1900836 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

特命処理班@ Re:ギンメッキゴミグモ(銀メッキ塵蜘蛛)(11/04) うちの外灯の所に3匹居ますよ ギンメッキ…
三宅修次@ Re:アッツザクラ(05/17) 2017,9,17日 朝日新聞朝刊14版30面に戦…
kisaji@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) この1枚目の画像が、今まで沢山みてきた…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) snowrun29さん >語呂が良いなって思いま…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) ukon6624さん >ベッコウガガンボはまだお…
snowrun29@ Re:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) 語呂が良いなって思いましたが 唱歌・広瀬…
ukon6624@ Re:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) ベッコウガガンボはまだお目にかかったこ…
2007.08.14
XML
カテゴリ:昆虫(その他)


 少し前にヤマトシジミの雌を紹介したが、その時、そのヤマトシジミが産卵していたカタバミが余り健康な状態でないのが一寸気になっていた。

 今年は、植木鉢に寄寓しているカタバミに白い点々が発生し、やがて枯れてしまうことが多い。始めは、グンバイムシかと思ったがグンバイムシは見つからない。よく調べてみると、葉裏にコナジラミが沢山付いているのが見つかった。


カタバミコナジラミ?
粉にまみれたコナジラミ.成虫と幼虫、脱皮殻(2007/07/30)



 このコナジラミ、以前紹介したクチナシに付くコナジラミよりももっと小さく、頭から翼端まで1.1~1.3mm、クチナシのコナジラミはよく飛ぶのに対し、このコナジラミは殆ど飛ばない。

 Internetで調べてみると、カタバミに付くカタバミコナジラミと言うのが居るそうである。この種の吸汁昆虫は昆虫と植物の関係がかなり固定的なことが多いので、確証は無いが、そのカタバミコナジラミとしておく。

カタバミコナジラミ?
コナジラミ成虫の等倍接写.楕円形の玉はコナジラミの卵であろう.

全長約1.1mm、ピクセル等倍(2007/07/30)



 1.1~1.3mmと言うのは、等倍マクロでは一寸難しい「小ささ」である。実際に撮ってみると、これまで使っていた機材では、鮮明度がかなり落ちる。

 何とかならないかと考えている内に、今の機材とは別に「一眼レフ+100mmマクロ」がもう1セットあるのを思い出した。実は、このセットには「致命的な欠陥」が2~3あるので、お蔵にしていたのである。しかし、こちらの方がCCD自体の解像力は高そうなので、これをれを使えば多少は鮮鋭度が上がるのではないか・・・。


カタバミコナジラミ?
コナジラミの等倍接写.ピクセル等倍(2007/07/30)



 問題はその「致命的欠陥」である。しかし、世の中、その気になって真剣に考えると結構問題は解決するもので、「致命的欠陥」は若干の出費で簡単に解決してしまった。


カタバミコナジラミ?
粉の付いていないコナジラミ.羽が透けて美しい.全長約1.3mm、

ピクセル等倍(2007/07/30)



 早速そのセットで等倍接写をしてみると・・・、結構イケル。これまで、何処のメーカーでも大した差はないだろうと思っていたのだが、こう言う極限状態ではやはり差があった。

 今回の等倍接写は、ISO100、絞りF8~11で撮影している。F8で等倍接写をすると、被写界深度はコナジラミの厚さよりも浅い。多分0.2~0.3mm位であろう。

 ここに示した写真は総て手持ち撮影である。テーブルに被写体を置き、頬杖をついて撮っているので何とかなっているが、フィールドでは一寸無理と思われる。

カタバミコナジラミ?の幼虫
コナジラミの幼虫と蛹.白いのは羽化直前(2007/07/30)



 不思議なことに、これまで使っていたレンズでは、F22に絞ると画質が低下して使い物にならないのに対し、この玉はF27でも結構使える。

 しかし、これが普通であろう。大体100mmレンズでF16を超えて絞ると画質が急激に低下する、と言うのが一寸不可解であった。100/16=6.25mmを超えると回折の影響が大きくなるのなら、18mmではF4で画質が劣化しなければならない。レンズ自体に何らかの欠陥があるのかも知れない。

カタバミコナジラミ?の幼虫
コナジラミ幼虫、蛹の等倍接写.体長1.0~1.1mm、

ピクセル等倍(2007/07/30)



 この機材を使うと、カタバミの葉裏にコナジラミと一緒に居たハダニも何とか撮れる。これからは、この機材を使って接写をすることにした。








最終更新日  2007.08.14 10:49:45
コメント(3) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.