3474740 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

セキュリティコード… New! Photo USMさん

『閉された言語・日… New! Mドングリさん

🌸庭と畑の楽しみ😊(… New! マックス爺さん

新潟知事の辞任劇 New! 七詩さん

What are you gonna … New! Maryam F Dさん

カレンダー

2009年11月03日
XML
カテゴリ:邦画(09~)
1005523_01.jpg
監督 : 若松節朗
原作 : 山崎豊子
出演 : 渡辺謙、三浦友和、石坂浩二、松雪泰子、鈴木京香、山田辰夫、香川照之、木村多江、清水美沙、鶴田真由、柏原崇、戸田恵梨香、大杉漣、西村雅彦、柴俊夫、風間トオル、神山繁、菅田俊、草笛光子、宇津井健、小林稔侍、加藤剛、品川徹、田中健

山崎豊子がOKを出しただけあって、プロットは長い原作を上手くまとめてていると思う。あの長い原作を一本の作品にするのならば、御巣鷹山事故を導入部にするのは必然です。

ただ、切れ味は鈍いのではないかと思い、実は封切りの日に観ていたにもかかわらず、今日まで合格作品として写真付きにしようかどうしようかずっと迷っていた。けれども、今日のこの記事を見て私の思っていた以上に切れ味は鋭かったのだということが分り、写真付きで書くことにしました。

日航社内報で「沈まぬ太陽」批判 「客離れ誘発」法的手段も
社内報ではこんなことを書いているらしい。
映画で描かれている社内の報復人事や役員の不正経理、政治家・旧運輸省幹部らへの利益供与や贈賄について「こんな不正があるわけがない」と一刀両断。「国民航空」の名称やジャンボ機墜落事故の克明な描写から「『フィクション』と断っているが、日航や役員・社員を連想させ、日航と個人のイメージを傷つける」と反発している

よくもまあ、社内報とはいえ、こんなことが書けるものだ。私は山崎豊子を「不毛地帯」から「大地の子」「沈まぬ太陽」と読んできているが、次期主力戦闘機疑惑事件、中国残留孤児、日航問題と世のタブーに挑戦してきて、一度たりとも訴えられたことがないことを知っている。それは彼女の徹底的な取材があったからである。日航の場合は、経営者側の「取材拒否」にあったからこそ、それ以外の取材はまさに徹底してやったということを知っている。(御巣鷹山編ではだからこそ実名の小説にもなった)訴えれるものならば、訴えてみればよい。それこそ、「報復人事や役員の不正経理、政治家・旧運輸省幹部らへの利益供与や贈賄」が白日の下に晒されて都合が良いだろう。日航は結局このころから全然「反省していない」ということなのだろう。現在の経営危機はまさにその膿みの決着なのであろう。

木村多江や山田辰夫、香川照之 加藤剛、品川徹のように大河ドラマらしく、場面場面では見どころ役者がいて、存在感を出している。木村の悲痛な呟き、香川の揺れ、加藤の「政治家」としての空恐ろしさ、瀬島龍三の品川徹の不気味さ、そして故山田辰夫のお客様係の冷徹さ。

ただ、映画として一本芯を通す印象的な場面がいまひとつ作れていない気がしたのである。ナショナルフラッグの旗の下に魑魅魍魎渦巻く組織の中で「筋を通す」ことの困難とかっこよさを恩地と行天に対比させて描くことこそがこの映画の醍醐味なのだろう。その点で、行天がいまひとつ浮き上がらなかった。演技の問題ではなく、演出の問題だろうと思う。国民航空のあのシンボルをもっと効果的に使うとか、最初と最後をきちんと「対」として見せるとか、あと一つ映画的な工夫が欲しかった。

しかし、みんなの評判を読むと、私の思った以上に「思い」は伝わっているようなのだ。私はないものねだりをしていたようだ。

面白いのは、ブログ評を読んでいると、非常に多くの人が「どうして仕事をやめなかったのか不思議だ」という意味のことを書いている。やっぱり今の若い人にはわからないのか、と苦笑いする。今ほど簡単に仕事を辞める事が社会的に認知されていなかったということもあったかもしれないが、それ以上に一つの労組が今では八つの労組に分裂していることからも分るように、徹底的な「戦う労組つぶし」があった。苦労したのは恩地だけではない。恩地はそれを良く知っていた。だからこそ、「逃げる」ことは出来なかった。彼の言う「矜持」とはそういうことなのである







最終更新日  2009年11月05日 23時48分26秒
コメント(12) | コメントを書く
[邦画(09~)] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:今月の映画評「沈黙‐サイレンス‐」(04/18) 象さん123さんへ コメントありがとうご…
象さん123@ Re:今月の映画評「沈黙‐サイレンス‐」(04/18) 遠藤周作の生涯をかけた力作ですね。本が…
KUMA0504@ Re[1]:熊山遺跡と操山古墳群を再訪(04/07) suzu1318さんへ こちらこそお世話になりま…
suzu1318@ Re:熊山遺跡と操山古墳群を再訪(04/07) 車出し&案内役を、ありがと~!! 見たブ…
KUMA0504@ Re[1]:文学日記(11)「治療塔」大江健三郎(03/30) まろ0301さんへ わたしなんかは、35年間ず…
まろ0301@ 『万延元年の』  大江氏の作品は、初期のものからずっと…
KUMA0504@ Re:護憲派の課題 3000万人署名(03/16)で わたしの父親は、戦場に行っていない。そ…
narcisse7@ Re:護憲派の課題 3000万人署名(03/16) どうも。こんばんわ。 「彼らの生身の戦争…
KUMA0504@ Re[1]:「全現代語訳 解体新書」新しい夜明けを準備した本(02/27) omachiさんへ ざっと読ませていただきま…
omachi@ Re:「全現代語訳 解体新書」新しい夜明けを準備した本(02/27) 歴史探偵の気分になれるウェブ小説「北円…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.