4950001 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

日中海上決戦 New! Mドングリさん

神が戦い人も戦った… New! マックス爺さん

キム・ギドク「人間… New! シマクマ君さん

日本人全員に接種さ… New! lalameansさん

インド飲み New! はんらさん

カレンダー

2006年05月29日
XML
カテゴリ:邦画(05・06)
監督・脚色:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子

私は「下妻物語」の中島監督を愛している。だから今回はあえて苦言を呈したい。
「シカゴ」を真似たミュージカル、原色、ソフトフォーカスを多用した回想場面と現実場面との対比、等々技術的に前回を超えたところを見せたかったのかもしれないが、すべて「すべっている」。現在邦画は新人監督に優しい。前回の好評を受けて、今回は非常に盛大なプロモーションがあった。おかげで、初日の入りはすごいものがあった。しかし、監督はさすがに万人受けするものは作らなかった(それはいい)。一方玄人受けもこれなら合格点は難しい。確かに一人の女の一生を回想形式で一挙に見せるのだから、一つ一つのエピソードにあまり時間を掛けることができないのは当たり前ではある。小説なら、セリフさえしっかりしていれば、描かれていないところは想像で補えるかもしれない。でも映画だとそうは行かない。結局一つ一つのエピソードでいくら中谷美紀が力演しても、男たちの行動が上滑りしているので、説得力がないのである。私は中島監督を愛している。次回を期待するとしか言いようがない。

この映画で言いたいことは、わかりやすい。愛とは何ぞや。これだけである。家族の愛。嫌われても嫌われても、愛されている。恋人への愛。愛しても、愛しても、相手の気持ちがわからないすれ違いの人生。まさしく、愛と憎しみは紙一重ではある。特に家族への愛情というものはそういうものだろう。






最終更新日  2006年05月29日 09時00分36秒
コメント(3) | コメントを書く
[邦画(05・06)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[3]:「七帝柔道記」のあり得ない練習量(08/06) New! 象さん123さんへ ありがとうございまし…
象さん123@ Re[2]:「七帝柔道記」のあり得ない練習量(08/06) New! KUMA0504さんへ 我々は著者よりずっと先輩…
KUMA0504@ Re[1]:「七帝柔道記」のあり得ない練習量(08/06) 象さん123さんへ えっ?そうなんですか…
象さん123@ Re:「七帝柔道記」のあり得ない練習量(08/06) 私も読みました。ものすごい世界ですね。…
しずく@ Re:平安時代版「半沢直樹」かな「泣くな道真 太宰府の詩」(07/31) 先日のコメントはタブレットで失礼しまし…
KUMA0504@ Re[1]:高精細画像で甦る150年前の幕末・明治初期日本(07/22) ポンボさんへ すみません、忙しくて見れま…
ポンボ@ Re:高精細画像で甦る150年前の幕末・明治初期日本(07/22) テーマと無関係でごめんなさい。 間に合う…
KUMA0504@ Re[1]:「万葉学者、墓をしまい母を送る」と感じた愛情と畏怖(07/17) 象さん123さんへ ありがとうございます…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.