071976 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

富山トロンボーンファミリーとtrombone154の練習日記

PR

Calendar

Rakuten Profile

設定されていません

Archives

2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12

Favorite Blog

彼岸花の咲くころ さとヌーさん

神戸芸術センター♬ 47弦の詩人さん

トロンボーン吹きて… totoro3926さん
みっちょのみちくさ。 Happychildさん
MaestroHoundのポデ… MaestroHoundさん
ぼすてぃー亭 ぼすおさん
blog HidekiNさん
らくがき 要チェケ… ちぇけらっ超さん
2007.12.02
XML
カテゴリ:TTF本番
いよいよ演奏会。
たくさんのお客様にご来場いただきました。

全体の出来としては、当初の目標であった「完成度の高さ」をクリアできたんじゃないかな(個人的な反省は別便で)。

1部のリバイバル曲は、それぞれに成長できたところがあったし、新曲もよく成し遂げた、って感じ。2部のペダーソン世界一周は、直前になって急に仕上がった曲もあり、全体として十分楽しんでもらえるレベルになった。と思う。

あと、2部について言えば、瓢箪から駒、じゃないけど、世界一周のコンセプトがよいふうに働いたように思われる。

これまでのMCは曲の生い立ちや作曲者の事情を中心に話していたけれど、今回は、曲ごとに思い浮かべてもらう情景を、僭越ながら、MCの方で準備させてもらい、そのイメージに向けてお客さんと一緒に旅をする、というふうに原稿を作成。その結果、曲の題名、メロディーの意味合い、といった解説が中心となり、曲に対して関心を持ってもらいやすかったと思う。
クルーズの気分を味わってもらえたかどうかは別にして(多分No(笑))、曲に入っていってもらうための補助情報としてはなかなか名案だったと、あとから思う。

当初動物園シリーズにしようと思っていたけど、動物が足りず(特にアップテンポの曲がない)、中南米への旅もそれだけではその3(または4)曲だけでは聞かせどころを作りにくい、という事情から、2つの企画(動物と旅)を合体させて「旅先で出会う動物など」という企画に落ち着いた。アップテンポを求めて追加したトロージャンは読みどおり、アンケートでもトップクラスの評判だったし、うん、今回は、West Side Story(第4回)以来の成功企画と言えるんじゃないかな(自画自賛(笑))。

企画ものの成否の鍵は、曲の出来不出来のばらつきを極力抑えることだと思うけど、今回は、それがうまくいった(合宿から1か月でよくみんなここまで持ってきたと思う)。そのおかげで、お客さんは、不出来な曲に心を傷めたり奪われたりすることなく、ある程度安心して聞け、企画に気持ちを持っていってもらえたんじゃないか、ということ。

では、自分の乗り曲を個別に少し。
パッサカリア。
かなりうまくいった。と思った。前回の「テヌートできっちり吹く」という演奏から、「各バリエーションに色を着ける」という表現力を伴った演奏への変容(脱皮)を目指したが、ある程度達成できたのでは?まあ、表現しようとするあまりテンポ・リズムが乱れたり、バランスを少し悪くしたり、というところはあったけど、全体としては合格ということで。

ドンディーヌ。
2楽章まではかなりよいでき。1楽章は、細かい音符を比較的はっきり出してつなぐことができたし、2楽章のテンポの揺らしも、予定どおりうまくいった。
3楽章は、3rdのメロディーまではよかったが、1stに移ってからやや動きがごつごつしてしまったのと、コーダでもたついたのが悔やまれる。4楽章は合格。
5楽章はかなりやばかったな。ステリハの日記にも書いたけど、メロディーで信じられないくらい外しまくってしまった。さらに、心理的にそれに影響されたのか、間奏部分も走ってしまい、一瞬音楽の流れが見失われそうになったところも。うーん、まだまだ精進が足らないな。この辺も別便で再度。

バーバー。
よかった。と思う。何よりffの昂りを、ある程度抑制して表現することができたのが全体の印象に残っている。音程とリズムは、直前レッスンの指摘が直りきらなかったけど、次回の課題、ということかな。

パスポート。
小気味よく仕上がった。最後のハイFのずり落ちがなければ、もっとよかったね>私。

熊。
これも、細かな事故はともかく、全体として仕上がりはよかったと思う。

ホンジュラスとパナマ
この2曲が、結構聞かせるのが難しかった。曲調も似ていて、メンバーも4重奏のまま(1名入れ替え)、国もごく近い、具体的な描写がない、ということから、まあ結果的には、どちらか1曲を削ってもよかったのかもしれない。でも、アンケートによれば、それぞれを気に入ってくれたお客さんもおられたようで、ちょっとほっとします。曲の出来としては、まあ、悪くはなかったということかな。

七十六本
半音階も、まあ、それなりにうまくいって、全体的にうまくまとまったのでは?テンポは、結局少し遅いままだったけど。あと、音量バランスが、やや悪いところもあったが、それは、目をつぶれる範囲、ということで。

野ばら、ローレライ
当日午後選曲した割には、まあうまくいった。これは、来年度以降、本割りに入れてもいいかもなあ。評判もいいみたいだし。知っている曲1曲と、知らない曲1曲、という感じかな?

ボスコロスコ、鐘
定番のTTFサウンドを鳴らすことが出来た。と思う。

(個人的な反省に続く)






Last updated  2007.12.03 15:23:42
コメント(2) | コメントを書く
[TTF本番] カテゴリの最新記事

Recent Posts

Category

Freepage List

Comments

trombone154@ Re[1]:富山シティFM生出演(12/01) 録音を家族に聞いてもらったところ、合格…
akiottf27@ Re:富山シティFM生出演(12/01) お役目ご苦労様でした。 おそらく上出来…
trombone154@ Re:マウスピース(12/01) なるほど。それはいいですね。 I先生に相…
Fumiaki Sato@ マウスピース 私は、ヴァイテIIのレッチェに細管用?YI1…
trombone154@ Re:参考になれば。(11/25) akiottf27さん なるほど、確かにそうです…

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.