440624 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

美味しい珈琲が飲みたい

PR

カレンダー

お気に入りブログ

ベビーフェイス プラ… モカ二等航海士さん

バサラ・アルファの… バサラ・アルファさん

コメント新着

 た(^o^)@ Re:台形ペーパーを円錐ドリッパーで使ったら(07/23) この方法良いですね。 今日、会社で円錐の…
 古い人です@ Re:ペーパーフィルターの湯通し(05/11) 50年前ネルドリップからのコーヒー入れ趣…
 robustFilter@ Re:バッハ(東京・日本堤)(01/04) はじめまして。コメントありがとうござい…
 kei@ Re:バッハ(東京・日本堤)(01/04) はじめまして。 時々お邪魔している者です…

バックナンバー

Sep , 2017
Aug , 2017
Jul , 2017
Jun , 2017
May , 2017
Apr , 2017
Mar , 2017
Feb , 2017
Jan , 2017
Dec , 2016

キーワードサーチ

▼キーワード検索

Jul 31, 2005
XML
カテゴリ:コーヒーの思い出
ネットでみると珈琲の焙煎を趣味にしている人が多いので驚いています。
ぼくの場合は、焙煎は15年ぐらいまえに焙煎網を購入して、試みたことはあります。

そのころは、東京に住んでいて、新鮮な珈琲豆を求めて珈琲ショップを探索していました。
当時は、まだインターネットもなかったため、情報源といえば珈琲関連の雑誌ぐらいでした。
珈琲の焙煎にも興味を持ち始めて調べてみると、東京では珈琲器具の専門店としては合羽橋のユニオンか、新宿のヤマモトコーヒーが品揃えが豊富であるということがわかりました。ユニオン、ヤマモトコーヒーの順番でお店に行ってみて、ヤマモトコーヒーで焙煎網を購入しました。

そのとき一緒に行った友人は、なぜか水出し珈琲セット(2万円)を衝動買いしていました。
(使いこなせずに半年後に手放したらしい)

生豆は、焙煎網といっしょにコロンビアと、あともう一種類ぐらい購入した記憶がかすかにあります。
5~6回ぐらい焙煎してみましたが、すべて惨敗で珈琲の味になりませんでした。
画像は、昔購入して今でも持っている焙煎網です。あまり使っていないので15年前のものとは思えないほどきれいです。
焙煎網全体 焙煎網
このとき以来、焙煎はプロにまかせて、ぼくは飲む方に専念しています。

手作り系の趣味としては、5年ぐらい前から石けんを作っています。
きっかけは、30代後半頃から髪の毛が薄くなりつつあるのが気になったことです。
ネットで調べてみると、合成洗剤のシャンプーが頭皮に残るのが良くないらしいとわかり、石けんに興味を持ちました。

合成洗剤のシャンプーでも、良くすすげば、そんなに問題はありませんし、
石けんシャンプーでも、体質や髪質によっては合わないこともあるようですので、
最後は自己責任で判断して下さい。

ちょうどそのころタイミング良く前田京子さんの「お風呂の愉しみ」が出版されました。
この本から日本に手作り石けんのブームが起こり、オリーブオイルはともかくも、日本各地で石けん材料のパームオイルやココナッツオイルを求めてさまよう人たちが出現するという社会現象が見られるようになりました。ぼくも、さっそく本を入手して、ネットで材料を集めて石けんを作り始めました。

お風呂の愉しみ オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る

手作り石けんは化学反応の世界そのもので、油と苛性ソーダの水溶液を反応させて作ります。
何種類かの油をブレンドする割合で、できる石けんの性質が微妙に変わります。
手作り石けんの主流になっているコールドプロセスという作り方では、油に苛性ソーダを加えてから、最初の20分ぐらいは、ひたすらかき混ぜ続けるところが、珈琲豆の焙煎に似てなくもないと言えるでしょうか。

苛性ソーダは強アルカリの劇薬なので、目にはいると失明する危険がありますし
皮膚につくと化学やけどを起こしますので、ゴーグルとゴム手袋は必需品です。
最初の敷居が高く、手軽に始めにくい趣味ではあります。
ゴーグル

ぼくが始めた頃は、手作り石けんの完成品を販売しているお店は非常に少なかったので、自分で作るしかなかったのですが、今では、お店も増えて自分で作らなくても手軽に買えるようになりました。
石けんの大手メーカーの太陽油脂からも、前田京子さんの本のレシピ通りに作った石けんが販売されています。
お風呂の愉しみ マルセイユ石鹸 (無香料) 無香料 お風呂の愉しみ マルセイユ石鹸 (ラベンダー&ローズマリー) ラベンダー&ローズマリー

お風呂の愉しみ 石けん(価格が安い順)

自分で石けんを作るのは、材料費だけで済みますのでコストが安くなるのと、
変わった油を試したり、いろいろなオプションを加えてアレンジしたりして
愉しめるためでしょうか。

3層石けん 黒蜜石けん
最近では、秋頃に1年分の石けんをまとめて作っています。
左側の画像は、去年作った3レイヤーの石けんです。
3層目(上)黄色がかっているのは、EXバージンオリーブオイルを使ったため。
2層目(中)茶色はシナモンパウダーを加えたため。
1層目(下)白はマカデミアナッツオイルを30%いれたため。

右側の画像は、黒髪に良いとされている黒蜜を加えて作った石けんです。
髪の毛には良いのですが、ハゲ防止に効くかどうかは不明です。
石けんは見た目が同じになってしまうので、識別用に文字を入れてみました。
いずれもマルセイユ石けんのレシピをベースにして、苛性ソーダの量はエクセルで正確に計算しています。

珈琲の出し殻を石けんに加えると、出し殻のスクラブ効果で、汚れが良く落ちて、洗い上がりがさっぱりした石けんができるようです。
ハゲ防止効果は期待できそうにないので、ぼくはまだ作ったことはありません。
手作り石けんによる石けんシャンプーと月の力(以前の日記参照)が、ぼくのハゲ対策の全貌です。
幸い、ここ5年ぐらいは現状を維持しています。
石けんシャンプーでもハゲるのなら、諦めるしかないと思っています。






最終更新日  Jul 31, 2005 06:16:14 PM
コメント(16) | コメントを書く
[コーヒーの思い出] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.