5011724 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

コロナ奨学金 New! はんらさん

『サル化する世界』5 New! Mドングリさん

季節は足早に(3) New! マックス爺さん

週刊読書案内 藤原… New! シマクマ君さん

視力とkobo New! ポンボさん

カレンダー

2008年09月18日
XML
カテゴリ:邦画(08)
「私は泣くのは初めてだから……、涙を止めるにはどうすればいいんだ?」
「大貫さん、簡単です……」

001パコと魔法の絵本.jpg
監督・脚本 : 中島哲也
原作 : 後藤ひろひと
出演 : 役所広司 、 アヤカ・ウィルソン 、 妻夫木聡 、 土屋アンナ 、 阿部サダヲ 、 加瀬亮 、 小池栄子 、 劇団ひとり 、 山内圭哉 、上川隆也

一代で会社を作り、我侭放題に生きてきた大貫は、持病で入院していた。病院には、患者も医者も看護婦もクセのある者ばかりが集まっていた。その中で唯一、ピュアな心を持っていたのが、交通事故で入院した少女パコ。我侭な大貫だったが、パコの優しい心に打たれ、毎日、絵本を読み聞かせるように。しかし、事故の後遺症でパコの記憶が一日しか持たないと知った大貫は、パコのために絵本をお芝居にしようと病院の人々に呼びかける。(goo映画)

総天然色、おもちゃ箱映画になっているのは、この映画の大筋が絵本にまつわる話だから。けれども中島監督は、いつもこんな感じ。それがいいように落ちる時もあれば、滑る時もある。今回、最初の頃、上川隆也がまるで竹中直人のノリで出てきたときには、少し滑ったかな、と思った。ところが、濃い演技陣に辟易していたころに、今まで見たことのない美少女パコ(アヤカ・ウィルソン)が出てきて、天然ピュアな笑顔で「ゲロゲーロ」と言うものだから、そりゃ変くつの大貫さんだって「あの子の心の中にいたいんだ」と思うようになるでしょ。

芸達者ばっかりで、ある程度の化けぶりには予想がついていたのだが、上川隆也や小池栄子には度肝を抜かれた。彼らには敢闘賞をあげたい。

思いっきり濃い世界。笑いと泣き、それと少しの大人の世界。もう少し観客の乗りが良かったらよかったのだが、私一人で笑っていたのが残念だった。勝ち組の大貫が、やがて弱くてもいいんだ、ときがつく。その他いくつかの人間がこのままでいいんだと気がつく、そんな素敵な物語を内包しながら、ラストはそうかそうきたか、という展開。

私の中では「下妻物語」>「パコと魔法の絵本」>「嫌われ松子の一生」でした。

とはいえ、9月1日のテレビで放映しかけた映画「嫌われ松子の一生」は運命に嫌われて福田首相の辞任会見で吹っ飛んでしまッたんだっけ。と、ふと思い出してしまいました。その後の展開は、まるで漫画のように展開しています。きのうは岡山駅前で、3500人を集めて街頭演説をしていたらしいですが、「豚に口紅」NYタイムズが自民総裁選を酷評というように、やればやるほど墓穴を掘っていっているようです。一部報道では、人気のあるうちに総選挙をすることに決まった、日にちは10月26日だとか。‥‥‥そのときにはすべてが白日の下にさらけ出されてもうにっちもさっちも行かなくなっている気がしないでもないですが、どうせやるなら早くやるほうがいいですね。

みなさん、選挙には行きましょうね。

話がそれました。最後に涙を止める方法、それは「思いっきりなくこと」なんですって!






最終更新日  2008年09月19日 11時30分56秒
コメント(6) | コメントを書く


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:「四畳半神話体系」の続編が出た今夏(09/16) Mドングリさんへ 誤解なさってはないとは…
Mドングリ@ Re:「四畳半神話体系」の続編が出た今夏(09/16) 正方形のタペストリーのようなパラレル・…
KUMA0504@ Re[1]:ビッグイシュー388号(08/28) ポンボさんへ その作家さんの本をざっと観…
ポンボ@ Re:ビッグイシュー388号(08/28) 沖縄のマラリアの悲惨な話を、沖縄の中の…
KUMA0504@ Re[1]:迫りくるカタストロフィに私たちは耐え得るのか「第四間氷期」(08/18) まろ0301さんへ 殺人的な酷暑のなか、まろ…
KUMA0504@ Re[3]:「言葉はこうして生き残った」編集者はこうして書き残した(08/16) ポンボさんへ よく言っている意味がわから…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.