4209800 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

「更級(さらしな)… New! Photo USMさん

2019世界水泳選手権 … New! はんらさん

『シンギュラリティ… New! Mドングリさん

再読:みをつくし料… New! 天地 はるなさん

陳さんとの台湾一周… New! マックス爺さん

カレンダー

2008年09月29日
XML
カテゴリ:洋画(08)
兵器産業のトップが、実に簡単に「わが社の兵器が、若い兵士の命を奪った(のを見た)。もうわが社は兵器を作らない」と宣言する。やっぱり自分が命からがらの「体験」をするということは大切。

監督 : ジョン・ファヴロー
出演 : ロバート・ダウニー・JR. 、 テレンス・ハワード 、 ジェフ・ブリッジス 、 グウィネス・パルトロウ 、 ショーン・トーブ 、 ファラン・タヒール 、 レスリー・ビブ

今までのアメコミヒーローものは、ヒーローとは何か、正義とは何か、で悩むものが多かった。たまにまったく悩むことがない「ファンタスティック・フォー」なんかもあったが、その場合は彼らは何の疑問もなく「アメリカの正義」を体現する者たちであった。ところが、この主人公は悩まない。そもそも彼にはヒーローの自覚はない。おそらく。自らの会社の経営方針を修正したいというだけで動いた二代目のボンボン社長なのである。ひとつ違うのは天才的なメカニックであるために、たとえ今までの目玉商品を全部つぶしても新たな価値を彼自身が創造できるだろう、と想像できるところである。だからたぶん会社はつぶれない。彼は自由だ。目的はテロ組織に流用されている自社の兵器を壊すことだけ。それがともかく、「アメリカの敵」テロ組織へアメリカの産業が兵器を売っていたことへの強烈な皮肉にもなっている。

普通の人間が主人公で、機械をバージョンアップして相手をやっつけるという筋たては大変楽しいものだった。

ロバート・ダウニー・JRが能天気で才能がある二世駄目社長を見事に演じている。(彼の地?)。久しぶりのオスカー女優グウィネス・パルトロウがいい味を出している。

明るく反体制のヒーローものになるのか。実はまだよくわからない。彼はアメリカの兵器産業については自ら批判しているのだが、友人もいる米軍自体は敵に回してはいない。だからアフガン侵攻も基本的には賛成のように思う。2010年の続編は一体どうなるのか。それはこの秋の大統領選にかかっているのかもしれない。最初この記事の題名を「楽天的反体制映画「アイアンマン」」にしようと思ったのだが、それは楽天的すぎるかもしれない。次回を見て決めたいと思う。また、それとは別に、どうもマーベルコミック主人公総登場映画である「アベンジャーズ」(2011年予定)の主要登場人物にこのアイアンマンがなりそうだ、という情報も得ている。漫画の筋から言うと、その時はどうも体制側に彼は就任するらしい。この映画の評価は保留させてもらいたい。







最終更新日  2008年09月29日 18時21分08秒
コメント(2) | コメントを書く
[洋画(08)] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:芥川の評価「蜘蛛の糸・杜子春」(07/15) まろ0301さんへ ありがとございます。 読…
まろ0301@ Re:芥川の評価「蜘蛛の糸・杜子春」(07/15)  友人との読書会の次の作品が『阿部一族…
KUMA0504@ Re[1]:ビッグイシュー361号(07/01) 鎌倉の風さんへ 私も鴻上さんの著作も読ま…
鎌倉の風@ Re:ビッグイシュー361号(07/01) 千歳楽の記事に寄せられたコメントを拝読…
鎌倉の風@ Re:ビッグイシュー361号(07/01) これで2回目の投稿になります。 「ビッグ…
KUMA0504@ Re[1]:2019年ピースサンセット(06/29) まろ0301さんへ 今回初めて鮮明な写真を撮…
まろ0301@ Re:2019年ピースサンセット(06/29)  『悼みの列島』社会評論社、『土地の記…
KUMA0504@ Re[1]:今月の映画評「葛城事件」(06/16) ももたろうサブライさんへ この映画の前は…
ももたろうサブライ@ Re:今月の映画評「葛城事件」(06/16) 新井浩文と言えば、「松ヶ根乱射事件」の…
KUMA0504@ Re[3]:藤沢周平のデビュー奇跡の一年「無用の隠密」(06/14) ももたろうサブライさんへ むしろ腕のいい…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.