3237868 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

こまつ座「きらめく… New! 七詩さん

『完全無敵の老人学… New! Mドングリさん

ハチドリな夢 me gu… New! convientoさん

真相はどこに・・ New! マックス爺さん

韓国旅行2017秋旅1… New! suzu1318さん

カレンダー

2006年01月12日
XML
カテゴリ:邦画(05・06)
日本インターネット映画大賞」よりお誘いのTBを頂いた。既に「私の2005年ベスト10」はエントリーを済ませていて重なるところはある。が、しかしそこはリンクで誤魔化せるので簡単に参加させてもらう。

この映画大賞はニフティの旧映画フォーラムから発生したものだ。私はこの映画フォーラムで鍛えられた。私が参加したのはたった5年ぐらいだったけれども、しかもあまり参加できていなかったけど、日本には年間100作以上映画を観る人はざらにいるのだということを初めて知り、自分の映画の見方がいかに表層的であったかということも初めて知った。感謝している。旧フォーラムは去年二月に閉じられた。そして私はブログという新しいツールをえた。(まるで何年も前のことのように感じる。)旧フォーラムは会員用に閉じられた巨大な掲示板空間であった。ある程度管理されているので、わりと突っ込んだ真剣なやり取りがされていた。ブログは開かれた空間である。TB&コメントという機能で、いままでのHPとも違い、積極的に広大なネットの世界に出て行くことが出来る。いいところもあり、悪いところもある。けれども拡散し始めたこのブログの世界は停滞することは暫くはしないだろう。今回の映画大賞がすべてのブログにも呼びかけているのは当然である。

去年フォーラムが閉じた時点で私の発言は全てデジタル的に消滅したのだと思っていた。そしたらいまHPを見ると映画大賞の私の去年のコメントが残っていた。(私の過去のハンドルネームはもりのくまさんでした。ちなみに考古学フォーラムでは森の熊)こういう形で残る発言もあるのだ。なんかものすごく嬉しい。簡単に済ませると書きながら長々と書いてしまった。

以下が本論である

『日本インターネット映画大賞 投票フォーマット 』
 投票部門 (外国映画)
【作品賞】(5本以上10本まで)
  「エレニの旅」       10点
  「ヒトラー最期の12日間」   6点
  「ミリオンダラーベイビー」  4点
  「子猫をお願い」       2点
  「サイドウェイ」       2点
  「スターウォーズep3」    2点
  「大統領の理髪師」      2点
  「クローサー」        2点
【コメント】「私の2005年映画ベスト10」参照。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】          作品名
   [アンゲロプロス] (「エレニの旅」)
【コメント】何をかいわんや
【主演男優賞】
   [クリントイーストウッド] (「ミリオンダラーベイビー」)
【コメント】アカデミー監督賞、作品賞もとった。男優賞はこれ以上はもうだめといわれたのでしょうが、正直今年ブルーノ・ガンツとならなんですごい演技だった。
【主演女優賞】
   [ナタリー・ポートマン] (「クローサー」「スターウォーズ」)
【コメント】ええ、ファンですとも。だから彼女の作品はすべて見ている。今迄で「クローサー」が最高の演技でした。
【助演男優賞】
   [クライヴ・オーウェン] (「クローサー」)
【コメント】あんまり目だってすごい人がいない中で、目立っていました。
【助演女優賞】
   [不在] (「        」)
【新人賞】
   [不在] (「        」)


『日本インターネット映画大賞 投票フォーマット 』

 投票部門(日本映画)

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「パッチギ!」     10点
  「リンダ、リンダ、リンダ」  6点
  「妖怪大戦争」       4点
  「理由」           2点
  「フライ・ダディ・フライ」  2点
  「ALWAYS/三丁目の夕日」    2点
  「さらならCOLOR」     2点
  「男たちの大和」       2点
【コメント】「私の2005年映画ベスト10」参照
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】     作品名
   [井筒和幸] (「パッチギ!」)
【コメント】無名の俳優を使ってここまでのものをつくるとは見直した
【主演男優賞】
   [堤真一] (「フライダディフライ」)
【コメント】「三丁目の夕日」等多くの作品に出て、全て役つくりをしている。今年、彼は演技派になった。
【主演女優賞】
   [薬師丸ひろ子] (「レイクサイドマーダーケース」)
【コメント】「三丁目」の彼女も良かったが、こっちの彼女には色気を感じた。
【助演男優賞】
   [仲代達也] (「男たちの大和」)
【コメント】彼の出番は「余分」ではない。まさにこの映画の真髄そのもの。わざわざむくんだ顔になって、素晴らしい役つくり。
【助演女優賞】
   [香椎由宇] (「リンダ、リンダ、リンダ」)
【コメント】「ローレライ」の彼女はいただけなかったが、こっちはすくっとした立ち姿が絵になった。可能性を感じる。
【新人賞】
   [沢尻エリカ] (「パッチギ!」「問題のない私たち」)
【コメント】今年突然四本の映画に出て、全て違う役をやりきった。もっとも可能性を感じる新人である。









最終更新日  2006年01月13日 11時37分15秒
コメント(5) | コメントを書く
[邦画(05・06)] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

あがるま@ Re:未曾有の危機の中で加藤周一に学ぶ(04/23) 日本人の昔からの一番の欠陥は反省といふ…
KUMA0504@ Re[3]:「マスカレードホテル」映画化決定はされたが(11/11) ももたろうサブライさんへ 話は、連続殺…
KUMA0504@ Re[1]:「マスカレードホテル」映画化決定はされたが(11/11) ももたろうサブライさんへ ですよね。現…
KUMA0504@ Re[1]:こうの史代挿絵で甦る「荒神絵巻」(11/05) ももたろうサブライさんへ 連載時に読ん…
ももたろうサブライ@ Re:こうの史代挿絵で甦る「荒神絵巻」(11/05) 挿絵はイメージを誘導するので賛否が分か…
KUMA0504@ Re[1]:「枕草子・方丈記・徒然草」1000年前に随筆は頂点に(11/04) 嫌好法師さんへ Amazonなどのレビューを…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.