4571839 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ジャズ・テナー・サ… New! lalameansさん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

日本語教室の受講生 New! はんらさん

バイト研修 New! Hiro Maryamさん

少子化対策は有害無益 New! 七詩さん

カレンダー

2007年11月09日
XML
カテゴリ:邦画(07)
「生き残ったひとは幸せにならんといかんのです。」
監督・脚本・VFX : 山崎貴
原作 : 西岸良平
出演 : 吉岡秀隆 、 堤真一 、 小雪 、 堀北真希 、 もたいまさこ 、 三浦友和 、 薬師丸ひろ子

前作「三丁目の夕日」の正統続編。前作は堤真一と吉岡秀隆、どちらが主人公か分らなかったが、今回は明確に吉岡秀隆の物語になっている。あまりにも予定調和だけれども、この映画に限っていえば、ハッピイエンドの「お約束」も悪くない。

オープニングの「ゴジラ」は、監督の「お金をたくさん貰ったらこんなのもやりたかった」みたいな夢を感じられてよかった。ラストタイトルに「VFX」とあったのは、監督の意地みたいなものなのかもしれない。

前作同様の小道具もたくさんあったけれども、日本橋、国際空港、トリスバー、一層式洗濯機、デリカシー、高速道路への空想、特急こだま、等々新しい小道具もたくさんあって、人物よりも画面の隅々が見どころになっていて楽しい。大画面で見る楽しみはそれである。

戦争がまだまだ人々の心に影をおろしているのは、鈴木のお父さんお母さんの同窓会や日本橋のシーンでも明らか。お父さんが酔いつぶれていたときの蛍が悲しい。

タダ、前作同様の頑張りなので、前作ほどのサプライズはない。それが、物足りないといえば物足りない。

前作は岡山県玉島通り町商店街がロケ地に選ばれていたけれど、今回は井原町とあった。これもお勧めのロケ地である。ここの商店街は本当にレトロ!しかもあまり寂れていない。






最終更新日  2007年11月10日 18時51分51秒
コメント(8) | コメントを書く
[邦画(07)] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:2019年12月に観た映画C(01/17) はんらさんへ なるほど。映画の最後で、ま…
はんら@ Re:2019年12月に観た映画C(01/17) IMFの時代にも私は韓国で暮らしていました…
KUMA0504@ Re[1]:2019年12月に観た映画B(01/15) はんらさんへ 韓国でヒットしてるんだ! …
はんら@ Re:2019年12月に観た映画B(01/15) こんにちは~ 「アナと雪の女王2」は韓国…
KUMA0504@ Re[1]:謹賀新年(01/01) 嫌好法師さんへ 明けましておめでとうござ…
嫌好法師@ Re:謹賀新年(01/01) 遅くなりましたが、新年あけましておめで…
KUMA0504@ Re[1]:伯母の「ひとり暮しの戦後史」(12/03) 七詩さんへ おっしゃる通りです。ロスジェ…
七詩@ Re:伯母の「ひとり暮しの戦後史」(12/03) ずっと昔に読んだことがあります。オール…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.