4582428 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

図書館予約の軌跡209 New! Mドングリさん

「2004年《書物》の… New! シマクマ君さん

老前整理:年末買っ… New! 天地 はるなさん

遺物が語るもの(3) New! マックス爺さん

映画「鎌倉物語」 New! 七詩さん

カレンダー

2006年06月13日
XML
カテゴリ:邦画(05・06)
監督:是枝裕和 出演:岡田准一、宮沢りえ、古田新太、國村準、中村嘉葎雄、浅野忠信、原田芳雄、香川照之、田畑智子、上島竜平、千原靖史、木村祐一、加瀬亮、平泉成、絵沢萠子、夏川結衣、寺島進、石橋蓮司、

あだ討ちは必ずしも「恨みを晴らす」行為ではない。米を作る百姓、米を売る商人に対し、何も生産しない武士が「義」つまり「我は美しい」ということを示すための、社会的な示威行為としてのいわば「価値観の生産」行為なのである。(という言い方も出来るかもしれない。)

あだ討ちのため長期出向している青木宗左衛門は剣は弱いし、とっくの昔に見つけていたあだ討ち相手には家族があるしで、あだ討ちする気がうせていた。

さて、日本人はイスラエルやパレスチナ、あるいはアメリカ帝国と比べると、「憎しみの連鎖」からは遠く離れている。けれども日本人には「世間体」がある。しかも「経済」までくっついてくるから、あだ討ちから逃げれない、と思っている。無責任な世間様はちょっとした「噂」にも過剰反応するし。(監督が現代日本の状況を憂えて作っているのは、もう誰が見ても明らかである。)

にっちもさっち行かなくなったとき、青木宗左衛門がとった手段とは……

「桜は散り際が美しい。だけど、孫さんが言っていたように、来年も咲くことがわかっているから、美しいと感じるのよ。」「私は嘘っぱちを奨励したのではないか……」と悩む宗左に、宮沢りえはそのように、優しく慰める。あだ討ちは観客がいてこそ、あだ討ちなのだ。「美しい物語」を作ることは罪ではない。その考えからは「寝込みを襲うようなテロリズム」は広がらない。「忠臣蔵」は美しい物語になる。陣太鼓は雪の降る12月14日の朝方にのみ鳴らされる。

木村祐一か古田新太に助演男優賞を!

監督の願いは私には届いた。でも、みんなには届くだろうか。

残念なのは、美術。がんばっているのだが、私はおもっいっきりリアルにつくってしまったほうが良いと思う。セットでつくりました、という映像の狙いはわかる。落語みたいな寓話を作りたかったのかもしれない。でも「貧困」がチープに感じる。貧困の場面ももっと深刻に描いても良かったのではないだろうか。その方が最後の場面で開放感を得られる。私のイメージは山中貞夫監督の「人情紙風船」。面白おかしく、やがて哀しい紙風船。あの長屋のセットは本当にリアルだった。まあ、あんな作品つくれ、というほうが無理か。






最終更新日  2006年06月13日 22時36分32秒
コメント(14) | コメントを書く
[邦画(05・06)] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:2019年12月に観た映画C(01/17) はんらさんへ なるほど。映画の最後で、ま…
はんら@ Re:2019年12月に観た映画C(01/17) IMFの時代にも私は韓国で暮らしていました…
KUMA0504@ Re[1]:2019年12月に観た映画B(01/15) はんらさんへ 韓国でヒットしてるんだ! …
はんら@ Re:2019年12月に観た映画B(01/15) こんにちは~ 「アナと雪の女王2」は韓国…
KUMA0504@ Re[1]:謹賀新年(01/01) 嫌好法師さんへ 明けましておめでとうござ…
嫌好法師@ Re:謹賀新年(01/01) 遅くなりましたが、新年あけましておめで…
KUMA0504@ Re[1]:伯母の「ひとり暮しの戦後史」(12/03) 七詩さんへ おっしゃる通りです。ロスジェ…
七詩@ Re:伯母の「ひとり暮しの戦後史」(12/03) ずっと昔に読んだことがあります。オール…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.