588105 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

+ Freude am Fahren +

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Recent Posts

Calendar

Category

Freude am Fahren

(491)

HAWAII

(19)

(19)

BMW

(13)

Archives

2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10
2016.09
2016.08

Comments

Ativan@ Ativan I like your work!, <small> <a href="h…
Xanax@ Xanax Best Wishes!, <small> <a href="http:/…
Marlboro Cigarettes@ Marlboro Cigarettes Good job., <small> <a href="http://ww…
Buy Viagra@ Buy Viagra Your Site Is Great!, <small> <a href=…
Viagra@ Viagra I like your work!, <small> <a href="h…

Favorite Blog

体の流れが悪い New! にわとりのあたまさん

【再入荷】Whitehous… こだわる男の「モノ&ファッション」さん

GAZOO Racing 86/BRZ… た”いこ”ろうさん

初めての徒歩通学 rano911さん

スチュワーデス… Skyflyerさん
お茶漬けさらさら*晩… お茶丸.さん
マイ・ビジョン ~… 未央奈さん
     めざせ、… 楽天松吉さん
matsumiの新米ママ日記 matsumi0219さん
隠れ家☆ みぃこ☆★さん
2006.04.12
XML
カテゴリ:Freude am Fahren

今、俄かに「やきそば」が流行っているって知ってました?

流行の大元は、静岡県の富士宮と言うところが「やきそばの街」と
言うほどに「やきそば屋」が多いという事と、
富士宮のやきそばがちょっと特徴があるらしくて、
テレビなんかで取り上げられて流行っているらしいんですね。

ちなみに富士宮のやきそばの特徴は麺にあるらしいのですが、
一般的な中華麺は小麦粉と水で練って麺を蒸すだけなのですが、
富士宮の麺はその後に強制的に冷やして、更に表面を油でコーティング
するそうなんですね。そうすると、他の麺に比べて水分が少なく、
そしてコシのある麺ができるので食感に違いが出るそうなんです。

どうしてこんな麺ができたのか、確かな話ではないのですが、
冷蔵庫がまだ普及していない頃に生麺を日持ちさせるために
このような製法で作られたのではないかという説があるそうです。

つまり、富士宮のやきそばは一般的なやきそばに比べて
コシのある麺でしっかりした食感が特徴のようです。

機会があれば、一度食べに行ってみたいものです。



でも、富士宮でなくても「やきそば」って物凄く気になる存在ですよね!


一番気になるのが、露店のやきそば屋台。

ソースの焦げた匂いと大きな鉄板の上に大量のソバを
大きな銀色のコテで焼き上げる、あの様子が何と言っても
食欲をそそるのです・・・。


第二はコンビニのお弁当売り場にあるやきそばです。

透明のオリに入ったソース焼きそば、電子レンジでチン!してから
ふたを開けると、湯気が立って旨そうなんですよね・・・


第三はカップやきそば!

昔はカップやきそばと言えば「UFO」か「ペヤング」
あまり選択肢が無かったのに、
最近は、いろんな種類のカップやきそばがありますね。

あのカップやきそば独特の香りが、これまた何とも言えない・・・。


やっぱり、やきそばの醍醐味と言えば、あのソースの焦げた香りです!


逆にイケテナイ焼きそばと言うのもあります・・・

それは、何とも水分の多いべちゃべちゃした焼きソバ。
食べ終わると汁気が残っていると言うんですかね?
あれはダメです。

やっぱり、よーく炒めたというか、焼きソバなんですから
しっかりパラッと焼けている焼きそばが最高です!

まあ、そう言った意味でも、屋台のやきそばが旨いのは
大きな鉄板の上で水分を充分に飛ばしているから、
香ばしさもあって旨さ倍増なんですね!


しかし・・・

屋台のヤキソバなんてなかなかお目に掛かれないので、
家で自分で作るわけですが、私の場合には作り方にも拘りが
あるので、今日はその拘りのレシピを・・・。


先ず、材料はキャベツ。
小さめに切るのがコツ。よく、大きくざっくり切ったキャベツが
屋台のヤキソバには入っているけど、あれってキャベツの量が
少なくても目立つように、つまりキャベツの量を抑えるために
ああやってあるので、実は細かく切って入れるのがグッド!

次に、もやしです。
もやしは豆もやしは×です。それも、できれば根切りのもの。
白いボディーの部分だけがベストです。

その次は、薄切り豚バラ肉。
赤身だけのもも肉とかは×です。ちゃんと脂身と赤身半々程度の
バラでないとダメです。バラの脂が香ばしさを際立たせるのです。

麺は中華麺なら何でもOKですが、太麺ではなくて比較的細い麺が
グッドです。まるちゃん(東洋水産)のチルド麺3個入りと言うのが
全国のスーパーに並んでいますが、これでOK!
(ちなみにこの麺、やきそば麺シェアーナンバーワンだそうです。)

チルド麺を使う時には、水に入れてほぐしておくこと!
無理にほぐすと麺が切れてしまうので、しばらく水に漬けておけば
軽く菜箸でゆするだけで簡単にほぐれます。

材料はこんなところで、量は麺1に対してキャベツ2、もやし1、
肉は適当です。野菜たっぷり!

フライパン(中華なべ)に少量のサラダオイル(できればラード)を
入れて熱します。そこに細切れにした肉を投入。こんがり焼けて来たら
肉だけ一度取り出し、油はそのままなべの中に残し、キャベツ投入です。

キャベツを投入しても、直ぐにはかき回さないで、
キャベツのこんがり焼けてくる香りがし始めたらかき混ぜます。

キャベツが全体的に少し熱が通ってきたら、もやしを投入。

もやしにも全体的に熱が回り始めたら、麺を投入です。

よく、チルド麺のやきそばの作り方には、ここで水を入れると書いて
あるのですが、麺をほぐしてから投入しているので、水は入れないです。
ここで水を入れるとベシャベシャのやきそばになってしまうので×。

麺を入れたら、前に取り出しておいた肉も投入して、
今度はかき混ぜます。

ただひたすらにかき混ぜます。

どんどんかき混ぜます。

塩・コショウを振り入れて、更にかき混ぜます。

そして、全体的に火が通ってきたら、ソースを入れます。
この時のソースは、ウスターソースです。

そして、全体的にソースで色づいて来たら、
今度はとんかつソース(どろっとしたタイプ)を入れて、
かき混ぜながら焦がします。

ここでとんかつソースを入れ過ぎるとべちゃべちゃになって
しまうので、入れ過ぎない程度に・・・。

ちなみに、チルド麺に入っている粉末ソースを使う時には
野菜の量がかなり多いので、追加で別にソースが必要になります。
入れるタイミングは塩・コショウの時に・・・。
逆に塩・コショウは必要なくなります。(入っているから)


あまり、長い時間炒め過ぎないようにするのがコツ。
野菜がクタクタになってはおいしさ半減です。


食べるときには、紅ショウガは必須!
それも、山盛りにしたヤキソバの頂点に紅ショウガを乗せる。


あとは、食べるだけです!



実は、ヤキソバは大学時代の5年?間、
学祭で毎年屋台を出し続け、1日に200食以上を売りまくり、
材料が足らなくなって他の屋台の材料を買い上げちゃうくらいで、
屋台の前には長蛇の列ができた伝説のヤキソバ屋台。

そのレシピがこれなんです・・・。

・・・って言っても、こんなもんそんなに作り方が他にある
ワケではないんだけど・・・。


やきそば大好き!


やきそば






人気blogランキング 楽天ブログランキング 



このブログは「BMW BLOG RING」に参加しています。
[prev][rundom][next]






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2006.04.14 11:57:35
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.