1655200 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10
2016.09
2016.08

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) snowrun29さん >語呂が良いなって思いま…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) ukon6624さん >ベッコウガガンボはまだお…
snowrun29@ Re:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) 語呂が良いなって思いましたが 唱歌・広瀬…
ukon6624@ Re:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) ベッコウガガンボはまだお目にかかったこ…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) snowrun29さん >>呼べど答えず探せど見…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) Mitch29さん >旅順港外、広瀬中佐の心境…
snowrun29@ Re:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) >呼べど答えず探せど見えず こんな美し…
2007.08.31
XML
カテゴリ:植物(木本)


 今、デュランタ・タカラズカが満開である。花を掲載するのは7月3日以来、ほぼ2ヶ月ぶり。と言っても、デュランタの花と言うのは拡大しても面白味がないので、専らこの花にやって来る虫達を紹介することになる。何れも、嘗て紹介した虫なので些か気が引けるのだが・・・。


デュランタ・タカラズカ
満開のデュランタ・タカラズカ(2007/08/26)



 このデュランタ・タカラズカは、今から5年前に買ってきて、確か3株を大鉢に一緒に植えたものである。3年程で高さ2m位になり、毎年良く花が咲き、虫達も沢山やって来る。まァ、花としては大したものではないので、虫集めに植えている様なものである。

デュランタ・タカラズカ
花の写真をもう1枚(2007/08/30)



 まず最初はナミアゲハ。今年はアゲハ類が少ないので、滅多にやって来ない。昨年の紹介したナミアゲハの写真と構図もよく似ていているが、勿論最近撮ったものである。

デュランタ・タカラズカで吸蜜するナミアゲハ
ナミアゲハ(2007/08/22)



 スズメガ科のホウジャク類も良くやってくる。今年は、8月25日頃にホシホウジャクが始めて姿を現した。今日は、ホシヒメホウジャクと思われるのが現れたが、残念ながら、写真は取り損ねた。

デュランタ・タカラズカで吸蜜するホシホウジャク
ホシホウジャク(2007/08/27)



 近縁のオオスカシバも常連である。花にやって来るのは雄で、隣に植わっているクチナシにやってくるのは産卵目的の雌、オオスカシバは我が家の3大害虫に認定されており、駆除の対象である。

デュランタ・タカラズカで吸蜜するオオスカシバ
オオスカシバ(2007/08/30)



 アゲハの他にも色々な蝶がやって来る。今日、ルリシジミが来ていたが写真は撮っていない。ツマグロヒョウモンキチョウ、最近は滅多に来ないヒメアカタテハもデュランタが好きらしい。下の写真はヤマトシジミ

デュランタ・タカラズカで吸蜜するヤマトシジミ
ヤマトシジミ(雄)(2007/08/30)



 セセリチョウは、最近はイチモンジセセリばかりが幅を利かせているが、チャバネセセリも時折姿を見せる。チャバネセセリはまだ当Weblogでは紹介していないので、良い写真が撮れたら別に紹介する予定である。

デュランタ・タカラズカで吸蜜するイチモンジセセリ
イチモンジセセリ(2007/08/30)



 こんな具合に色々な虫が入れ替わり立ち替わり現れるので、デュランタ・タカラズカは、虫好きには、中々楽しめる花と言える。他にクロウリハムシクサギカメムシも居るが、今日は省略した。

 こういう花期の長い虫の良く来る花木には、普通、カマキリが知らない内にやって来て常駐する。今年はまだ現れていないが、その内やって来るだろうと楽しみにしている。








最終更新日  2010.01.11 21:27:48
コメント(8) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.