3477244 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ぴょんぴょんの「イ… New! lalameansさん

アヒル(レベル6)… New! Mドングリさん

最近のスキャンダル… New! 七詩さん

残り少ない青春時代… New! Photo USMさん

西郷どん、気張れ~… New! マックス爺さん

カレンダー

2010年12月31日
XML
カテゴリ:洋画(09~)
日本インターネット映画大賞(外国部門)に投票します。今年の映画館での鑑賞本数は101本でした(韓国旅行での鑑賞含む)。よって、その中から20本も選ぶことでさえ困難だったことをお察しください。で、いざ選んでみると、自分の置かれている境遇とか、悩み事とか、興味関心がそのまま反映しているとことに改めて驚くわけです。詳しくはリンク先をご覧ください。ベストテンの邦画編はこちら。なお「午前10時の映画祭」の作品は作品賞の対象から外しました。

作品賞投票ルール(抄)
 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「息もできない     」    6点
  「フローズン・リバー  」    6点
  「ロビンフッド     」    4点
  「インビクタス/負けざる者」   4点
  「フィリップ、きみを愛してる」  2点
  「ベストキッド     」    2点
  「グリーン・ゾーン   」    2点
  「プレシャス      」    2点
  「カティンの森     」    1点
  「ゾンビランド     」    1点
【コメント】
「息もできない」と「フローズン・リバー」どちらを上にするか最後まで迷った。両者とも貧困がテーマ、単に悲劇性だけが出てるわけではないという意味で秀逸なものがある。前者は神話的な構成が素晴らしい。後者は見事なサスペンスである。「ロビンフッド」はスカッと楽しめるハリウッド映画の中では久々のヒットだったので三位にしました。しかし、イーストウッド監督の「インビクタス」は今年も水準以上のものを見せてくれました。恐れ入るしかありません。
-----------

【監督賞】              作品名
   [ヤン・イクチュン  ] (「息もできない」)
【コメント】
11月この映画のロケ地を探してソウルのカンアク区を歩きました。少し違うところを歩いたのかもしれませんが、坂にびっしりとへばりつくように家が密集していて、その家の総てに屋上には貸家用の家がありました。障害者の子供と母の二人連れがゆっくりとその上に上がっていきました。このようなところに住みながら、労働人口の半分以上が非正規という現実の中で、監督はこの物語を作ったのだなあ、と思いました。
【主演男優賞】
   [ジム・キャリー ] (「フィリップ、きみを愛してる」)
【コメント】
この映画のために死ぬほど痩せたというだけではない、フィリップの生き方自身が、私はジム・キャリーの「さまざまな仮面を使い分けるけれどもその本質はシリアスな顔にある」人生と重なるような気がする。
【主演女優賞】
   [メリッサ・レオ ] (「フローズン・リバー」)
【コメント】
ファーストシーンは衝撃的だ。てっきり老婆を写しているのだと思っていたら、幼い子供を持つヒロインだった。しかもあれで40歳後半だという。ものすごい役つくりである。あれで一気にこの作品世界に入っていけた。
【助演男優賞】
   [該当者なし     ] (「  」)

【助演女優賞】
   [ミスティ・アップハム ] (「フローズン・リバー」)
トレーラーハウスに住む若くて気の強い、そして精神的なもろさを持つ少数民族の女性を存在感持って演じていた。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [キム・コッピ] (「息もできない        」)
【コメント】
演技経験のない彼女をよくぞ見つけてきたと思う。終わってみれば、彼女しかいない。他の韓国女優陣で出来る人を思いつかない。
【音楽賞】
  「オーケストラ!」
【コメント】
最後の12分間のチャイコフスキーは映画史に残る名場面でした。

【ブラックラズベリー賞】「運命のボタン」
途中までは非常に素晴らしいサスペンスだったんです。「あれ」が出てくるまでは。椅子からずり落ちそうになりましたよ!

特別賞 よくやった!で賞 「午前10時の映画祭」
フォロー・ミー」は今回初めて見た。素晴らしかった。本来ならばベスト5に入る作品。「パピヨン」は30数年ぶりに見た。自覚していなかったが、私の人生に影響を与えていた映画だと分った。

今年一年、つきあっていただきありがとうございました。来年もよろしくお願いします。






最終更新日  2011年01月01日 08時53分51秒
コメント(5) | コメントを書く

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:今月の映画評「沈黙‐サイレンス‐」(04/18) 象さん123さんへ コメントありがとうご…
象さん123@ Re:今月の映画評「沈黙‐サイレンス‐」(04/18) 遠藤周作の生涯をかけた力作ですね。本が…
KUMA0504@ Re[1]:熊山遺跡と操山古墳群を再訪(04/07) suzu1318さんへ こちらこそお世話になりま…
suzu1318@ Re:熊山遺跡と操山古墳群を再訪(04/07) 車出し&案内役を、ありがと~!! 見たブ…
KUMA0504@ Re[1]:文学日記(11)「治療塔」大江健三郎(03/30) まろ0301さんへ わたしなんかは、35年間ず…
まろ0301@ 『万延元年の』  大江氏の作品は、初期のものからずっと…
KUMA0504@ Re:護憲派の課題 3000万人署名(03/16)で わたしの父親は、戦場に行っていない。そ…
narcisse7@ Re:護憲派の課題 3000万人署名(03/16) どうも。こんばんわ。 「彼らの生身の戦争…
KUMA0504@ Re[1]:「全現代語訳 解体新書」新しい夜明けを準備した本(02/27) omachiさんへ ざっと読ませていただきま…
omachi@ Re:「全現代語訳 解体新書」新しい夜明けを準備した本(02/27) 歴史探偵の気分になれるウェブ小説「北円…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.