI(タイガーバウム仕様)"は登場していました!

しかも、ジュドーが駆るズゴックと戦闘まで!
なぜか感動しちゃいました・・・(笑



zak1t

アニメに登場したのを見た途端、MALINKのテンションは異常に上がります(笑
さぁ、こちらのギャラリーも盛り上がってまいりましょう!(笑

↑は『スパイクシールド』を装備しています。
ザクIIのシールドにスパイクを付け、攻防一体の武装となっております。



zak1t

シュツルムファウスト』です。
当てることが難しい、使い捨てのロケットランチャーとのこと。

多分、投げて使用するのだとは思うのですが・・・
先っぽの赤い部分だけが飛んでいくのかもしれません^^;
とにかく分からないので、武器説明は省きます。すみません;



zak1t

ザクバズーカ』です。
口径280mmで、数々の弾頭を打つことが出来る大型武装。

なぜかこのキットに付属するバズーカやマシンガンは、後のザク(ザクII)のものと形状が違います^^;
説明によると、"先行型"ってことで差別化が図られているみたいです。
芸が細かいですね、バンダイさん(笑



zak1t

ヒートホーク』です。
名前のとおり斧状の武装で、刃部分が赤熱化し敵機の装甲を溶断するもの。

ザクの代名詞とも言われる有名な武装ですね^^



zak1t

そしてもう一つの代名詞、『ザクマシンガン』です。
ジオン公国軍が開発した、MS用マシンガン。一年戦争の初期に多様されたらしい。

写真では、"HGUC量産型ザクII"付属のマシンガンを使用しております。(ゲーム登場版を再現^^
旧ザクに付属するものは、ドラムマガジンの位置が違います。(↑に画像があります)



zak1t

最後にフル装備です。
ゴチャゴチャしていますが、これで1000円。
少しお買い得感があります(笑



zak1t

さて、以上が1/144 ザクI(タイガーバウム仕様)となります。

マニアックな機体だったのでついつい作ってしまいましたが、完成までには恐ろしく時間がかかりました。
舐めてかかるもんじゃないですね^^;

しかも、完成したときの感動はあまりありません(苦笑
苦労して作り上げても、出来上がるのは所詮"旧ザク"ですから(笑
Nealさんの気持ちがよく分かりました(詳しくはG-SOLDIER ADVANCE参照)


それでは、ご観覧の皆様に感謝を込めまして、お礼を一つ。
ありがとうございましたm(*-ω-)m


もし意見やご感想、質問等々ございましたら、気軽に別館にてお書き込みください~^^







以下、今回のカラーレシピ。


緑(手足)⇒『ガンダムカラー06:MSグリーン』

⇒『ラッカー:ブラック(70%)』+『ラッカー:ホワイト(30%)』

⇒『ラッカー:あずき色』

⇒『ラッカー:レッド』+『ラッカー:コバルトブルー』+『ラッカー:ホワイト』

⇒『ラッカー:ニュートラルグレー』




© Rakuten Group, Inc.