4705304 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

イタリアの感染者と… New! 七詩さん

天安でドライブスル… New! はんらさん

国境・時間と空間を… New! マックス爺さん

コロナ:のたをうっ… New! 天地 はるなさん

原泰久「キングダム… New! シマクマ君さん

カレンダー

2008年10月23日
XML
カテゴリ:洋画(08)
粗はありまくりの「巻き込まれ型」映画ではあるが、このような映画ができた背景を考えると、傑作としてではなく記録として残すべき映画だと思う。

監督 : D・J・カルーソー
製作総指揮・原案 : スティーヴン・スピルバーグ
出演 : シャイア・ラブーフ 、 ミシェル・モナハン 、 ロザリオ・ドーソン 、 ビリー・ボブ・ソーントン 、 イーサン・エンブリー

衛星画像から延々と個人の行動を監視する「エネミー・オブ・アメリカ」(1998)から、「ボーン・アルティメイタム」(2007)の手作業的全世界監視カメラ誘導システムへそしてこの「イーグル・アイ」(2008)では、ついにコンピューターによる全自動監視ネットワークをが作動されて、遠隔監視によって携帯は使い放題、作業機械も地下鉄も作動自由自在になってしまっている。

もちろん、これは映画的想像力で作られてはいるのであるが、今現在でも、たとえばgoogleのストリートビューではいろんな地域の静止画像が見放題、そこの地図では数年前の衛星画像ではあるが、場所によっては自宅まで特定できるまで近い写真が、「一般市民」でも自由に見られるまでになっている。当然上の人たちは「エネミー・オブ・アメリカ」程度のことは自由にできるのではないか、と想像できる。

9.11以降の「愛国者法」によってアメリカではFBIが認めれば監視カメラの二次利用は原則自由になった。そろそろ、次の大統領はあの法律の撤廃を考えるべきだろう。一度手に入れた権力は捨てないだろうとは思いつつ。






最終更新日  2008年10月24日 01時00分47秒
コメント(2) | コメントを書く
[洋画(08)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

はんら@ Re:図書2020年4月号(04/04) New! 「アイ」と「こい」についてはとても興味…
KUMA0504@ Re[1]:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) ももたろうサブライさんへ 確かにはまり役…
ももたろうサブライ@ Re:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) 気まぐれでドラマを見始めた。シシドカフ…
abi.abi@ Re:「呪いの言葉の解きかた」呪いの言葉、その力の大きさ(02/16) お久しぶりです。 この本私も読みました。…
まっぴー@ Re:「小鳥の巣」解題(06/25) こんにちは。 萩尾望都さんの作品が好きで…
KUMA0504@ Re[1]:平和憲法の下で、戦争の訓練を許すな(02/12) ハンサムクン3714さんへ ご紹介ありがとう…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.