000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

美味しい珈琲が飲みたい

PR

カレンダー

お気に入りブログ

ベビーフェイス プラ… モカ二等航海士さん

バサラ・アルファの… バサラ・アルファさん

コメント新着

 た(^o^)@ Re:台形ペーパーを円錐ドリッパーで使ったら(07/23) この方法良いですね。 今日、会社で円錐の…
 古い人です@ Re:ペーパーフィルターの湯通し(05/11) 50年前ネルドリップからのコーヒー入れ趣…
 robustFilter@ Re:バッハ(東京・日本堤)(01/04) はじめまして。コメントありがとうござい…
 kei@ Re:バッハ(東京・日本堤)(01/04) はじめまして。 時々お邪魔している者です…

バックナンバー

Sep , 2017
Aug , 2017
Jul , 2017
Jun , 2017
May , 2017
Apr , 2017
Mar , 2017
Feb , 2017
Jan , 2017
Dec , 2016

キーワードサーチ

▼キーワード検索

Feb 3, 2005
XML
カテゴリ:コーヒーの思い出
 大学4年生になり卒業研究をしていた頃、研究室にもコーヒー道具一式を持ち込み、友人にコーヒーを飲ませていました。このころは、刺激を求めてコーヒーの濃度がだんだん濃くなっていた頃です。

 ある時、コーヒーとお湯の量を間違えて、ものすごく濃いコーヒーができてしまったことがありました。あまりにも濃いため、一口飲んでもう十分という感じでした。ところが、普段はあまりコーヒーを飲まない友人が、なぜかこの日に限って、よりによってこの異常に濃いコーヒーを飲んだのでした。
 彼は、普通のコーヒーだと思って飲んでいたようでした。濃すぎるので、そんなに飲まない方が良いと言ったときには既に手遅れでした。妙にテンションの高い状態になっており、「これはうまい」「くせになる」「もう一口」と言いながら、どんどん飲んでいきます。

 そのうち、彼の体がふらふらして、千鳥足のような感じになってきたので、急性カフェイン中毒にでもなるのでは?とちょっと怖くなりましたが、結局、残っていたコーヒーも全部一人で飲んでしまいました。

 コーヒーを飲み終わると、彼はふらふらになりながらも自分の下宿に帰ったようですが、その後どうなったかは知りません。3日後ぐらいに研究室に普通に出てきましたので大丈夫だったのでしょう。

コーヒーで酔っぱらった人を見たのは、これが最初で、たぶん最後になると思います。







最終更新日  Feb 3, 2005 08:49:44 PM
コメント(6) | コメントを書く
[コーヒーの思い出] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.