3797711 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

『地球全史の歩き方… New! Mドングリさん

ロンドン観光:セン… New! 天地 はるなさん

いざ生きめやも(2) New! マックス爺さん

麦のカフェ CEBADA… New! langit_lalalaさん

紹介したいブログ記事 New! lalameansさん

カレンダー

2007年08月20日
XML
カテゴリ:洋画(07)
「女を殺す男は醜いが、男を殺す女は美しい」
ということを誰が言ったか、というと
私がでっち上げました。すみません。
1001600_01.jpg
監督 : ペドロ・アルモドバル
出演 : ペネロペ・クルス 、 カルメン・マウラ 、 ロラ・ドゥエニャス 、 ブランカ・ポルティージョ 、 チュス・ランプレアヴェ

女は、という言い方をすると反発する人もいるとは思うが、女はいったん腹が据わると、まるで掃除や引越しをするみたいに死体を片付けるし、結果的に絶妙な嘘をつく。もちろん警察が動き出したならば、すぐにばれる嘘ではあるが、彼女にはそもそも動機がないのでおそらくばれないだろう。信頼関係もあるし。
隣の男性に血のついた首筋を見られても、「女にはいろいろあるのよ」といって納得させてしまう!!男なら、計画殺人かプロの暗殺者でない限りは、あんなどうどうとした嘘はつけない。

犯罪映画ではあるが、決してサスペンスでもなければ、罪と罰の物語でもない。スペインの原色の夏、ペネロペ・クルスが時に母親、時に娘、時に女を絶妙に演じる。女は女の悲しみを知っているのだろう。慾と愛憎さえ絡まなければ、女は女を裏切らない。男の監督はそれをおそらく知ったのだろう。男にとって新鮮な女を描いている。後味は悪くない。月並みな言葉が残る。「女はこわい」(このこわいは、「饅頭こわい」のこわいです。)






最終更新日  2007年08月20日 22時49分46秒
コメント(10) | コメントを書く
[洋画(07)] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:「弥生のマツリを探る」展(09/24) narcisse7さんへ ホントにその通りですね…
narcisse7@ Re:「弥生のマツリを探る」展(09/24) 考古学の秋になってきましたね。 「マツ…
KUMA0504@ Re[1]:池澤先生に物申す「物語の喪失」(09/19) omachiさんへ 小説を一生懸命に書いたの…
omachi@ Re:池澤先生に物申す「物語の喪失」(09/19) 池澤夏樹のキトラボックスをお読みなら、…
KUMA0504@ Re:東京を他国の出撃基地にするな「平和新聞9月5日号」(09/14) Mドングリさん。こんにちは。 軍隊は住民…
Mドングリ@ Re:東京を他国の出撃基地にするな「平和新聞9月5日号」(09/14) おはようございます。 米軍もオスプレイの…
KUMA0504@ Re[1]:青春18切符の旅2-2 弥生文化博物館(08/29) Mドングリさんへ 私の物忘れ防止覚書にお…
Mドングリ@ Re:青春18切符の旅2-2 弥生文化博物館(08/29) こんにちは♪ 内容の充実したレポートなの…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.