333850 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

(旧)信州伊那谷~笑顔あふれる家づくり

2008.04.29
XML
カテゴリ:木のお話

最近My箸って言う言葉を耳にします

私が知っている限りでも
こんな人や、こんな人も、そしてこんな方?お店まで・・・

地球温暖化や、ゴミの減量化を考えて行動を起こされています
素晴らしい取り組みですよね・・・

でも私にとってはちょっと違う・・・
何が違うって、皆さんの起こされた行動は素晴らしく、何も否定する事はないんですよ・・・
でも、私にとっては何かが???

そんな中、私が『おぉ~~これだ~~!』って思ったのは、この人の記事・・・

そうじゃん!我が家にはこれがある!!
itii.jpg
使いまわしの写真でスミマセン・・・
以前、Ki邸の耐震補強工事をさせていただいた際の記事にアップした写真ですが、しゃけさんがお店で買ってきたような樹がたくさんあるんですよね(笑)

そんな訳で、私も箸を作ってみたくなっちゃいました・・・
ってもちろん1本●●万円なんていう床柱で箸を作っちゃうなんて事は出来るはずもなく、使う材料は、製材した時に出る端材の部分・・・(笑)

端材とは言え
何年もかけて天然乾燥されたイチイの板です

赤身の部分を厳選して

大まかに『木取り』をします
節や芯の部分を除くと使える部分はほんの少しなんですよね・・・

後は持ちやすい太さ・長さに鉋で削っていくんですが、ここで問題発生びっくり
私の腕ぢゃ上手く鉋が乗ってきません・・・
削ってみるものの、逆目が起こったりして『ささらほうさら・・・』号泣
kannnagake2.jpg
そこで頼もしい棟梁登場!!
結局粗取だけ私が行い、仕上げは棟梁にお願いしちゃいましたぽっ
さすが棟梁、しっかりと箸に仕上げてくれましたウィンク
◆結局作ったのは棟梁って事?・・・(汗)
人気ブログランキングへ
参加しています
笑顔あふれる家づくりのために応援よろしくお願いします
banner2[1].gif にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ 長野県ウェブランキング.gif
美しい信州の情報はこちらから
非公開のご意見・ご質問のある方は右矢印こちらから左矢印どうぞ

割り箸について様々な解釈がありますよね
でも私が簡単に調べた中では
大量に消費される事を前提としているとにかく安い割り箸と
少量ながら大切な場所?で使われるそこそこ値段のする割り箸があるようです

前者は
中国で加工されたものを輸入しているようですが、この場合木材資源の有効活用なんて事は考えられていないようです・・・
すでに中国国内では原木が調達できず、ロシアなどから原木を輸入しているようなんです・・・

それに対して後者は
国内の割り箸メーカーによって、端材を有効活用されて作られているものもあるんです、コストを考えると、割高になっちゃうのかも知れませんが、こうした割り箸は日本の山林を守る事につながるように思います。

多分私が気軽に行けるようなお店では使われていないでしょうが、もしもそんなお店に行く事があったら、割り箸を使うことも環境保護につながっているって思って使ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

次回に続きます・・・(汗)
◆キリ番プレゼントのネタバラシになってない・・・?(汗)


余談ですが、割り箸からメンマが作れちゃうって知っていましたか?
こんなサイトを発見しちゃいました・・・驚きですびっくり







Last updated  2008.04.29 19:28:48

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.