Alpha_prime

プロフィール


jupitte

ほしいものリスト

ランキング市場

2013年09月22日
XML
カテゴリ:心に響く映画たち
  随分と前に録画し、残しておいたビデオ
『 四季・奈津子 』を数十年振りに再度観てみました。
今から33年前の1980年に製作された映画です。

 単調で薄暗い空気の流れるこの作品を観続けていて
何度も停止ボタンを押そうと迷ったのですが、

ラストシーンで見せた奈津子の笑顔で
我慢して最後まで観続けた私の努力が
やっと救われた気がしました。(苦笑)

物語の終盤で、女優という仕事に就いた奈津子。
撮影シーンでの「はい、カット」という声を聞いた時の
奈津子が見せた『笑顔』が輝いていました。

「ねえ、魂って何処にあるのかしら」
「今の私には、魂って肉体のことだわ」
という台詞が印象的でした。

烏丸せつこさんのファンの一人としては
何ともいえず、チョッと残念な作品でしたが、

ラストシーンでの烏丸せつこさんの笑顔が
とても素晴らしかったです。

監督: 東陽一
出演: 烏丸せつこ、佳那晃子 他
製作年度: 1980年
上映時間: 120分






最終更新日  2013年09月23日 18時11分41秒
コメント(0) | コメントを書く
[心に響く映画たち] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カテゴリ

フリーページ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.