4803200 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

個室の夢 New! はんらさん

(科学)魚類の化石… New! Mドングリさん

リラ冷えの日 New! マックス爺さん

昔語り:読書の思い出 New! 天地 はるなさん

アニエス・ヴァルダ… New! シマクマ君さん

カレンダー

2008年12月01日
XML
カテゴリ:洋画(08)
「みんなを殺さないで!」
「ボクの物語だ」
「二人のよ!」

監督・製作・脚本 : ターセム
出演 : リー・ペイス 、 カティンカ・アンタルー 、 ジャスティン・ワデル 、 ダニエル・カルタジローン 、 レオ・ビル

『ザ・セル』のターセム監督が構想26年、撮影に4年の歳月を費やして完成させた、壮大なスケールの叙事詩。映画の撮影で怪我をし、主演俳優に恋人を盗られて生きる希望を失っていたスタントマン青年と、腕を怪我して入院中の少女が青年の「お話」で心を通わせていく。

昔々の物語として始まる。何故昔むかしなのか、それは最後にわかる。まだ、映画が色もついていなくて、音も出なかった昔、映像は今から見ると、まるで白黒写真が動いているだけかのように見える。けれども当時の人たちはこの動画写真に夢中になった。私たちが恵まれているのか。イヤ、そうではない。私たちも当時にタイムスリップすれば、ほら、暗がりの中でこの映像を見れば心躍るに違いない。よくみれば、どんなVFXでもまねできない命がけのスタントがある。よく見れば、素晴らしいロケーションである。よく見れば、そこには極彩色の世界遺産のロケーションで万華鏡のようなめくるようなドラマがあるだろう。

だから映画の筋としては、べたべたの話である。映画好きにはたまらない仕掛けがたくさんある。綺麗な映像を見たい人にもいいかもしれない。しかし、深い思索をしたい人にとってはどうだろうか。

最後のベートヴェンの交響曲7番をじっくり聞かせてくれる。不思議とよく映像に合っていた。何故なんだろう。






最終更新日  2008年12月01日 23時03分16秒
コメント(0) | コメントを書く
[洋画(08)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ポンボ@ Re:明治13年の森鴎外「雁」(05/19) 上京、我孫子散策は、まだまだ先になりそ…
KUMA0504@ Re[1]:明治13年の森鴎外「雁」(05/19) ポンボさんへ ありがとうございます。 鉛…
ポンボ@ Re:明治13年の森鴎外「雁」(05/19) 国際こども図書館は、いいですよぉ。 鉛筆…
嫌好法師@ Re[2]:「宮部みゆき全一冊」祝作家生活30周年。ところで、私は‥‥(05/11) KUMAさんへ くどいようですが、数え年は…
KUMA0504@ Re[1]:母の日はどうして広まったか「季語うんちく事典」(05/08) 象さん123さんへ で、 このうんちく事…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.