4702875 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

今、日本に必要なの… New! lalameansさん

迫る高波、船長は無… New! 七詩さん

感染者というのはご… New! Hiro Maryamさん

自宅待機の改造期間… New! convientoさん

2020年 徘徊 4月4… New! シマクマ君さん

カレンダー

2009年12月11日
XML
カテゴリ:洋画(09~)
技術的にも素晴らしいと思う。本来は、記録映像と関係者インタビューで構成しても不可能ではなかったかもしれない作品をあえてアニメで作った点も共感を覚える。

監督・脚本・音楽・声の出演 : アリ・フォルマン

ただ、体調が悪かったために途中で意識が飛んだ度に重厚な「銃撃音」で目を覚まされるという体験をしながら見て、少し理解不能のところもあったのは事実である。

そして衝撃的なラスト映像が流れる。

私は、どうも映画自体でも所与の「常識」として描かれている節がある「パレスチナ難民キャンプで起こった“サブラ・シャティーラの虐殺”」について、その「本質」に迫ろうという姿勢を見ることができなかった。あるいは私が見落としたのだろうか。

残念ながら「審議不能」とさせていただきたい。

「おくりびと」で外国語アカデミー賞をとった立役者の本木雅弘が「いまでもこちらのほうが本命だと思っています」という意味のコメントを寄せているのは、「最高の煽り文句」だったと思う。






最終更新日  2009年12月11日 20時16分15秒
コメント(2) | コメントを書く
[洋画(09~)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) ももたろうサブライさんへ 確かにはまり役…
ももたろうサブライ@ Re:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) 気まぐれでドラマを見始めた。シシドカフ…
abi.abi@ Re:「呪いの言葉の解きかた」呪いの言葉、その力の大きさ(02/16) お久しぶりです。 この本私も読みました。…
まっぴー@ Re:「小鳥の巣」解題(06/25) こんにちは。 萩尾望都さんの作品が好きで…
KUMA0504@ Re[1]:平和憲法の下で、戦争の訓練を許すな(02/12) ハンサムクン3714さんへ ご紹介ありがとう…
ハンサムクン3714@ Re:平和憲法の下で、戦争の訓練を許すな(02/12) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.