440696 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

美味しい珈琲が飲みたい

PR

カレンダー

お気に入りブログ

ベビーフェイス プラ… モカ二等航海士さん

バサラ・アルファの… バサラ・アルファさん

コメント新着

 た(^o^)@ Re:台形ペーパーを円錐ドリッパーで使ったら(07/23) この方法良いですね。 今日、会社で円錐の…
 古い人です@ Re:ペーパーフィルターの湯通し(05/11) 50年前ネルドリップからのコーヒー入れ趣…
 robustFilter@ Re:バッハ(東京・日本堤)(01/04) はじめまして。コメントありがとうござい…
 kei@ Re:バッハ(東京・日本堤)(01/04) はじめまして。 時々お邪魔している者です…

バックナンバー

Sep , 2017
Aug , 2017
Jul , 2017
Jun , 2017
May , 2017
Apr , 2017
Mar , 2017
Feb , 2017
Jan , 2017
Dec , 2016

キーワードサーチ

▼キーワード検索

Mar 29, 2005
XML
カテゴリ:コーヒーの思い出
昔、2台目ぐらいに買った手挽きミルもちょっと変わっていました。
回転軸を固定するナットが曲がって取り付けられていたのです。
しかも、そのナットが接触している台座の部分に微妙な凹凸がありました。
このため、ミルのハンドルを水平に回転させると、1回転するうちに
回転軸の部分が微妙に上下運動をするのです。

回転軸には、ミルの歯が取り付けられていますので、当然、
歯の部分も上下運動します。

歯が上下運動するということは、歯と歯の隙間が広くなったり
狭くなったりすると言うことです。

すなわち、このミルは、挽き方をどのように調整しても、
細挽きから荒挽きまで、いろいろな大きさの珈琲の粉
が出てくるようになっていました。

何日かは、そういう風に設計されているものと思って使っていました。
しかし、曲がって取り付けれているナットがだんだん気になり始めて
まっすぐに直したくなってきました。

始めは、ナットをはずして付け直すぐらいなら自分でもできると思って
気楽に考えて修理を試みたのですが、
ナットは、曲がったまま無理やりねじ込まれていたため、
かなり強力に食い込んでいました。
いろいろな工具を使ってナットをはずそうとしたのですが、
結局、はずせませんでした。

そうこうしているうちに、ミルはだんだん傷だらけになっていったのでした。

そして購入してから1週間後ぐらいに、自分で直すことをあきらめて
ミルを買ったお店に持って行きました。

かなり傷つけてしまった後だったので、ちょっと後ろめたかったのですが
お店のご主人に事情を話すと、ご主人は、はじめから欠陥品だったということを
認めてくれて、気持ちよく新品のミルと交換してくれたのでした。






最終更新日  Mar 29, 2005 07:08:56 PM
コメント(4) | コメントを書く
[コーヒーの思い出] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.