4585376 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

旧正月の連休3日目 New! はんらさん

フィッシャーマンズ… New! 天地 はるなさん

野田サトル「ゴール… New! シマクマ君さん

馬には乗ってみよ人… New! マックス爺さん

特別な誕生日 En Mex… New! convientoさん

カレンダー

2010年09月22日
XML
カテゴリ:邦画(09~)
何度も何度も予告編を見た。出演俳優も派手な者は一人も出ていなくて、テーマもひどく地味なものなのであるが、モントリオール国際映画祭でラッキーにも深津絵里が最優秀女優賞を獲り、広告宣伝もふんだんに使ったおかげで、TVドラマから流れてきた映画でもないのにもかかわらず第一週目はなんとか邦画で一位になったようだ。先ずは祝着である。

監督・脚本 : 李相日
原作・脚本 : 吉田修一
美術監督 : 種田陽平
音楽 : 久石譲
主題歌 : 福原美穂
出演 : 妻夫木聡 、 深津絵里 、 岡田将生 、 満島ひかり 、 樹木希林 、 柄本明

何度も何度も予告編を見た。犯罪物であるにもかかわらず、誰が犯人かということに焦点を絞っていない。初めから妻夫木演じる祐一が犯人だと明らかにしている。その他の映画ニュースでもそのことは隠そうとしない。しかし、予告編では「新たに浮かび上がるもうひとりの男」と言って岡田将生が映し出される。もしかして、最後のどんでん返しがあるのかもしれない、と思いながら鑑賞に望んだのである。

しかし、やはりサスペンス調の話ではなかった。しかも予想していた、犯人と被害者の家族との対立や関係を描くものでもなかった。予告編で既に柄本明が「あんた、大切な人はおるね?今の世の中、大切な人がおらん人間が多すぎる」と語っており、もうなんというか、この映画のエッセンスのほとんどを予告編に詰めているという感じで、私は『反則だあ』と言いたい。終わってみれば深津絵里の演技、妻夫木の演技含めて意外なものは少なかった。もちろん力演ではある。しかし、女優賞を獲るほどのすごい演技ではない。妻夫木は「祐一は私です」と言って初日の挨拶で感極まったらしい。なにをして彼にそう言わせたのかは、今は分からないが、誰でも独りの部分はあり、背負わされて、時には道を踏み外すことはあるだろう、とは思う。彼が明るい役柄だけをしてきたわけではないということは既に「ノーボーイズ・ノークライ」で証明済みであるが、この作品はほとんど世に出ていないので改めてこういう作品で世に訴えたかったのかもしれない。

映画は「本当の悪人とは誰か」という話ではなく、「悪人とはなにか」という話であったし、それ以上に、六人の群像劇として描いて、そのことだけは意外であった。私としては一番印象に残ったのは灯台の夕陽を浴びる場面でも、柄本明が岡田将生を見ながら呟く場面でもなく、予告編にも少しだけ出ているが、雨の傘の中の柄本明と満島ひかりの邂逅の場面である。予告編には映っていない彼女の表情の変化の中に『人間を信じなくてはいけない』と思わせるものがあり(たとえそれが父親の頭の中の娘の姿であっても、映画として実際に目の前で見せられることで、娘の真の姿を見ていたのは父親だけだった、と思えたのである)、もっとも見ごたえがあった。彼女の出番は少ないが、樹木希林も確かに凄い助演女優賞ものの演技ではあるが、この作品での七変化の満島ひかりの演技もやはり助演女優賞ものではある。






最終更新日  2010年09月22日 09時39分35秒
コメント(0) | コメントを書く
[邦画(09~)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:2019年12月に観た映画C(01/17) はんらさんへ なるほど。映画の最後で、ま…
はんら@ Re:2019年12月に観た映画C(01/17) IMFの時代にも私は韓国で暮らしていました…
KUMA0504@ Re[1]:2019年12月に観た映画B(01/15) はんらさんへ 韓国でヒットしてるんだ! …
はんら@ Re:2019年12月に観た映画B(01/15) こんにちは~ 「アナと雪の女王2」は韓国…
KUMA0504@ Re[1]:謹賀新年(01/01) 嫌好法師さんへ 明けましておめでとうござ…
嫌好法師@ Re:謹賀新年(01/01) 遅くなりましたが、新年あけましておめで…
KUMA0504@ Re[1]:伯母の「ひとり暮しの戦後史」(12/03) 七詩さんへ おっしゃる通りです。ロスジェ…
七詩@ Re:伯母の「ひとり暮しの戦後史」(12/03) ずっと昔に読んだことがあります。オール…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.