4880513 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

『科学のしくみ図鑑… New! Mドングリさん

「女帝」を読んで New! 七詩さん

お掃除スイッチ New! はんらさん

船津橋:堂島川 New! 天地 はるなさん

野良猫とハイビスカ… New! マックス爺さん

カレンダー

2011年02月06日
XML
カテゴリ:洋画(11~)
もっと荒唐無稽なスパイモノかと思いきや、ファンタジー性(?)は確保しつつも、わりと本格的なCIA映画だった。本格スパイ小説ファンの嗜好と思考をくすぐる仕掛けが随所にあって楽しかった。しかも、ハリウッドらしく、本格的な役者が楽しくアクションをやってくれて、画面の上では一応アメリカ全土を縦横に動き回るロケをしてくれているので目も楽しませてくれる。
01レッド.jpg
監督 ロベルト・シュヴェンケ
出演 ブルース・ウィリス (Frank Moses)
モーガン・フリーマン (Joe Matheson)
ジョン・マルコヴィッチ (Marvin Boggs)
ヘレン・ミレン (Victoria)
カール・アーバン (William Cooper)

冒頭の仕掛けで感心したのは、7時きっかりに目覚まし音なしで起きる生活をしているモーゼス(B.ウィルス)が、その夜急に3時過ぎに起きるという描写である。たぶん、なにかのセンサーに引っかかって身体が目覚めるように訓練されていたのだと思う。引退したとはいえ、これぞ、元プロの生活だろう。

元MI6のヴィクトリア(ヘレン・ミレン)と旧ソビエト諜報員のイヴァン(ブライアン・コックス)の関係も、案外リアルだ。彼女の話では「イギリスとアメリカのスパイ同士の恋だったけど、ある日、試されて彼の胸に三発撃った」とだけ知らされていた。それがあとでその彼がイヴァンだったと知る。ということは、彼は二重スパイだったということ?彼は彼女が撃ち殺したのではないのか?この話だけで一冊本ができそうだが、そういう話がさらりとされるわけである。

リタイア組だけど、マダマダ現役には引けをとらないどころか、現役以上の働きをする、というのがなかなか現代とマッチしていて、よろしい。若者代表CIA調査官役のカール・アーバンもいい味を出していたし、モーゼズにだんだん惹かれていくサラ役のメアリー=ルイーズ・パーカーも、最初はオバサンかと思ったけど、途中からどんどん魅力的になっていった。なんと、93歳のアーネスト・ボーグナインがちょい役で出ている。見事な存在感だった。






最終更新日  2011年02月06日 14時18分20秒
コメント(2) | コメントを書く
[洋画(11~)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

zzz@ Re:なぜ弱者を抹殺してはいけないのか?(07/31) 「弱者を抹殺してはいけない」と言える者…
KUMA0504@ Re[3]:「神話と文学」を歴史学で読み解く(06/03) ポンボさんへ 本のベットですか。 とても…
ポンボ@ Re[2]:「神話と文学」を歴史学で読み解く(06/03) KUMA0504さんへ この「途中挫折」と「詰…
KUMA0504@ Re[1]:「神話と文学」を歴史学で読み解く(06/03) ポンボさんへ >「途中挫折本」 この表現…
ポンボ@ Re:「神話と文学」を歴史学で読み解く(06/03) 「途中挫折本」 この表現、いいですねぇ。…
ポンボ@ Re:明治13年の森鴎外「雁」(05/19) 上京、我孫子散策は、まだまだ先になりそ…
KUMA0504@ Re[1]:明治13年の森鴎外「雁」(05/19) ポンボさんへ ありがとうございます。 鉛…
ポンボ@ Re:明治13年の森鴎外「雁」(05/19) 国際こども図書館は、いいですよぉ。 鉛筆…
嫌好法師@ Re[2]:「宮部みゆき全一冊」祝作家生活30周年。ところで、私は‥‥(05/11) KUMAさんへ くどいようですが、数え年は…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.