2479558 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

shimanuki@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) 初めてご連絡させて頂きました。 私、株式…
srpfly@ Re:ショウジョウバエの1種(07/28) I suggest Acletoxenus sp (Drosophilidae…
特命処理班@ Re:ギンメッキゴミグモ(銀メッキ塵蜘蛛)(11/04) うちの外灯の所に3匹居ますよ ギンメッキ…
三宅修次@ Re:アッツザクラ(05/17) 2017,9,17日 朝日新聞朝刊14版30面に戦…
kisaji@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) この1枚目の画像が、今まで沢山みてきた…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) snowrun29さん >語呂が良いなって思いま…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) ukon6624さん >ベッコウガガンボはまだお…
2007.06.22
XML
カテゴリ:植物(果樹)


 少し時期遅れになってしまったが、今日はユスラウメの実を紹介しよう。

 これも例によって「果実のなる木」にしか興味を示さない兄が買ってきたものである。しかし、買ってくるだけで殆ど世話をしないので、これも例によって枯れかけていた。私が親の家を引き継いでから、それを何とか育て、疑似盆栽風?に仕立てた。


ユスラウメの実1
沢山なったユスラウメの実.未熟果はずっと小さいので

2重S字曲線型の生長をすることが分かる(2007/05/31)



 今年は殊に沢山実が着いた。しかし、春になるまで兄夫婦はユスラウメが枯れたのではないかと心配の様であった。

 と言うのは、ユスラウメの冬芽はおよそ芽らしくない芽で、芽鱗?は生気のない枯れたような色合いをしているからである。枯れていないことは枝の弾力を見れば分かるので、大丈夫だと言っておいたのだが、それでもまだ不安気にしていた。別に今年だけの現象ではないのだが・・・


 花は3月20日頃、丁度私が南方から帰ってきた時に満開になっていた。桜の花をもっと繊細にしたような、一寸線の細い花である。その時は大いに疲れており、撮影をサボったので写真は無い。

ユスラウメの実3
紅玉の様なユスラウメの実(2007/05/31)



 ユスラウメの成熟期には、グミもまた成熟する。どちらも子供の頃、彼方此方の御宅の庭からはみ出しているのをよく食べたものである。グミの実は酸っぱくて渋いが、ユスラウメは少し早めの、まだ実の弾力が強い頃に食べると、サクランボの様な味と食感で中々美味しい。真っ赤に熟してしまうと、かえって味がぼやける。今年は久しぶりに沢山食べてしまった。

 種子はそのまま庭に棄てた。はたして、種子から芽が生えて来るだろうか?








最終更新日  2007.06.22 10:39:56
コメント(2) | コメントを書く
[植物(果樹)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.