4694330 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

鴻上さんのエンタメ… New! Mドングリさん

誕生日 2020 New! はんらさん

大沢真幸「正義を考… New! シマクマ君さん

国境・時間と空間を… New! マックス爺さん

3月のおしゃれ手紙:… New! 天地 はるなさん

カレンダー

2008年06月14日
XML
カテゴリ:邦画(08)
「こいつがブリになるかは、まだだあれもわかっちゃいません。けれども、ブリになれた日にはこの男が三代目になると決めました。」
「男はつらいよ」「釣りバカ日誌」に続く松竹喜劇の三代目として期待を掛けられている本作。築地をうろうろする玄人まがいのお客よろしく、品定めに観てみた。
監督 : 松原信吾
原作 : はしもとみつお
出演 : 大沢たかお 、 田中麗奈 、 伊原剛志 、 森口瑤子 、 柄本明 、 伊東四朗

案外と楽しめる人情劇になっている。予想外に大沢たかおが、人が良くて、明るくて、舌だけは玄人びっくりと言う主人公をはまり役で演じている。田中麗奈が江戸っ子の娘でなおかつキャリアウーマンという役どころをすんなりと演じていて、それぞれの脇役も良くて、一番重要なキャラはきちんと立っている映画になった。

いわゆる人情劇である。佐野史郎がうまいこと商社のいやな上司を演じていて、大杉蓮と久しぶりの森下愛子がいい味を出していて、泣笑いという人情劇をきちんと出した。

しかし、あまりにもそつがなくて、脚本は予定調和で意外性がない。笑いを取ろうとしたところは見事に滑っていて、伊東四郎が言ったように、「こいつがブリになるかは、まだだあれもわかっちゃいません。」と言う状態である。

一応シリーズ化は認めてやろうと(えらそうに)思った。これから築地は石原都政の下で、豊洲への移転と言う「大事」が控えているのだが、それを映画でどのように描くのか、それでブリになったかどうか、決めていきたい。冒頭に築地の風景の中「2016年東京オリンピック」のポスターが貼られていたのは、気になるところではある。






最終更新日  2008年06月14日 23時28分24秒
コメント(2) | コメントを書く


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) ももたろうサブライさんへ 確かにはまり役…
ももたろうサブライ@ Re:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) 気まぐれでドラマを見始めた。シシドカフ…
abi.abi@ Re:「呪いの言葉の解きかた」呪いの言葉、その力の大きさ(02/16) お久しぶりです。 この本私も読みました。…
まっぴー@ Re:「小鳥の巣」解題(06/25) こんにちは。 萩尾望都さんの作品が好きで…
KUMA0504@ Re[1]:平和憲法の下で、戦争の訓練を許すな(02/12) ハンサムクン3714さんへ ご紹介ありがとう…
ハンサムクン3714@ Re:平和憲法の下で、戦争の訓練を許すな(02/12) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.