4321397 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

『村上春樹と私』5 New! Mドングリさん

良く食べたなあ New! マックス爺さん

埼玉の小学生殺人事… New! 七詩さん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

タマネギ男? New! はんらさん

カレンダー

2010年12月22日
XML
カテゴリ:邦画(09~)
私は原作を読んだことはない。これからも一生読まないだろうと思う。私には必要が無いからではない。嫌いだからだ。それ以外の何の理由があるだろう。

01ノルウェイの森.jpg
監督 トラン・アン・ユン
出演 松山ケンイチ (ワタナベ)
菊地凛子 (直子)
水原希子 (緑)
高良健吾 (キズキ)
霧島れいか (レイコ)
玉山鉄二 (永沢)
初音映莉子 (ハツミ)

映画を見た。これほどまで、集中してみたのは久し振りだと思う。彼らの心の動きは多くは理解できないし、幾つかは分からないけれども、思ったよりも多くは想像できた。

映画を見た。光と色が、ここまで美しいと、私は今まで世界の何を見てきたのかという気にさせられる。美術は素晴らしい。1969年はいまや歴史なのだとつくづく感じる。

映画を見た。愛する人を喪くすということ、愛する人を残して死ぬということ、愛する人を傷つけるということ、傷つけられるということ、セックスと愛するということの関係、それらは日常的に起こりうることだけど、みんなひとつづつ違っていて、人は起こった後にそのことを多くは学ぶ。けれども、それは次の悲しみの予習にはならない。

この映画では三人の自殺する男女がいる。四人の生き残る男女がいる。その両者を分け隔てるものは何なのか。想像は出来るけど、言葉にすればあまりにも陳腐なものになりそうなのでいわない。おそらく言葉には出来ないのだろう。

ワタナベと直子の二回目のセックスのとき、二人は出来なかった。直子は混乱して、ワタナベに帰って!とこの映画で二度しか出てこない大声を上げる。そのことの意味はなんだったのだろう。私はやっとワタナベがキズキの位置まで昇格したからだと思った。だから、ワタナベが帰らずに直子を抱きしめたのは唯一の行為だと思ったのである。
「これは精神的なものだから、だんだんとよくなるよ」
あとで、ワタナベは直子をそのように説得する。そして一緒に暮らそうと提案するのである。
結果、直子はこの説得で死を選んだようなものだ。
ワタナベはそのことで死ぬような後悔をしたに違いない。けれども、男としてあれ以上の何が出来たというのだろうか。私には決して理解できない世界である。

けれどもこの手の傷つけあいは一生のうちで何度も何度も起こるのだろう。

ここの登場人物全員に私は共感できない。この映画は力作だと思うけれども、嫌いな映画である。

ひとつ原作を読んだ人に聞きたいのだけれども、(まったく作品内容に関係ないけれども)直子の20歳の誕生日のときに、ワタナベがプレゼントしたものはレコードのように思えたけれども、あれはビートルズのレコードだったのだろうか。そして、それを直子は最後まで持っていたのだろうか。

それと、これも私の理解できないことの一つだけれども、二人が見つめあうとき、菊池凛子も水原希子も、眼が執拗に動くのだけれども、あんな至近距離で「そんなもの」なのだろうか。






最終更新日  2010年12月22日 09時04分53秒
コメント(18) | コメントを書く
[邦画(09~)] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) 令和皇太子さんへ。 貴方がどんなコメント…
KUMA0504@ Re[1]:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) ももたろうサブライさんへ ありがとござい…
KUMA0504@ Re[1]:100分de名著 小松左京(09/01) ももたろうサブライさんへ そうかもしれな…
ももたろうサブライ@ Re:100分de名著 小松左京(09/01) コンピューター付きブルドーザーと言えば…
KUMA0504@ Re[1]:「タッチ」の続編?「MIX」(05/25) ガラケーさんへ わざわざ心配ご指摘ありが…
ガラケー@ Re:「タッチ」の続編?「MIX」(05/25) 貼ってあるMIXの画像は… きちんと、あだち…
KUMA0504@ Re[1]:「おにぎりの文化史」古代の食卓(08/23) はんらさんへ 「家で作ることはほとんどな…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.