6158318 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

─ 灼熱 ─

PR

2004年09月21日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


※ 以下、全て転載。

「三菱とミドリ十字」

アメリカは、台湾などで世界で初めて無差別空爆を行ったということに象徴されるような日本の侵略戦争をやめさせる為に、二度の原爆を使ったと言っているが、それなら何故日本のA級戦犯などとその後アメリカは自国の利益の為に取り引きしたのか。
この取り引きは、政治レベルでその後の日本の再建に大きな力となって作用を及ぼしたしコントロールにも使われてきた。ナチスの暴虐にも匹敵する事を行った細菌部隊との取り引きでは、無罪放免となった細菌部隊の幹部達の多くは、その後自らの所業を自省することもなく、その生体実験などで得た技術などをもとに日本の医薬界などに君臨するようになった。そしてその彼らの一番の罪業は”患者を「材料」と見る思想の伝承である”と言われている。

それにしても、彼ら細菌部隊の幹部だった者たちの出世には異常なものがある。
製薬会社、病院、大学、研究所と、その要職に就いた錚々たる列を見れば、日本の医薬界を支配した感すらある。
このアメリカが生体実験のデータと引き換えに秘密裡に免責した、重大な戦犯であった細菌部隊出身の医師らは、戦後日本の医薬界で君臨し、様々な負の軌跡を残していった。「薬害エイズ」も単にその一つに過ぎないものであった。
今、C型肝炎の問題で表に出ているが、三菱が引き取った「ミドリ十字」という会社はその細菌部隊幹部が作った会社だったのは有名な話だ。
また有名なところでは、名古屋で昭和二七年に、元細菌部隊の小川透らが乳幼児を使って、O-111やO-26などの人体実験をやって殺している。
実は1995年の「O-157」騒動の際、アメリカは『生物兵器テロの可能性がある』と公表し、CDC━上記のアメリカが「免罪取引」で手に入れた細菌部隊の生体実験の資料は、このアトランタのCDC「フォート・デトリック(軍の細菌兵器研究所)」に蓄えられた。さらに言えば、それはそのすぐ後に起きた朝鮮戦争の時に使われた、というのがおおかたのの見かたである━から調査団を日本に派遣した。そして、調査後、日本の細菌部隊関係者のアメリカへの入国を禁止する措置をとった。がしかし、「その入国禁止措置の理由は?」には、日本のマスコミは一切口をつぐんだ。
(松本サリン事件が起きた日、松本市内のデパートでは全国縦断の、本格的で学術的な七三一細菌部隊の展示会が行われていた。というような事実もある)

”私はこれらの報道を断定する証拠を持っていない。しかし、直接朝鮮戦争に参加したか否かは別として北野政次が文献的にGHQのサムス等に直接的な技術指導を行っていたという証拠は持っている。そして現実的に朝鮮や中国においては、七三一部隊が行ったものとそっくりな細菌戦が行われたことは明らかなのである。”「にっぽんのアウシュウィッツを追って・高杉晋吾」

この北野の事務所は三菱ビルにあったと言われている。
第二次大戦後アメリカが朝鮮半島を抑えた理由の一半は、日本の財閥が朝鮮から戦時の報復をされるのを恐れたため、とも言われている。

”この名簿をみても、兵士と幹部の間の戦後の足どりは画然と分かれている。そして幹部たちがいかに戦後の医学の世界で影響力の大きい地位を得ているかが判るだろう。副知事、大学学長、大学教授、病院長、研究所長、研究所教授等がズラリと並んでいる。ナチスの強制収容所における人体実験者がアルゼンチンのジャングル等に追いこまれ、現在もなお追及を受けつづけているのとくらべて何という違いだろうか?私は「日本の医学界は七三一部隊天国なのだ」と思った。
これらの研究者たちが戦後の医療・医学の世界で何をしたのか。私はさらにこれらの人々が生きる現代医療の構造の中で、彼らの思想が、変革されるべきモメントを失ったまま行動する時、どのように医療の荒廃を発生させるものであるのかを、特に現在問題になっている新薬開発の中で発生した諸事件を、一人の人物を通じて描いてみよう。”「にっぽんのアウシュウィッツを追って・高杉晋吾」

”日本の現代医療は、七三一部隊と変わりのない人と物を見る思想状況と、患者をマルタとして扱って、最後には殺してしまっても平然としていられる技術と環境状況が広く存在している。その原点に七三一部隊が存在しているのである。
私たちは現在、医療や製薬メーカーの凄まじい荒廃を嘆いている。むしろ医療によって、薬によってわが子の命を奪われ、わが健康を奪われるという恐るべき状況に追いこまれている現実と、七三一部隊のマルタの現実を結びつけるイメージ力を、誰が持っていなくても不思議ではないのだが、しかし歴史的、状況的現実はゆくりなくもそのことをハッキリ示しているのである。つまり日本の医療も医学も、患者を見る基本的視線は七三一部隊の目なのである。
ところで、日本医療の価値観の逆転の機会を失った最大のモメントは米占領軍と元七三一部隊との「免罪取引」にあったといわれている。
私は、この「免罪取引」の経過をまとめながら、米軍は単に「七三一部隊員」の生存基盤を作っただけではない。米軍の責任の最大のものは、日本医療の腐敗の思想的根拠地を日本に作った事だ、と痛感している。それは前述の、「思想的影響力」による医療汚染と荒廃の恐ろしさを痛感するからだ。
七三一部隊にとって本当の悲劇は、戦犯になって捕らえられることなのではない。むしろその姿を秘して日本に帰り、日本の暗部にひそんで、その思想を増殖したことにある。彼らには、その思想を変えるべきモメント=契機が存在しなかった。そこにこそ彼らの悲劇があり、日本医療の悲劇があった。その思想的変革を阻んだ元凶は米軍であった。米軍が、七三一部隊と「犯罪協定」を結んで、七三一部隊の免罪と糧道の確保と拠点作りを保証したのである。”[同]

”「他民族を抑圧する民族は、自らが自由ではありえない」ということばを私はしばしば繰り返した。他民族を侵略し、抑圧し、そのことに真の反省を加えない民族は、自分自身の首をしめる愚かさから永遠に解放されないだろうと私も思う。
かつて異民族をマルタとして扱った七三一部隊の腐蝕した「医」の思想は、戦後は、差別され抑圧される民衆に向けられ、囚人や不幸な乳児がそのいけにえにされる。それは戦時にあっては異民族へ、植民地を失った段階では同胞へ、と果てしなく続く。
それを実行する者はそれを実行する「特権」を誰から与えられたのであろうか。”[同]

この「にっぽんのアウシュウィッツを追って」は1984年の出版である。
そしてこの本には、元細菌部隊の幹部が設立した「ミドリ十字」も薬害エイズとはまた違う問題で出ていた。これが出版された当時、世の中が”タブー”とせず真摯に対応していれば、その後に起きることになる薬害エイズ被害も避けることができたかもしれない。



訂正版「三菱とミドリ十字」
http://www.asyura.com/2002/bd20/msg/627.html


薬害エイズと日本の医学者

七三一部隊の陰を引きずったミドリ十字



ミドリ十字が設立されたのは1950年11月で、朝鮮戦争が勃発した5ヶ月後です。当時は「日本ブラッド・バンク」という名称で、設立者は内藤良一という人物です。
内藤は、侵略戦争当時、陸軍軍医学校「防疫研究室」の主任でした。この「防疫研究室」の主幹は、かの有名な七三一部隊の石井四郎でした。石井は満州で細菌戦の人体実験を行いながら、一方で侵略戦争全域での細菌戦展開の作戦についてはこの内藤に命じていたのです。ですから内藤はいわば七三一部隊の総参謀役ともいえる人物でした。
アウシュビッツにも匹敵する戦争犯罪だった七三一部隊の罪状がアメリカ進駐軍によって意識的に免罪され、データがアメリカに売り渡され、それと引き換えに七三一部隊関係者はその庇護のもとに戦後の社会で活動したことは周知の事実です。そして、朝鮮戦争でアメリカ軍人の輸血の必要が生じたことを契機に、内藤は売血制度を中心にして「日本ブラッド・バンク」を設立したのです。設立当時は石井の後の七三一部隊の部隊長だった北野政次が東京の工場長をしています。また石井の京都大学在籍時の指導教官だった木村廉が会社の顧問的役割を果たしていたようです。
このように、ミドリ十字は元から七三一部隊の陰を引きずって生まれ、七三一部隊の犯した戦争犯罪を何ら反省しない人々によってその事業が始められました。それ以後、戦後日本の医学界に入り込んだ七三一部隊の研究者とその弟子たちを取り込んで発展してきた会社です。「非加熱製剤」が中止された後にも、それを回収するどころか販売し続けるという人命軽視、人間無視の姿勢は、まさに七三一部隊の思想を今に受け継いでいるといえるでしょう。



日本の医学界と七三一部隊 


日本の医学界は七三一部隊について何ら反省してきませんでした。当時満州の七三一部隊で「研究」の主要な役割をしていた多くの技術者が、その後各地の医学部の教授となり、その後もそれぞれの学会でボス的行動をとってきたことを医学界は黙認してきました。例えば、石川大刀雄は金沢大教授、岡本耕造、田部井和、吉村寿人は兵庫医大教授、林一郎、斉藤幸一郎は長崎医大教授に就任しています。また南京につくられた「栄」一六四四部隊の技術者たちは、東大伝研(後の国立予防衛生研究所)に住み着いたごとくです。
五二年一〇月、日本学術会議第一三回総会が開かれました。この総会に平野義太郎、福島要一らが、「細菌兵器禁止に関するジュネーブ条約の批准を国会に申し入れる件」を議案として掲出しました。当然の提案でした。ところが、これに反対したのは医学関係の第七部に属する戸田正三、木村廉でした。戸田、木村は京都大学医学部の教授で石井を指導した教官であり、侵略戦争当時は七三一部隊の技術者を送り込んだ張本人だったことはよく知られています。その反対理由として「現在日本では戦争を放棄しているのであるから、戦時に問題になる条約を批准するのは筋違い。」「四〇年前に解決している問題であって、実用にならないものに苦労するはずがない。」などと述べています。七三一部隊の犯罪を反省するどころか、それがアメリカ軍によって免罪されたことを正当化した発言でもあります。

薬害エイズの原因となった血液製剤は製薬五社(ミドリ十字、日本臓器製薬、バイエル薬品、バクスター、化学血清療法研究所)によって供給されたものです。この中で最初に非加熱製剤の輸入を申請したのはミドリ十字です。おそらく製薬五社の中で主導的役割を果たしてきたのでしょう。このことから薬害エイズを発生させた遠因は、今から六十年も前の七三一部隊の人間無視の思想にあるような気がします。

(民医連医療No285(1996年4月)52-53より転載)



薬害エイズと日本の医学者
http://www.ifnet.or.jp/~yoshiki/aids/unit731.html
CNNで世界を追う
http://www.melma.com/mag/05/m00075605/


※ 以下必読

薬害エイズと原発利権の人脈
http://ueno.cool.ne.jp/fujiwara/1.html







最終更新日  2004年09月22日 06時43分17秒
コメント(4) | コメントを書く

カレンダー

コメント新着

かめさん7699@ Re:天皇家の資産や収入について(08/23) 1つ意見と1つお願いです。天皇は自分が…
たつまき2998@ Re[1]:坂本龍馬はフリーメーソンに操られていた(11/07) ブラックホールから出たガス雲で 2014年中…
DAGA8307@ ブログ足跡つけます。 こんばんわ、HEAT1836さん、楽しい記事あ…
meilyohh@ 島田紳助 芸能界引退…暴力団との親密交際発覚 原因動画 島田紳助 芸能界引退…暴力団との親密交際…

お気に入りブログ

ブログは放置してお… New! alex99さん

7月 個人投資家向け… アズレインボウさん

認可までの1年3か月… 福禄太郎さん

【重要なお知らせ】F… 楽天ブログスタッフさん

第351回 配当増!? ス… ウォール街からさん

現代版攘夷論 アンレッドさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.