106332 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

Haskellな日々

July 14, 2007
XML
カテゴリ:今日のバレエ
締切間際の雑誌の原稿を2本書き上げ、
開放感に満ち満ちた連休を過ごしております。
それなのに、台風のため生憎の天候で残念ですしょんぼり

今日の白鳥の湖@オーストリアバレエを皮切りに
約1ヶ月間、夏のバレエ三昧の日々が始まります。

さて、感想ですが・・・
現代版「白鳥の湖」で通常のクラッシックの公演とは
全く異なるものでした。
AMPの白鳥ほど新進気鋭さは感じられませんでしたが
通常のロットバルトをロットバルト男爵夫人に置き換え
オデットと王子、男爵夫人の三角関係が描かれると言う
週刊誌の三面記事のような内容です。
なるほど、英国王室の故ダイアナ元妃とオデットを重ね合わせた作品
というから納得いたしました。

招聘元のNBSのHP
次のように書かれております。

 美しい湖を臨む王国の結婚披露宴。
セレブリティたちに祝福される、ジークフリート王子と新婦オデットのロイヤル・キス。
それは一点の曇りもない晴れやかな光景のはずだった、
黒衣の男爵夫人の存在がしだいに増していくまでは。
 彼女は、結婚前夜まで王子と逢瀬を楽しんでいた王子の愛人!
その事実に気づき錯乱したプリンセスが、幻影の白鳥の湖に見たものは・・・!?

ストーリーも斬新ですが、
私はアクロバティックな振付に
大変興味をそそられました。

月曜日には娘と一緒に同じオーストラリアバレエ団による
「眠りの森の美女」に行ってまいります。
こちらも今までの概念を覆す「眠りの森の美女」なのかしらん。






Last updated  July 15, 2007 12:31:06 PM
コメント(4) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


Fujikomaru

Favorite Blog

祇園祭2018 前祭 まっちんNO1さん

DOLLな世界 bebe紫音さん
私らしくナマステ ごるべらさん
葡萄園 11290715さん
いたずらルビーの思… tinkerrubyさん

Comments

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.