4690353 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

マスク・コレクション New! はんらさん

『村上春樹「騎士団… New! Mドングリさん

2020年 徘徊 3月28… New! シマクマ君さん

風強き日の墓参 New! マックス爺さん

志村さんの治療につ… New! lalameansさん

カレンダー

2009年02月28日
XML
カテゴリ:洋画(09~)
登場の半分くらいは泣いているのではないか。
母は弱い。息子という弱みの前ではあまりにも無防備である。

監督・製作・音楽 : クリント・イーストウッド
出演 : アンジェリーナ・ジョリー 、 ジョン・マルコヴィッチ 、 ジェフリー・ドノヴァン 、 コルム・フィオール 、 ジェイソン・バトラー・ハーナー

チェンジリング.jpg
夫のオスカー無冠は当然だけど、どうしてアンジェリーナー・ジョリーが主演女優賞を取れなかったのか、不思議に思えるほどの熱演である。(ケイトの演技にも期待したい)
夫とは当の昔に別れたシングルマザー、責任ある部署を任されている判断力のあるいい上司なのだろう。しかし、息子が行方不明になると、すべての価値観は息子の帰還に合わし、警察批判も止め、精神病棟に強制入院させられる隙も見せる。その弱さの演技が凄い。ここまで人間は弱くなれるものだろうか。もちろん、芯の強さがあるからこその弱さなのではあるが。

権力の保持のために、さらに権力の厚塗りをしていく過程をイーストウッドは淡々と描く。弱い個人と強い権力、しかし、事実と嘘との関係をも描いて、「歴史的な事実」だからこそ描ける説得力ある結末に持っていく。

最後の晴れやかなジョリーの表情がいい。
やっぱり女は強いと思う。






最終更新日  2009年02月28日 23時33分05秒
コメント(4) | コメントを書く
[洋画(09~)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) ももたろうサブライさんへ 確かにはまり役…
ももたろうサブライ@ Re:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) 気まぐれでドラマを見始めた。シシドカフ…
abi.abi@ Re:「呪いの言葉の解きかた」呪いの言葉、その力の大きさ(02/16) お久しぶりです。 この本私も読みました。…
まっぴー@ Re:「小鳥の巣」解題(06/25) こんにちは。 萩尾望都さんの作品が好きで…
KUMA0504@ Re[1]:平和憲法の下で、戦争の訓練を許すな(02/12) ハンサムクン3714さんへ ご紹介ありがとう…
ハンサムクン3714@ Re:平和憲法の下で、戦争の訓練を許すな(02/12) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.