4700244 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

現実味をおびてきた… New! 七詩さん

2.26 と4.4 New! ポンボさん

図書館大好き429 New! Mドングリさん

桜が満開 New! はんらさん

北海道歳時記:月遅… New! 天地 はるなさん

カレンダー

2008年09月09日
XML
カテゴリ:邦画(08)
たぶん悪い映画ではない、とかってに予測していた。
だって監督・脚本 は「ジョゼと虎と魚たち(2003)」の犬童一心。
主演は「空中庭園(2005)」の小泉今日子 それに共演に最近成長著しい上野樹里 、「それでもボクはやってない 」「硫黄島からの手紙」の 加瀬亮 が出ているのだ。しかも原作は読んでないけど、大島弓子ときたもんだ。

見た結果、大島弓子の大ファンと、ネコの大ファンにはいい映画だったかもしれないが、イマイチな映画であった、と言わざるを得ない。いや、そういう言い方はよくない。特別なストーリーもないエッセイ映画ではあるのだけれども、そういうのは私には合わなかったようだ、と言ったほうが正確な気がする。

大島弓子ファンも、「四谷怪談」をまったく忘れていたら、せめてもう一度読み直して鑑賞に向かうことをお勧めします。確かに彼女の漫画には絵柄とは違う「深い何か」があるとは思う。けれども、それを映画の中で分かるようにしていない。大島弓子の絵がふんだんに出てくるのはうれしいのだけれども、監督はその一つ一つのコマに意味を持たせているということはわかるのだけれども、私は20年くらい前に見た漫画なので内容を忘れてしまっていた。麻子さん(大島弓子)を「天才漫画家」と書く解説にも違和感ありまくり。彼女は天才ではなくて、才能のある、数少ない少女マンガ家の一人にすぎない。天才の冠をかぶせることができるのは、手塚治虫一人だけです。猫も可愛いのだけれども、もう少しグーグーが活躍してくれるのだと思っていた。残念です。よってこの映画、辛口評価です。

でも漫画喫茶で彼女の作品にどっぷりつかりたくなったのも事実。






最終更新日  2008年09月09日 22時04分18秒
コメント(11) | コメントを書く


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) ももたろうサブライさんへ 確かにはまり役…
ももたろうサブライ@ Re:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) 気まぐれでドラマを見始めた。シシドカフ…
abi.abi@ Re:「呪いの言葉の解きかた」呪いの言葉、その力の大きさ(02/16) お久しぶりです。 この本私も読みました。…
まっぴー@ Re:「小鳥の巣」解題(06/25) こんにちは。 萩尾望都さんの作品が好きで…
KUMA0504@ Re[1]:平和憲法の下で、戦争の訓練を許すな(02/12) ハンサムクン3714さんへ ご紹介ありがとう…
ハンサムクン3714@ Re:平和憲法の下で、戦争の訓練を許すな(02/12) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.