4162432 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

久々のBスポット治療 New! lalameansさん

夜明け前講座 第五… New! 薔薇豪城さん

図書館大好き379 New! Mドングリさん

武器見本市反対! New! hiryu4398さん

「蜻蛉(かげろう)日… New! Photo USMさん

カレンダー

2006年07月28日
XML
カテゴリ:邦画(05・06)
片想い映画というのは、全世界で年何本も作られる。三角関係になったりなんかすると、仏映画「冒険者たち」「歓楽通り」のようにたいていは悲劇で終わるだろう。

監督 : 高田雅博
出演 : 櫻井翔 、 蒼井優 、 伊勢谷友介 、 加瀬亮 、 関めぐみ

この映画はそんな片想い映画にはならなかった。
彼らは美大生だ。美大の世界が延々と描かれる。梁山泊のような下宿、突出した才能に対する尊敬と諦め(嫉妬と憎しみが無いのが異様)、バイトと将来への微かな不安。けれども彼らの人生はこれからだ。彼らもそれは自覚している。だから悲劇には突き進まない。確かに現実の片想いというのはこんなものなのかもしれない。

……でもね、それで彼らはお互いよく理解したのだろうか。貴重な青春の日々、悔いの無い様に生きたというようになっているのだろうか。櫻井君の気持の落ち着かせ処はあれはあれでまあいいとして、ほかの登場人物はあれでいいの?これは群像劇ではなかったの?

何に不満かというと、映画で描かれる絵・彫刻が良くない。ここには思いっきり金を注ぎ込んで欲しかった。あれで若き才能がほと走る絵なのだろうか。なんかどこかの詩の雑誌の背景画の様にしか見えなかった。あそこに説得力が無いものだからすべてが嘘っぱちのように感じる。

俳優たちはそれぞれ役に成り切って頑張っていると思う。蒼井優はこれしかありえないというような声と演技でピュアな少女になっていたし、関めぐみは写真からは想像がつかないような存在感があった。彼女は最近の映画で引っ張りダコだ。これからが楽しみな女優ではある。






最終更新日  2006年07月28日 09時04分45秒
コメント(9) | コメントを書く
[邦画(05・06)] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:今月の映画評「葛城事件」(06/16) New! ももたろうサブライさんへ この映画の前は…
ももたろうサブライ@ Re:今月の映画評「葛城事件」(06/16) New! 新井浩文と言えば、「松ヶ根乱射事件」の…
KUMA0504@ Re[3]:藤沢周平のデビュー奇跡の一年「無用の隠密」(06/14) ももたろうサブライさんへ むしろ腕のいい…
KUMA0504@ Re[1]:藤沢周平のデビュー奇跡の一年「無用の隠密」(06/14) ももたろうサブライさんへ 本の中では、「…
KUMA0504@ Re[1]:ビッグイシュー360号(06/12) まろ0301さんへ 東さんは、私と同学年でし…
まろ0301@ Re:ビッグイシュー360号(06/12) 偶然ですが、私も手に入れました。売り手…
KUMA0504@ Re[1]:佐藤優初読み「調べる技術書く技術」(06/02) ももたろうサブライさんへ そうなんですよ…
ももたろうサブライ@ Re:佐藤優初読み「調べる技術書く技術」(06/02) ニュースサイトは要注意というか眉に唾つ…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.