440285 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

美味しい珈琲が飲みたい

PR

カレンダー

お気に入りブログ

ベビーフェイス プラ… モカ二等航海士さん

バサラ・アルファの… バサラ・アルファさん

コメント新着

 た(^o^)@ Re:台形ペーパーを円錐ドリッパーで使ったら(07/23) この方法良いですね。 今日、会社で円錐の…
 古い人です@ Re:ペーパーフィルターの湯通し(05/11) 50年前ネルドリップからのコーヒー入れ趣…
 robustFilter@ Re:バッハ(東京・日本堤)(01/04) はじめまして。コメントありがとうござい…
 kei@ Re:バッハ(東京・日本堤)(01/04) はじめまして。 時々お邪魔している者です…

バックナンバー

Sep , 2017
Aug , 2017
Jul , 2017
Jun , 2017
May , 2017
Apr , 2017
Mar , 2017
Feb , 2017
Jan , 2017
Dec , 2016

キーワードサーチ

▼キーワード検索

Dec 23, 2007
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
もう半年以上前になりますが、ノンタンさんのブログ
時々金沢のTさんがコメントを書かれていました。
そのTさんのコメントで金沢には桂珈琲店という名店があることを知りました。

東京から金沢に移り住んですでに10年以上経ちましたが、
その間に兼六園は一度行っただけで、
桂珈琲店も全く知りませんでした。

インターネットであらかじめ下調べしてみると、
珈琲はブレンドだけでメニューがなく、
オーダーに応じてブレンドしてくれるようです。

仕事が休みだった平日に行ってみました。
お店は兼六園下の交差点に面したビルの2階にあって、
狭い階段を上って店内に入ると
平日の午後の中途半端な時間だったため、
お客さんは誰もいませんでした。

カウンター席に座ると、一呼吸置いてマスターに
 「マイルドな珈琲にしますか」
と聞かれました。少し考えていると、次に
 「どのような珈琲がお好みですか」
と聞かれました。

実は、個人的に飲みたいブレンド珈琲のイメージがあって、
あらかじめ考えておいたのですが、
このとき正確にはどのようにオーダーしたのか忘れてしまいました。
確か
 「酸味が強くなく、苦味が強くなく、中煎りぐらいの珈琲」
とオーダーしたように思います。
しかし、よくよく考えてみると、
これではマイルド珈琲と言っているのと同じことであり、
我ながらお粗末なオーダーの仕方でした。

ぼくの中途半端なオーダーでマスターがブレンドをつくってくれて
カウンター越しに珈琲が出されました。

その珈琲をブラックのまま一口飲むと …… 味が …… 無い。

苦みと酸味が無くオーダーが忠実に再現されていました。
それにしても、味そのものが無いというのは極端ではないのか、
などと考え、口の中の珈琲を飲み込むと、
舌の奥でまろやかなコクが感じられました。

もう一口、飲んでみると、やはり口に入れた直後は味が無く
飲み込むとコクがある。

不思議に思って、確認しながら繰り返し飲んでいると、
2~3分で飲み終わってしまいました。

すると、珈琲を飲み終わったころに、
ぼくの心を見透かしたかのように、マスターが
 「サービスするわけではないのだけれど……」
という独特の表現で、お代わりの珈琲をカップに注いでくれました。

ぼくのオーダーした珈琲を淹れるときに多めに抽出されていた
残りの分も頂いてしまいました。

2杯目を飲むと、今度は口に入れた瞬間から
まろやかなコクがありました。
珈琲は抽出されて液体になった後も、数分単位で味が変わることを
実感できました。

他にお客さんも居なかったためマスターの話を聞いていると
最近は頭でっかちが多いとしきりに言われていて、
それが、素人ながら珈琲に関連したブログなどを書いているぼくには
耳が痛い話でした。

帰り際に「いかがでしたか」とマスターに珈琲の感想を聞かれたときに
言葉に詰まって半笑いで「美味しかったです」としか言えなかったので
マスターが気を悪くされなかったか心配です。

2杯分の珈琲をいただいたのに、代金は1杯分だけ支払い
お店を後にしました。
「凄く濃厚な珈琲」とか、「酸味が強い珈琲」とオーダーすると
どんな珈琲が出てくるのか考えるだけでも怖ろしい。

その後も訪問してみましたが、兼六園という観光地の近くのためか
満席で入れなかったので
「もの凄く濃厚な珈琲」とオーダーすると
どんなことになるのか不明です。
ブログに書いてしまうとお店に行きにくくなるのが難点です。






最終更新日  Dec 23, 2007 03:08:28 PM
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.