000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

美味しい珈琲が飲みたい

PR

カレンダー

お気に入りブログ

ベビーフェイス プラ… モカ二等航海士さん

バサラ・アルファの… バサラ・アルファさん

コメント新着

 た(^o^)@ Re:台形ペーパーを円錐ドリッパーで使ったら(07/23) この方法良いですね。 今日、会社で円錐の…
 古い人です@ Re:ペーパーフィルターの湯通し(05/11) 50年前ネルドリップからのコーヒー入れ趣…
 robustFilter@ Re:バッハ(東京・日本堤)(01/04) はじめまして。コメントありがとうござい…
 kei@ Re:バッハ(東京・日本堤)(01/04) はじめまして。 時々お邪魔している者です…

バックナンバー

Sep , 2017
Aug , 2017
Jul , 2017
Jun , 2017
May , 2017
Apr , 2017
Mar , 2017
Feb , 2017
Jan , 2017
Dec , 2016

キーワードサーチ

▼キーワード検索

Jan 30, 2010
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
正月休み明けに、香港のお土産のコーヒーをいただきました。

前回、コーヒーをもらったとき(『古くなったコーヒーで起きた悲劇』参照)から
既に5年が経過しましたが、コーヒーに興味が無い人にとっては、
依然としてコーヒーの賞味期限は1~2年のようです。


今回いただいたコーヒーは、密封容器としても使える缶の中に、
袋詰めの状態で入っていました。

保存容器

コーヒーは挽いてあり、袋にはガス抜きのバルブがついていました。

缶の底を見ると、賞味期限は2011年4月30日になっていました。

賞味期限

いつもなら賞味期限を1年として製造日を逆算するところですが、
現時点で、1年以上の期限設定。

香港でもコーヒーの賞味期限は1~2年なのでしょうか。

賞味期限が2年の設定だとすると、9ヶ月前の焙煎。おそらくこの可能性が一番高いでしょう。
賞味期限が1年半の設定なら、約3ヶ月前の焙煎。
賞味期限が1年4ヶ月の設定なら、約1ヶ月前の焙煎。

ものは試しに飲んでみることにしました。

袋を開封してみると、粉が細かく、エスプレッソ用に挽いてあるようでした。

エスプレッソマシンは持っていないため、
いつものペーパードリップで抽出しました。

おっかなびっくり、一口、口に含むと
意外にも酸化したコーヒーに特有の舌を捻じ曲げるような酸味は、ありませんでした。
苦味が口の中に広がるものの、それほどきつい苦味ではない。

これは飲めるかも。

とりあえず、抽出した一杯分は飲んでみました。

余韻に、かすかながらハワイコナ特有の南国を思わせるコクの名残が
感じられました。

飲む前に原産国:コロンビア、コスタリカ、ハワイ、メキシコの表記を読んでいたため、
10年以上前に飲んだハワイコナの記憶が舌に影響したのかもしれません。

飲み終わった後で、なんとなく胃が重くなり気分が落ち込みました。
ぼくの場合は、お土産のコーヒーは酸化していて危険であるという思い込みが強いので、
ノーシーボ効果(マイナスのプラシーボ効果)が起きたようです。

それでも、この味であれば、インスタントコーヒーが好きな人には
喜ばれるのではないかと思いました。

今回は、コーヒーの粉が袋詰めの状態で、さらに、しっかりした密封容器に入っていたため、
それほど酸化が進まず、かろうじて飲用に耐える品質を保持していたようです。
結局、コーヒーの焙煎日はよくわかりませんでした。


挽いて粉にしたコーヒーは、開封して空気に触れた状態では
急激に酸化が進んで味が劣化してしまいます。

残ったコーヒーは、飲まずに無駄にするのももったいなかったので
大型のコーヒーメーカーで抽出してすみやかに消費しました。

その際、粉の挽き方が細かいためなのか、コーヒーメーカーの抽出温度が高すぎたためなのか
かなり濃い味になってしまい、飲んだ人には不評でした。

この珈琲を飲んだ人の間では
ぼくが淹れるコーヒーは濃すぎて飲めないという評価が定着したようです。


今後、もしも珈琲をもらえるものなら、
焙煎技術が確かで、信頼できる自家焙煎店で購入した珈琲を
焙煎してから1週間以内の鮮度が良い状態で、挽かずに豆のままで
いただきたいものです。






最終更新日  Feb 21, 2010 07:42:00 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.