3477003 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

残り少ない青春時代… New! Photo USMさん

『近くて遠い中国語… New! Mドングリさん

西郷どん、気張れ~… New! マックス爺さん

ユダヤ問題のポイン… New! lalameansさん

愛燻し吐く人 New! Maryam F Dさん

カレンダー

2006年04月23日
XML
カテゴリ:共謀罪

監督 : ジェイムズ・マクティーグ 出演 : ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィービング、ジョン・ハート
0604001.jpg
初日に観ました。何の事前知識もなかったのですが、ナタリー・ポートマンのファンとしては当然の行為です。(私は岡山に来なかった一作品を除いて、13作品全てを映画館で見ている。)いやあ、素晴らしい。美しい。あのいがぐり頭をなぜてしまいたい。あの長いまつげに触りたい。

……というミーハーな感想を書くのはここまで。実は今回は、いままでの私の映画評の原則を曲げて、現代日本の政治的課題について「訴え」をしたい。この映画に関係していると思うからである。TBされて不快なら削除、無視してください。反論は歓迎します。関心を持ってくれるということだから。

アメリカ合衆国さえ植民地と化した第三次大戦後の世界。そこに描き出されるのは、容赦なきもうひとつの未来。移住者、異教徒、同性愛者、活動家、不治の病人などあらゆる異端者が排除され、外出禁止令、検問、そして監視カメラが守りを固めるファシズム国家となったイギリスに出現した仮面の男、コードネーム「V」。これが映画の設定だ。あとは空想的革命家と、ひとりの女性の「目覚め」の話になるわけである。

現代アメリカへの屈折した思いが伝わってくる作品である。第三次世界大戦を起こし破れて英国によって植民地化された米国は、「薬をほしい」と申し出るが、「テレビの顔」は「そんなモンやる必要ない」と侮蔑する。あるゆる情報が「終身議長」の統制下に置かれ、ほとんどの国民はメディアの情報を諦めを持って「信じていない」。でも誰も文句を言わない。自警団が夜をうろついているように、何処にスパイが居るか分からない。盗聴なんてし放題だから、盗聴「警報」機械もちゃんと開発されている。

ウソのような未来社会だろうか。日本には関係ないだろうか。

ウソのようだが、これよりももっと生々しく、現実的な「現代の治安維持法」というべき「共謀罪」という法案が、来週にも衆院を通ろうとしている。昨日もっともっとメールを!『共謀罪、審議入り』という記事をかいたところ、哲0701さんより「萎縮社会とは実に的確な表現です。これは格差社会などよりはるかに恐るべき社会です。「V・フォー・ヴェンデッタ」では独裁管理社会が舞台ですが、現実の方がはるかに進んでいます」というコメントを頂いた。これに励まされて私もみんなに訴えたい。

ちょっと映画の企画的にシノプスだけ書くと、例えば、大企業と政治家の贈収賄を突き止めた個人がたった三人でその陰謀を阻止しようと立ち上がるとする。実は、そのうち一人は大企業の声がかかったスパイであった。かれはほか二人に、重要な書類を盗んでマスコミにばらそうと相談する。ほかの二人はいったん承知するが、やはり大衆団交にもっていくことにする。ところが、そこで警察に捕まるのである。スパイが、前段階だけの「共謀」テープを証拠として自首したのである。スパイは自首したことにより、刑が軽くなり、大会社に優遇的に雇い入れられる。……このような「トロイの木馬」的冤罪が可能なのだ。何しろ、対象犯罪は「長期4年以上の懲役、または禁錮」の刑のみ。対象犯罪の数は600以上。殺人はおろか、消費税法、相続税法、道交法まで対象になる。今回審議再開に当たって、「対象を(暴力団などの)組織的犯罪集団に限ることを明記」「客観的な準備行為を要件に加える」などの修正案が出ているようであるが、「共謀罪ってなんだ」に書かれているように、どれも定義があいまいであって、「歯止め」にはならないだろうと思われます。

現代は既にいたるところに監視カメラが張り付いていて、すでに監視社会に入っているし、盗聴法もすでに成立していて、この法案が通れば、この「共謀」行為に対する盗聴もすぐに始まるでしょう。恐ろしいのは、映画には描かれていないけど、こういう社会になれば、まだ法に触れない「当たり前のこと」をしゃべるのもするのも、「萎縮して」何も出来ないような社会になることです。

そういう社会になるのかどうか、その岐路に今現在日本は立っている。

ぜひ、テレビに電話、新聞にメール議員にメールをして欲しい。集会に参加し、署名して欲しい。出来ることをして欲しい。








最終更新日  2006年05月03日 10時04分55秒
コメント(30) | コメントを書く
[共謀罪] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:今月の映画評「沈黙‐サイレンス‐」(04/18) 象さん123さんへ コメントありがとうご…
象さん123@ Re:今月の映画評「沈黙‐サイレンス‐」(04/18) 遠藤周作の生涯をかけた力作ですね。本が…
KUMA0504@ Re[1]:熊山遺跡と操山古墳群を再訪(04/07) suzu1318さんへ こちらこそお世話になりま…
suzu1318@ Re:熊山遺跡と操山古墳群を再訪(04/07) 車出し&案内役を、ありがと~!! 見たブ…
KUMA0504@ Re[1]:文学日記(11)「治療塔」大江健三郎(03/30) まろ0301さんへ わたしなんかは、35年間ず…
まろ0301@ 『万延元年の』  大江氏の作品は、初期のものからずっと…
KUMA0504@ Re:護憲派の課題 3000万人署名(03/16)で わたしの父親は、戦場に行っていない。そ…
narcisse7@ Re:護憲派の課題 3000万人署名(03/16) どうも。こんばんわ。 「彼らの生身の戦争…
KUMA0504@ Re[1]:「全現代語訳 解体新書」新しい夜明けを準備した本(02/27) omachiさんへ ざっと読ませていただきま…
omachi@ Re:「全現代語訳 解体新書」新しい夜明けを準備した本(02/27) 歴史探偵の気分になれるウェブ小説「北円…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.