000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

練馬区石神井公園のこうの歯科医院へようこそ!

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月

楽天プロフィール

設定されていません

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

虫歯との闘い

2011年02月25日
XML
カテゴリ:虫歯との闘い

「虫歯のもと」であるネバネバをつくる酵素が、始めて解明されたそうです。

この酵素だけをねらい撃ちして、虫歯を効果的に予防する薬などが

開発されたら、いいですよねぇ。

でも、歯医者は失業するかしら?

イヤ、予防歯科に特化するのか、義歯に活路を見出すのか?

どうなんでしょう?

詳しくは、こちらをどうぞ。



 

 

バーナー









最終更新日  2011年02月25日 11時29分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年01月18日
カテゴリ:虫歯との闘い


当、こうの歯科医院は、虫歯予防の新兵器として、

フッ素塗布の機器を

ご用意いたしました。

以前のタイプよりも、フッ素の吸着力がいいようです。

是非、お試しくださいませ。




 

 

バーナー









最終更新日  2011年02月06日 14時05分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年09月01日
カテゴリ:虫歯との闘い



皆様、お久しぶりでございます。

長い夏休みが終わったので、ブログも再開。

ホームページの更新も、レッスンに通って、早くリニューアルしたいと思ってます。

そんな最近、新聞に気になる記事が・・・

子供の仕上げ磨きをする際は、立たせたままではダメというもの。

しっかり座って、自分の膝の上に子供の頭を乗せて、磨きましょう。

しかも磨くときは、こわい顔をせずに!!

そうですよねぇ。うちも長い間、そうやって磨いてます。

さすがに、中2になって、もう身長も私より高くなった長男は、

仕上げ磨きから解放されましたけど、

小2の娘はまだまだ毎晩、追いかけております。

この親心、わかっているかしら??









最終更新日  2009年09月01日 16時44分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年05月07日
カテゴリ:虫歯との闘い


話は少し古くなるのですが、娘の小学校で、ブラッシング指導がありました。



200903041049000.jpg



日頃使っている歯ブラシに、コップ。

口を拭くための小さめのタオル。

でも、左手奥にあるの、オレンジの紙パックはなんでしょう?

これは、口をゆすいだ後のお水を捨てるための入れ物代わりになります。


教える先生も考えますよねぇ。

流しや洗面台の前で、ブラッシング指導できませんから、

こういう物が必要になるわけです。


6歳前後で、大事な大事な6歳臼歯が生えますから、

この時期に正しいブラッシングを身につけることは

とても大切なことです。


おおげさ言えば、こういうことにも歯科医師とか衛生士を

きちんと派遣して、正しい知識を身につけると、

ひいては、医療費の抑制にもつながるのではないかしら??


なんて、思ってしまいました。








最終更新日  2009年05月07日 11時33分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年08月02日
カテゴリ:虫歯との闘い

我が家の子どもたちが、寝る前にいつもいつもぶくぶくとうがいをしているのは、

以前ご紹介しましたが、

実は去年から、新兵器が出現しています。


それは、メルサージュクリアジェルです。


5971.jpg


左が大人用、右が子供用で、フッ素が配合された、虫歯予防用の歯磨きです。

これを夜のはみがきが終わったあとに、歯ブラシにつけて磨いた後、

恒例のブクブク、ミラノールでうがいしてから寝るというわけです。

(うちの子たちは、ちょっと大変かしら?)

あと、朝ごはんを食べて、学校に行く前も、普通の歯磨きではなく、

これで磨いてます。

うがいが上手でないお子さんや、

うがいで効果があるのかしら?と思われる方にオススメです。










最終更新日  2008年08月02日 12時14分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年10月04日
カテゴリ:虫歯との闘い

うちの6歳の長女の話ですが、虫歯予防のため、

シーラントを塗布することになりました。

長女は、診療所へ何度も来た事がありますが、

まだ、診療台には座ったことがありません。

塗布する間、私は待合室で待っていたのですが、

初めて診療台に座った娘は、相当緊張したようで、

「もっと大きなお口を開けて。」

「お手手はまっすぐ」

などなど、何度も主人の声が聞こえてきました。

そんな声を聞きながら、私が思ってことがあります。

それは、自分のパパですら、こんなに怖がるのですから、

他のお子さんだったら、どう感じるのだろうということです。

歯が痛くて痛くて、仕方なくて、初めて歯医者さんに来て、

座ったら、どう感じるのでしょう・・・

出来れば、まだ虫歯が出来てない時に、

予防とまでは言いませんが、フッ素やシーラントの塗布に

何度か来る習慣を付けた方がいいのではないかな?と

思います。

幸い、現在の練馬区では、小児の医療費の自己負担は、ありません。

この機会にぜひ、歯医者さんへお子さんを連れてらして下さいませ。

そして、歯医者さんがどんな所か、お子さんに覚えていただければ、と思います。

必要以上に怖がることのないように。











最終更新日  2007年10月04日 13時47分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年07月27日
カテゴリ:虫歯との闘い

乳歯が生えてきたばかりの赤ちゃん。

下のあごに小さな、小さな歯が生えてきて、かわいいですよねえ。

で、こんな赤ちゃんのママから、時々質問を受けます。

「歯磨きはどうしたら・・・」って。

まず「ガーゼで拭きましょう」って方法がありますが、

うちの子には、指をかまれてしまって、ダメでした。

乳歯用の歯ブラシ。これは割りと役にたちましたが、

よく噛んでましたねぇ。

色々な方法がありますが、赤ちゃんによって好みもあり、

うちの子にはダメでも、有効な場合もあるでしょうし・・・

でも、有効ではないかな?と私が思う方法がひとつ。

それは、親がこまめに「歯磨きをすること」

子供は親のまねをします。

親がしないことをするってことは、ほとんどないと思います。

子供に歯磨きをさせたかったら、親がまず歯磨きをする。

それが、一番ではないかしら??













最終更新日  2007年07月27日 14時45分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年06月28日
カテゴリ:虫歯との闘い

きちんと院長である、主人に確認したので、書き込ませていただきます。

シーラントの塗布は、保険適用となってます。

つまり、シーラントを塗る年齢である、練馬区在住の幼稚園生や、小学校低学年生は、

無料って事です。

私が歯医者さんでアルバイトしていた昔は、自費扱いだったけど、

いつの間にか、保険に組み込まれていたんですね。

予防の観点からは、とってもいいことだと思いませんか??







最終更新日  2007年06月28日 17時34分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年06月23日
カテゴリ:虫歯との闘い

この前、虫歯になりやすい歯のことを書きましたが、

溝の深い奥歯に、とても有効な方法があります。

それが、シーラントです。

虫歯になる前に、奥歯の溝を、プラスティックで埋めてしまう方法で、

プラスティックというと、「エッ?」とお思いかもしれませんが、

このプラスチックは虫歯を削ったとき詰めるものと同類のレジンという材料なので、

きちんと埋めていれば虫歯にならないという考え方で普及し始めました。

最近は、フッ素を含有しているタイプも出ておりますので、

奥歯の虫歯には効力を発揮します。

特に溝が深くて複雑な形の6歳臼歯には効果的です。

6歳臼歯は、生え変わることなく、一番奥に

ある日突然生えて来る歯ため、虫歯になりやすいので、

生えてきたのがわかったら、すぐにシーラントで予防されることを

おすすめします。

ただし、このシーラント、効果は2,3ヶ月しか持ちませんので、

定期的な検診が必要ですよ。









最終更新日  2007年06月23日 14時10分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年06月17日
カテゴリ:虫歯との闘い

上の子は、昨日、めでたく12歳になりました。

最初の子ですから、夫婦そろって、出来ることはなんでも、一生懸命やりました。

下の子は、もうすぐ6歳です。

でも、二人目となると、どうしても、手を抜けることは抜いてしまいます。

わからん反省はしておりますが・・・

で、この二人を比べると、ひとつ、大きな違いがあります。

それは、虫歯なんです。

歯が生えてから、すぐ、しっかり磨かされてる上の子。

多少、手は抜かれて、磨かれている下の子。

もちろん、お菓子だって、

上の子はかなり大きくなるまで、あめグミ

食べさせてもらえませんでしたが、

下の子は違います。

なのに、なのに・・・

上の子は、幼稚園入園前に、虫歯が、ごく軽いものでしたが、

しっかり出来てしまいました。

下の子は、まだありません。

で、この二人の歯を見比べると、はっきりと違う点があるんです。

それは、歯の形

上の子の方が、奥歯の溝が深く、前歯の裏側のカーブが強いんです。

奥歯は比較的楽ですが、前歯の後ろなんて、すごく磨きにくいでしょ?

だから、上の前歯の後ろが、軽い虫歯になっていたんです。

みなさん、今度お子様の歯を磨かれる時は、是非とも

その形をチェックしてみて下さいね。

ポイントは、奥歯の溝前歯のカーブですよ!!








最終更新日  2007年06月17日 16時47分31秒
コメント(0) | コメントを書く

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.