4700240 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

現実味をおびてきた… New! 七詩さん

2.26 と4.4 New! ポンボさん

図書館大好き429 New! Mドングリさん

桜が満開 New! はんらさん

北海道歳時記:月遅… New! 天地 はるなさん

カレンダー

2009年02月14日
XML
カテゴリ:邦画(09~)
何を隠そう、宮崎あおいのファンである。(←別に隠していない?)
べつに官九郎に対してはファンでもなんでもない(「ゼブラーマン」「GO」はよかったが「弥次さん喜多さん」「ドラッグストア・ガール」は最低だった)特に喜劇では受けたことがない。
監督・脚本 : 宮藤官九郎
出演 : 宮崎あおい 、 佐藤浩市 、 木村祐一 、 田口トモロヲ 、 三宅弘城 、 ユースケ・サンタマリア
1006少年メリケンサック.jpg

でもこれはウケタ。楽しめた。
あおいファンだからではない。でも、あおいちゃん(急にちゃんづけかよ!)無しにはありえない映画ではある。

またしてもあおいちゃんが天才であるということが証明されてしまった。

ありがちなストーリーではある。
25年前にそこそこウケタパンクバンドが、中年になって再結成、だんだんとパンクとして成功を始める、というものである。
それが何故、こんなにも面白いのか。劇場がこんなにもウケタのも久しぶりだ。

他はいざ知らず、私もパンクってよく分らない。という、あおいちゃんと同じ目線で私もこの映画に付き合ったわけだ。あおいちゃんの一瞬、一瞬の表情がリアルで面白いし、あおいちゃんがだんだんとこのパンクバンドを好きになるのがわかるから、私もこの映画を好きになっていった。

もちろん、出演者は芸達者ばかりだ。佐藤浩市 、 木村祐一 、 田口トモロヲ 、 三宅弘城、それでやはり客観的にあおいちゃんに喰われてしまっているでしょう。

パンクは人が思うほど、反体制のバンドではない。
「だらしなくて、臭くて、スケベな奴ら」の、それでも現状を壊したいという衝動に少しだけ共感する。

あおいちゃんがものすごく可愛くて女の子らしいんだけど、性格は男そのものという役柄を上手く演じていた。

でもこれだと、そのままテレビ放送できないんじゃないかな。余計な心配だけど。








最終更新日  2009年02月15日 00時10分03秒
コメント(2) | コメントを書く
[邦画(09~)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) ももたろうサブライさんへ 確かにはまり役…
ももたろうサブライ@ Re:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) 気まぐれでドラマを見始めた。シシドカフ…
abi.abi@ Re:「呪いの言葉の解きかた」呪いの言葉、その力の大きさ(02/16) お久しぶりです。 この本私も読みました。…
まっぴー@ Re:「小鳥の巣」解題(06/25) こんにちは。 萩尾望都さんの作品が好きで…
KUMA0504@ Re[1]:平和憲法の下で、戦争の訓練を許すな(02/12) ハンサムクン3714さんへ ご紹介ありがとう…
ハンサムクン3714@ Re:平和憲法の下で、戦争の訓練を許すな(02/12) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.