258827 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

SUNROOM

PR

Rakuten Profile


SunChild0306さん

太陽のようにあたたかく明るく♪

フォローする

Recent Posts

Favorite Blog

最期まで諦めない … 優奈のママさん
マザーグースの部屋 マザーグース2002さん
すまいる スマイル … ☆うみ★さん
いまじぶんにできる… seimama5682さん
みけねこまにあ みけねこまにあさん
がんと戦うために… (・~・)tomさん
Life is Unpredictab… shima0915さん
なんくるないさぁ~! たかまん1103さん

Comments

 SunChild0306@ いつぞやの運転手さま 書き込みありがとうございます。 日本…
 いつぞやの運転手@ 同感します。 医師会>医療法人 医師会=医師の集まり …
 SunChild0306@ マイツールさま 書き込みありがとうございます。m(__…
 マイツール@ Re:「朽ちていった命-被曝治療83日間の記録- NHK「東海村臨界事故」取材班」(08/06) 私も最近本屋さんで発見して、「朽ちてい…
 SunChild0306@ マイツールさま(その2) (その1からのつづき) 財源の問題も先送…

Category

Archives

2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月

Freepage List

Headline News

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。
2006年03月19日
XML
カテゴリ:がん活動
 みなさま、ご無沙汰しています。

 今日はもう21日ですが、19日の日記をアップしています。

 ぼちぼちと、あいだの抜けた部分の日記もアップしようかな、と思っています。

 終わった・・・
 つ、疲れた・・・・_| ̄|○

 やっと終わった~~~\(^o^)/


 本当に、疲れました・・・。

 スタッフの中に
『やってよかった・・・とは思っていないけれど、終わってよかった』
と、おっしゃっていた方があったのですが、まさに、私も同じ気持ちでした。

 やってよかった・・・というには、あまりにも、私のやりたかったような大集会とは違うので、やってよかったとは思っていないと言うのが、正直な気持ちです。

 私は、関わりながらも、常に自分の気持ちとの葛藤でしたから、大集会の中身も、殆ど見ませんでした。
 自分でも納得のいく内容であったら、どんなに忙しくても、徹夜でも、モニターにかじりついて、その内容を、時間の許す範囲内で、注視したことでしょう。
 でも、どうしても気持ちの整理が出来なかったので、Tシャツ売り場と、スタッフの控え室を行ったり来たり(それなりに仕事はあったので)して、テレビモニターのある場所には近寄りませんでした。

 唯一、なんとしても見たかったコーナーを除いては・・・。

 それは、第1回大会の、短いVTRコーナーでした。

 私は、第1回大会を、会場の客席で見ていました。

 私の気持ちの中では、あれが120点でした。

 だから、本当は、あれに負けないぐらいよいものにして、第2回を行いたいと思っていました。
 第1回の大集会は、人に見せるパフォーマンスとしてではなく、何とか人に訴えたいという情熱が、まわりの人を動かしたと思っていますが、今回の大集会は、初めに器があって、何を詰め込もうか、という時点で、関わるものたちは、心して取り組まなければならなかっただろうと思います。
 でも、そういう意識で関わっていた人が、何人いたでしょうか・・・。

 そういう意識よりも、ただのパフォーマンスとか、自分の思いをごり押しして牛耳ろうとか、みんなの思いを無視する動きに、のっとられてしまいました。

 のっとられたものは、何とか取り返しましたが、修正はかないませんでした。

 私は、そもそもが、がん患者大集会は学園祭ではないのだから、内輪の人間の自己満足などであってはならないと思っています。
 ああ終わってよかった、楽しかった・・・というものではなかったはずです。

 来た人が、
 『来て良かった』
 『この次の大集会も、参加できるように、治療を頑張ろう』
 『自分にも、何かできることがあるのではないか』
 『何が問題か』
と、思うような大集会であるべきだと思っています。


 だから、『やってよかったとは思っていないけれど、終わってよかった』というのは、まさに、私も思うことでした。

 私は、いつか、第1回大会のような、思いの詰まったものを開催するときに、責任を持ってかかわりたいと思います。

 それはもはや、がん患者大集会ではなくがん患者小集会かもしれませんが・・・・。


 がん患者大集会のもうひとつの意義としては、全国各地のがん患者会が、横に連携するきっかけ・・・ということだと思っています。

 そこの部分では、前回より進歩があったのかもしれません。

 実際、私は、この大集会に関わったおかげで、多くのことを学びました。

 尊敬できる方々にも、たくさん出会いました。

 この大集会があったからこそ、こういう出会いもあったと思って、その部分では、大集会に大変感謝しているし、関わってよかったと思います。

 とても会いたかった人にも会えました。

 殆どお話は出来なかったけど、その人が、元気に、そこに立っていてくれることが、涙が出るほどうれしかったです。
 思わず、公衆の面前で、抱きついてしまいました!(←女性ですよ!)


 最後の2週間足らずで、急遽、共催団体・後援団体・協賛企業・マスコミ・出演者・・・が顔をあわせることの出来る懇親会をやろうと言うことになり、私はそれだけは責任を持ってやりました・・・。

 はじめから100点は無理だと思っていましたが、80点には収めたいと思っていましたが・・・・結果は・・・50点にもいっていないかも・・・。

 参加なさった方には、不手際の数々・・・この場を借りて、お詫びいたします。m(__)m


 まあ、やらないよりはましだったと、自分を慰めていますが・・・。


 時間もない、お金もない、人もいない・・・場所もない・・・。
 言い訳してしまえば、理由はいくらでもつけられますが・・・・。
 それは言い訳に過ぎません。
 結果は結果です。


 終わってよかった・・・・。


 心身ともに、疲れました・・・。

 でも、あともう一日頑張らないと・・・。

 長女の卒業式だから・・・・。






Last updated  2006年03月21日 13時21分28秒
コメント(10) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.