323233 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

月水金

PR

Profile


day_diamond

Freepage List

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2007.06.25
XML
カテゴリ:映画
誘拐物のはらはらドキドキ映画です。


わりと楽しめたので、

お気に入り度は

☆☆☆+

ぐらいでしょうか。



はらはらドキドキはいいのだけど、誘拐という題材自体が深刻すぎて、最初から最後までそれをやられると、観てるとちょっとしんどくなってきます。

犯人の性格の設定もなんか中途半端だし整合性がないかんじしますし、ストーリーもあんまり深くないですし、一部筋がとおってないところも。

最後のほうは、なんかやたらゴチャゴチャしていまひとつ。


すごいと思ったのは、子役のダコタ・ファニング。主役級の犯人たちと両親の演技を全部喰っちゃうぐらいの上手さで、さすがハリウッドの子役は、日本の子役と比べて、メジャーリーグ級と草野球の差があります。子役のころは可愛い顔してても、大人になると・・・というのは、よくあるパターンですが、あの演技力なら、普通の顔にさえなれば大物女優になることは間違いないでしょうね。ジョディ・フォスターなみだと思われます。


シャーリーズ・セロンは、演技力も一流ですが、非の打ちどころのない美女で、大したもんです。

ケヴィン・ベーコンはにくにくしい犯罪者を完璧に演じています。







映画の記録









Last updated  2007.06.25 06:12:08
[映画] カテゴリの最新記事

Recent Posts

Shopping List

Calendar

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.