660305 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

+ Freude am Fahren +

PR

Profile


dragon_daa

Recent Posts

Calendar

Category

Freude am Fahren

(491)

HAWAII

(19)

(19)

BMW

(13)

Archives

2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

Comments

Ativan@ Ativan I like your work!, <small> <a href="h…
Xanax@ Xanax Best Wishes!, <small> <a href="http:/…
Marlboro Cigarettes@ Marlboro Cigarettes Good job., <small> <a href="http://ww…
Buy Viagra@ Buy Viagra Your Site Is Great!, <small> <a href=…
Viagra@ Viagra I like your work!, <small> <a href="h…

Favorite Blog

やらないより、やっ… にわとりのあたまさん

【再入荷】Whitehous… こだわる男の「モノ&ファッション」さん

スチュワーデス… Skyflyerさん
お茶漬けさらさら*晩… お茶丸.さん
マイ・ビジョン ~… 未央奈さん
     めざせ、… 楽天松吉さん
matsumiの新米ママ日記 matsumi0219さん
隠れ家☆ みぃこ☆★さん
CORSE MATSUE あやしげ0607さん
zikomo days in Mala… あばぷひ★さぶさん
2005.12.27
XML
カテゴリ:Freude am Fahren

おおよそ20年ぶりの名古屋出張と言うことで、
今、名古屋のホテルではトップと言われている
「名古屋マリオットアソシアホテル」を利用してきました。

マリオットは世界に2500のホテル群を有しており、
日本ではマリオットブランドで東京と沖縄の二箇所、
ルネッサンスブランドで東京、岐阜、札幌、沖縄、鳴門の五箇所を展開、
この名古屋は日本におけるマリオットのフラッグシップとして、
そして、JR東海の出資の元にマリオットのオペレーションで名古屋駅上の
と言う一等地に出店しているホテルだ。

このホテルはいわゆる駅ビルである名古屋セントラルタワーズと言う
超高層2棟立てビルのホテル塔と言われる側の15階から52階の間に
780の客室、11の飲食店、宴会場、フィットネスクラブや各種ショップなどが入る
大型シティーホテルとなっている。

更に、このビル内にはデパートの高島屋や飲食店街などがホテル施設とは別にあり、
ホテルとしては単独のシティーホテルよりも各種施設や店舗などがあることから、
複合施設のメリットを生かしたかなり充実したホテルと言うことが言える。

新幹線を降りて名古屋駅内の広大なコンコース内を歩き、
ホテル専用のエントランスから高速エレベーターで15階にあるメインエントランスに上がる。

メインエントランスにはフロントの他にも、広いコーヒーラウンジやレストランがあるが、
この場所が地上15階にあるとは思えない大きな空間と大理石造りの重厚感で、
高層ビル内であることを忘れさせてしまう感じさえある。

客室は・・・

20階から49階部分で高層と言うことで都会の喧騒は完全にシャットアウト、
更に部屋からは名古屋の町の様子を見ることができ、
都会の真っ只中でも別空間の静けさが確保されている。

室内に目を向けると・・・

今回宿泊は出張なのでスタンダードルームでダブルのシングルユース。
(ビジネスホテルでないので、シングルルームの設定はない。)
ネオクラシックにまとめられ、豪華でリッチな気分に浸ることができる。
アメリカの有名デザイナーで東京の恵比寿にあるウエスティンホテルのデザインも手掛けた
ベント・セビリンによるデザインだそうだ。

marriott_nagoya_2.jpg

アメニティーも充分で、特に私が一番気になるお風呂関係では、
ダブルルームだとタオル類が2セットはあたりまえだが、
ここの場合は3セット置いてある。
種類もハンド、フェイス、バスと三種類。

お風呂と言えば、ホテルではシャワーは一番気になるところ・・・
実はこのホテルで唯一×をつけるとすればシャワーの湯量が少し足りない
高層だからと言うことではなく、おそらく作為的に湯量を抑えていると思われる。
いわゆる節水をしているようだ。シャワーだけでなく水道も水の出が抑えられていた。
しかし、高級シティーホテルは料金もそれなりに取っているのだから、
シャワーの湯量はたっぷりしっかり出るようにして欲しいところだ。

トイレも私としてはとっても気になるポイント。
ウォッシュレットは必須!勿論、ここはありました。


ベッドサイドにはチェストがあって、
最下段の引き出しを開けるとセイフティーボックスが仕込んであるのは驚いた!
しかし、これでは長期滞在時に着替えを入れておくスペースが殆どない。
何故なら、最上段の引き出しは薄めでランドリー関係の物が入っているし、
中段にはパジャマが入っているから、着替えは入れるところがない。
でも、これって私の入った部屋だけかもしれなくて、長期客には大きなチェスとのある部屋を
割り当てているのかもしれないので、何ともいえない。

ベッドはキングサイズ、マットは硬すぎず柔らか過ぎず、好みの硬さで眠り易い。
枕も硬いものと柔らかいものの2種類4つ(ベッドがダブル仕様なので)あり、
好みの硬さのものが使える。

marriott_nagoya_4.jpg

目をテレビラックの方に向ければ、テレビは今流行の薄型ではなくブラウン管型。
テレビラックの下はミニバーになっていて、冷蔵庫とお茶のセット、グラスなどが入っている。

ここで嬉しいのが、お茶のセットが日本茶だけでなく、紅茶が準備されていて、
湯飲みの他にティーカップが準備されている。
お茶好きのわたしとしては、緑茶、番茶、紅茶と部屋で飲めるのは有難い。
更に、ウーロン茶とかジャスミンティーなどのティーバッグもあれば楽しいのにと思ったりするが、
それは贅沢・・・!?

テレビラックの横にはデスク。

充分な広さがあって、パソコンを置いて書類を広げても充分な広さ。
インターネットも勿論ブロードバンドで至れり尽くせりだが、応答速度が悪い時がある。
おそらく部屋数に対して回線数が少ないのだろう。改善の余地アリ。
電話はスピーカーホンとしても使えて、ハンズフリーで通話ができるのも嬉しい。
このあたりは米系ホテルらしい設備。

メモパッドはデスクの上とベッドサイドにもあって、
それぞれにペンが準備されており、
更にデスクの引き出しの中にはレターセットでここにもペンが準備されている。
室内に3本もペンが準備されていることになる。プチリッチ!

照明はアメリカンタイプの間接照明だが、決して暗すぎることは無く、
照明を全て灯せば充分な明るさで、夜にデスクで仕事をしても充分な明るさ。
でも、デスクランプをもう少し大きなものにして欲しかったなぁ~。

最近のホテルは天井に日本型の蛍光灯を埋め込んでいるところもあるが、
確かに明るいけれど、安っぽい感じになってしまい、
折角のシティーホテルのリッチさや豪華さが損なわれてしまっているように私は思う。
そんな意味では、間接照明でも光量を充分に確保できるだけの照明を置けばよいだけで、
安直に天井照明をつけるのはどうかといつも思うので、この点ではマリオットは◎かな。

デスクセット以外に、小さなテーブルとチェアがあって、
部屋で寛ぎながらテレビを観たり、ルームサービスを頼んで部屋で食事と言う時にも
デスクを使わずに済む。
できればオットーマンがあればよりグッドなのにと思ったりするが・・・。

marriott_nagoya_3.jpg

しかし、総合的にはさすがマリオットと言う感じで、
至れり尽くせりとでも言うか、不便は一切感じなかった。


最後に・・・

打ち合わせで15階のメインエントランスにあるコーヒーラウンジを利用したが、
ここも広くゆったりとした造りとなっており、サービスレベルも非常に高い。

特に驚いたのが、そんなに空いていたわけではないのに、コーヒーを頻繁に注ぎに来ることだ。
味もなかなかで、カップを空けるとホントに早いタイミングで「おかわりは如何ですか?」と
コーヒーを注ぎに来るので、調子乗って4杯も飲んでしまった。
大きなポットにコーヒーをと波々と入れて、ラウンジ内を常に回っているようだ。

フロント業務もテキパキと動きが早いし、ゲストのフロアコントロールも適切。
さすがに行き届いていて嫌味がない。


横浜に住んでいるので、東京のホテルは利用することが少ないのだが、
どうしても地方のホテルは東京にある外資系ホテルや高級ホテルとは一段も二段も落ちるのだが、
ここ名古屋のマリオットは日本全国で見た場合でも決して地方ホテルと言う感じではなく、
ファーストレベルの施設とサービスで誰もが満足できることだろうと思う。

特に目の肥えた国際ビジネスマンたちが、このマリオットをどう評価するのか?
と言うような視点で見てみたわけだが、概ねというところだろうか?

今後、名古屋への出張が増える私にとっては、このようなホテルが名古屋にあることは
とても喜ばしいことだし、更には出張が楽しみにもなることだろうと思う。


marriott_nagoya.jpg


次の名古屋出張でもできれば利用したいものだ・・・。









人気blogランキング 楽天ブログランキング

このブログは「BMW BLOG RING」に参加しています。
[prev][rundom][next]







Last updated  2005.12.28 09:34:27

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.