3794246 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

内と外、そして上と下 New! 七詩さん

「蜻蛉(かげろう)日… New! Photo USMさん

『三つの鏡』2 New! Mドングリさん

『古代アンデス文明… New! マックス爺さん

韓国旅行2018春&初… New! suzu1318さん

カレンダー

2005年10月15日
XML
テーマ:本日の1冊(2861)
『ヒトラー最期の12日間』
ヨアヒム・フェスト著
 鈴木直訳
 岩波書店
映画『ヒトラー最期の12日間』にはヒトラーの二つの印象的な台詞がある。幹部が『若者が次々に死んでいます。』と告げられて『それは彼らの義務だろう』と平然と応える。あるいは地上では市民が爆撃で大変なのだと告げられて『私は彼らに涙しない。彼らが(私を)選んだのだ。自業自得だ。」と応えるところである。この映画は歴史にかなり忠実に創られたのだということを聞いている。そうだとするとこの台詞も記録に残っているのだろうか。私はこの本を読むときまずそのことに注目した。

この本の著者は、戦後一貫してヒトラーの人物像を追い求めてきた歴史家であり、またドイツのヒトラー像は長い間「悪魔化するか、けなしてまともに扱わないか」だったののに対して『脱悪魔化』を早くから唱えていた。そしてこういう映画で出来るのに60年を要したのである。ドイツでさえ、そうであったのだ。ましてや、ほとんど天皇の実態に対して実証的研究が出来ていない日本の場合(つまりドイツと比べて証言があまりにも少ない)、このような映画が出来る可能性は皆無に近いだろう。

さて、上記二つの台詞に関しては1941年外国人記者にヒトラーはこのようにいっている。『自らの生存のために血を流すだけの』『強さも犠牲的精神も、もはや持ち合わせていないのであれば』ドイツ民族など『滅び抹殺されてしかるべきだ』私はそのようなものに『涙しようとは思わない』

『自業自得だ』といったのは宣伝相ゲッペルスである。1945年4月21日。彼の部下であるハンス・フリッチ部長はいう。『国民が示してきた忠誠、信念、献身的態度は無視してはなりません。』ゲッペルスは怒りながらいう。『われわれはドイツ国民に無理強いをしてきたわけではない。同じように私はいかなる人間に対しても、自分の部下になるように無理強いした覚えはない。国民が自分のほうからわれわれに委任したのだ。…つまりは自業自得ということだ。』しかしこの言葉は上記ヒトラーの言葉と合わせるとほとんど同じ考え方だったといっていいだろう。『彼らの義務だろう』といったのは映画的創作だったのかもしれない。しかしどこかでそういってもおかしくはない。そういう狂気があの地下壕では沈殿していた。

ヒムラーもゲーリングもゲッペルスはもちろんのこと、このヒトラーに対して盲目的服従をしていく。本を読むと、ベルリン陥落の直前に彼らが敗北を意識したのではなく、何年も前から頭にあったことが分かる。しかし彼らは次々と墓穴を掘っていく。ヒトラーの狂気に引きずられていく。いや、彼ら自身が狂気になっていくのか。いや、狂気という言葉で片付けてはいけない。歴史上の人間の科学的研究はまだこれから行われていくのだろう。






最終更新日  2005年10月15日 12時19分57秒
コメント(1) | コメントを書く
[読書(ノンフィクション)] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:「弥生のマツリを探る」展(09/24) narcisse7さんへ ホントにその通りですね…
narcisse7@ Re:「弥生のマツリを探る」展(09/24) 考古学の秋になってきましたね。 「マツ…
KUMA0504@ Re[1]:池澤先生に物申す「物語の喪失」(09/19) omachiさんへ 小説を一生懸命に書いたの…
omachi@ Re:池澤先生に物申す「物語の喪失」(09/19) 池澤夏樹のキトラボックスをお読みなら、…
KUMA0504@ Re:東京を他国の出撃基地にするな「平和新聞9月5日号」(09/14) Mドングリさん。こんにちは。 軍隊は住民…
Mドングリ@ Re:東京を他国の出撃基地にするな「平和新聞9月5日号」(09/14) おはようございます。 米軍もオスプレイの…
KUMA0504@ Re[1]:青春18切符の旅2-2 弥生文化博物館(08/29) Mドングリさんへ 私の物忘れ防止覚書にお…
Mドングリ@ Re:青春18切符の旅2-2 弥生文化博物館(08/29) こんにちは♪ 内容の充実したレポートなの…
KUMA0504@ Re[1]:文学日記(21)「日本霊異記」(08/17) 七詩さんへ 私が思うに、霊異記は広く大衆…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.