5748755 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

X

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

徘徊2021年10月12日… New! シマクマ君さん

終結へ New! マックス爺さん

まさに、ジェノサイ… New! lalameansさん

カササギが渡した天… New! Photo USMさん

禰豆子 かばん New! はんらさん

カレンダー

2006年06月21日
XML
カテゴリ:邦画(05・06)
監督:塙幸成  出演:宮崎あおい、小出恵介、宮崎将、小嶺麗奈、柄本佑

1968年の年の暮れに起こった三億円事件の真相を語る映画。50代の人にはたまらない映画だろう。「あの時、俺はどこで何をしていたのだろう……」そんなことを必ず突きつけてくる作品である。

それ以外の世代が見ると、どうなるのだろう。北九州市がロケ地になったみたいだが、60年代の東京の再現には成功しているように思える。みすずのつぎつぎと変わる60年代ファッションも堪能できる。そして「都会風」で突っ張っているけど、キス一つしないなんとも古風な「初恋」を見守る。そうなんですよ。昔はこんな恋ばっかりだったんですよ。うんうん(^^;)

ただひとつ、いちゃもんつけるとしたらみすずが岸の詩を見つけるのが遅すぎる。普通は本箱にそろえた段階ですぐ見つけるでしょう。それが恋っていうモンですよ。うんうん。

三億円事件の本当の目的が語られる。いわれてみれば、(ネタバラシはしないが)そういう使い方もアリかな、と思う。「角棒や投石をいくらしたって、権力にとっては痛くもかゆくもないんだ。俺は頭で勝負する。」警察幹部の息子で東大生で、過去学生運動をして屈辱を味わった経験のある岸はそう呟く。

昔日は、権力と自分との関係について学生はまるで宿題のように一所懸命考えていた。今はどれくらいの人がどのくらい考えているのだろう。決して宿題の材料は古くなってはいないと思うのだけど。

エンドロールで「協力」(だったかな)に「文化庁」とあったのには驚いた。まさか全てカタがついているから政府のお墨付きを貰ったわけではない、とは思うのだが。

宮崎あおいは「さすが」としかいえないような演技だった。さすがベテラン俳優である。童顔の彼女がこの役をやるからこそ映える。実力的には、現代俳優で彼女以外にはやり得ない。宮崎将は「ユリイカ」以来の出演です。すっかり見違えた。うんうん、なかなかいい男になっている。でもやっぱり妹に食われちゃったね。








最終更新日  2006年06月21日 09時08分39秒
コメント(4) | コメントを書く
[邦画(05・06)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:今月の映画評「82年生まれ、キム・ジヨン」(10/17) はんらさんへ なるほど、ちょっと恵まれす…
はんら@ Re:今月の映画評「82年生まれ、キム・ジヨン」(10/17) わ! その一言、気になります! 私は原作…
KUMA0504@ Re[1]:それがどんなに貴重な経験だったのか 「夜のピクニック」(10/16) はんらさんへ レビュー欄には「高校生は…
KUMA0504@ Re[1]:9月に観た映画B(10/08) はんらさんへ こんにちは。 震度3で崩壊…
はんら@ Re:9月に観た映画B(10/08) 「白頭山」は映画館で見ました。 韓国の映…
KUMA0504@ Re[2]:治安維持法物語「アンブレイカブル」(09/29) ポンボさんへ 中国もやっていますが、日本…
KUMA0504@ Re[1]:治安維持法物語「アンブレイカブル」(09/29) 七詩さんへ >コロナ禍を契機に憲法改正を…
ポンボ@ Re:治安維持法物語「アンブレイカブル」(09/29) 人間の暗部に潜む? 昔日本、今中国、明日…
七詩@ Re:治安維持法物語「アンブレイカブル」(09/29) 戦前の特高の拷問部屋など記念として残し…

バックナンバー


© Rakuten Group, Inc.